和歌山県立医科大学図書館三葛館の本棚

三葛館一般 369.31||JI

阪神・淡路大震災を経験した被災者の方々の意見をもとにつくられた、地震対策を考えるための本。地震がおきた直後から避難生活まで、現場の様子や体験が詳しく書かれていて、大変役立ちます。
地震大国ともいえる日本。地震が来たら運が悪かったと思って、何も準備しないという心構えではいけません。普段から地震に対して心の準備、物理的な準備、そして知識の準備をしておくことは大切です。

和医大OPAC → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=60567

三葛館一般 369.3||YA

「災害時の生死の境は運ではない」「防災心理を知っているか知らないか、その違いが生死を分ける」と断言する著者。地震が多発するため「地震慣れ」してしまうこと、“みんな逃げないから大丈夫だろう”という「多数派同調バイアス」、旅先などでの「楽観的無防備」、専門家の意見に依存しすぎてしまう「エキスパート・エラー」。さまざまな要因が、防災オンチを作り上げてしまいます。
2005年に出版された本書には、明治三陸沖地震の津波被害の話もたびたび書かれていて驚きます。もしもの時は、空気を読まず、自分の五感に従って逃げること。「まさか」ではなく「もしかして」。常に「念のため」を心がけておくことが必要です。

和医大OPAC → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=65603

三葛館一般 159.6||BR

どうやったら「危険な男」を見抜くことができるのでしょうか。
本書は「危険な男」をタイプ別に分け、その特徴や防衛戦略などを解説しています。自分が危険な男ばかり選んでしまうタイプかどうかを知るチェックリストも掲載されていますので、ぜひ試してみてください。
「健全な男性」を選ぶための役立つアドバイスがたくさん紹介されていますので、女性のみなさんは一読の価値ありです!

和医大OPAC → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=65774

三葛館一般 368.6||TA

迷惑メールや雑誌の広告などでよく目にする、あやしさ満点の商品や儲け話などを追いかけるとどうなるのかを体験した潜入ルポ。
こんな話に誰がひっかかるんだ?と思うことも多々ありますが、深刻な不況である現在、手口は巧妙化し、被害が減ることはないようです。
「おいしい話には裏がある!」と疑い、「あやしいものには手を出さない!」ということが大切です。
危険な誘惑から身を守るための知恵を本書から学びましょう。

和医大OPAC → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=65730

三葛館一般 789.9||TA

もしものときはもちろん、日常生活で気をつけるべき些細なことまで、イラストで詳しく説明してくれています。危険から身を守るためにはまずは予防第一!危ない犯罪ばかりでなく、強引な飲み会への誘いなどへの対処法も書かれています。これを読んで、危険を回避しましょう!

和医大OPAC → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=65601

三葛館新書 369.3||KA

東日本大震災で1000人を超える方が津波の犠牲となった岩手県釜石市。その中で小中学生の生存率はなんと99.8%でした。なぜ子どもたちは命を守ることができたのでしょうか。
それは、2004年から釜石市の危機管理アドバイザーを務めた著者と学校関係者の方々が取り組んできた、「防災教育」のおかげだといえるでしょう。
日本の防災の問題点、東日本大震災の被害からみる今後の課題など、災害が身近であり、いつ被害にあうかわからない私たち一人一人が、防災について改めて考えるきっかけとなるおススメの一冊。

和医大OPAC → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=65600

三葛館一般 369.3||KU

普段から備えておくこと、実際に災害にあった瞬間のこと、被災したあとのこと。色々な知識や知恵が、4コマにまとめられていて、読みやすく、分かりやすいです。
東日本大震災の10日後から著者の始めたブログ「ikinokoru.info」を書籍化したものです。

和医大OPAC → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=65661

三葛館新書 368.6||NI

これだけテレビ等で報道されて、注意が促されているにも関わらず、被害がなくならない振り込め詐欺や悪徳商法。今後も手口が巧妙化し、あの手この手でお金をだまし取ろうとしてくるでしょう。
自分はだまされないと思っていても、「不利な事情が重なれば、どんな人間もだまされる」ということを肝に銘じておかなければいけません。
本書はさまざまな手口を事例とともにわかりやすく解説しています。だましについての知識を深め、日頃からだましの攻撃に備え、対処法を身につけておくことが大切です。

和医大OPAC → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=65731

三葛館新書 368.6||KI

テレビ番組で、タレントの自宅に泥棒役の人間が入り、通帳を探すという企画がありました。本人は工夫して隠しているつもりでも、泥棒はいとも簡単に見つけてしまいます。
本書は実際の犯罪者が残した記録や、犯罪者から聴取した事実をもとに、犯罪者はどこを見ているか、から、ではどこに気をつけるかが書かれています。犯罪者の観察力、行動力には驚くばかりですが、被害に遭わないために注意すべき点がわかります。

和医大OPAC → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=64353

三葛館一般 369.31||TS

東日本大震災で実際に被災したママたち812人の「3.11その瞬間と直後」「避難生活」「親子防災」について、リアルな声が詰まっています。どんなに想像してみても、実際に被災した方の声には及びません。いつ起こってもおかしくない災害、本書を読んで、防災はもちろん、実際に被災した場合のことも知っておきましょう。

和医大OPAC → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=65602

三葛館一般 320.4||HI

自分は大丈夫と思っていても、いつ何時トラブルに巻き込まれるかわからない世の中です。交通事故の被害者が訴えられるという、うそのような話も実際にあるのです。
本書では「証拠調査士(エビデンサー)」である著者のもとに相談・依頼された数千件にものぼるトラブルの中から、選りすぐりの案件を紹介しています。
警察にも弁護士にも相手にされないトラブルに遭ってしまったとき、どのように対処すればいいのか。もしものときのために、読んでおいて損はないでしょう。

和医大OPAC → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=60896

三葛館一般 367.3||TA

肉体的暴力と違い、目で確認することが難しい精神的暴力であるモラルハラスメント。被害者側も最初のうちは暴力を受けていることに気付かないこともあるようです。しかし、日常生活の中で繰り返し行われているとその暴力から逃れられなくなり、人生が台無しになってしまうこともあります。
交際相手もしくは結婚相手がモラオ(モラハラ加害者男性の通称)だった場合、どう対処し、乗り越えていけばいいのか。
今は関係ないと思っていても、将来「モラオ」に出会わない保証はありません。今のうちに知識を身につけておきましょう。

和医大OPAC → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=64552

三葛館一般 371.45||JU||2

レイプとは、女性が被害者で、見知らぬ男性が加害者だと思っていませんか。実際は男性が被害者になることもあり得ます。また、見知らぬ男性ではなく、顔見知り・友人・あるいは恋人が加害者の方が被害が多いのです。本書には具体例が多く、自分が被害者にならないために気をつけるべき点がよくわかります。

和医大OPAC → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=43261

三葛館一般 368.6||BA

ストーカーやDVの相談件数は毎年増加傾向にあるそうです。一言でストーカーやDVと言っても、実際、法律上ではどのような場合に違法となるのか、法律にはどのような対抗手段・防衛手段が定められているかなどを、著者である弁護士が具体例を挙げて説明しています。複雑に見えることを図表化していたり、実際に被害を証明するために必要なものがまとめられていたりして、とてもわかりやすいです。

和医大OPAC → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=65766

三葛館医学 493.76||ST

25人に1人ということは、人生の中できっと何度か関わりを持つことがあるでしょう。「そういう人間がいる」ということを知っておくことで、実際出会ったとき、深入りすることなく、トラブルに巻き込まれるのを避けることができるはずです。
人生の貴重な時間をそういう人たちのために無駄にすることがないよう、本書を読んで対処方法を知っておきましょう。

和医大OPAC → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=46264

三葛館医学 498.7||KE||1

防犯編、インターネット編、携帯編にわけて、危険な例と対処法が書かれています。子ども向けですが、身近に潜む危険には変わりありません。毎日の生活で気をつけるポイントがたくさん出てきます。

和医大OPAC → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=45324

三葛館絵本 E||IN||6

「知らない人についていってはいけません。」小さい時に教えられる事です。本書は絵本ですが、具体的な誘い文句や対処法もかかれていて、子どもに危険なことを伝えるのに役に立ちそうです。内容は少し怖いくらいですが、より危機感を持てるのではないかと思います。

和医大OPAC → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=55684

三葛館一般509.8||TA

食品問題から、鉄道事故、震災による原発事故など、日本国の安全神話崩壊が叫ばれて久しい現在、われわれ日本人が安心して安全に暮らすためにはどうすればいいのか。「強固な良心」こそが、高品質・究極の安全へとつながると説き、国家、国民を政治や経済で正しくリードできる人材の育成が必要であるとする。副題「究極のリーダーシップ」とは、「正しいことを勇気を持って実践し組織を発展させることができる人格者」である。と著者は述べています。

和医大OPAC → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=63976

三葛館一般 547.48||YA

便利で気軽に利用できるソーシャルメディア。生活に欠かせなくなっている人も多いのではないでしょうか。しかし、さまざまな危険が伴うことも忘れないでください。
今後さらに拡大していくであろうソーシャルメディアの裏に潜む危険性について、わかりやすく解説しています。

和医大OPAC → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=65778

ツイートする