和歌山県立医科大学図書館三葛館の本棚

三葛館看護 N140||NA

タイトルは患者さん向けとなっていますが、あいさつなどの基本から、とっさのひとことや、スタッフ間のコミュニケーションまで、ナースに必要なコミュニケーションが満載です。患者さんとの会話は具体的に例が挙げられていて、実際に役立ちそうなものばかりです。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=62684

三葛館一般 336.49||NI

4名の精神科看護師がビジネスシーンにおける様々なコミュニケーション術を説いている本です。
1つのテーマごとに見開き2ページ分に文章がまとめられているので空いている時間でも読みやすく、内容も取りたてて難しいものではなく、読んだ日から誰でも実行できそうなものがほとんどで、あらゆるビジネスシーンで大いに役立ちそうです。
新社会人になる前に、そして社会人の方々も、この1冊でビジネスシーンを円滑に・気持ちよく進めるコツを効率的に学びましょう。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=62178

三葛館新書 809.5||AG

人とコミュニケーションをうまくとるには、「聞く」ことがとても重要な役割を果たします。
本書では、その「聞く」という作業のコツを、著者が今まで行ったインタビューを振り返りながら、分かりやすく教えてくれます。
さまざま有名人とのインタビューでのエピソードがどれも面白く、一気に読んでしまいます。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=62913

三葛館新書 361.45||HI

著者は劇作家、演出家であり、大阪大学コミュニケーションデザイン・センターの教授でもあります。小学生から大学院生まで、演劇を使ってコミュニケーションを教える様子や、日本語教育、国語教育について綴られています。最初は戸惑い気味でも、うまく学生の意見を引き出し、徐々に意見が出てくる様子がとても楽しそうで、著者の授業を受けてみたくなります。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=66514

三葛館新書 361.45||SA

電話でも、直接でも、あまり知らない人と一対一でコミュニケーションを取るのは苦手という人は多いのではないでしょうか。その一対一のライブ状況に強くなること、それが「対面力をつける」ことと著者は定義します。コミュニケーション能力以前のもっと根源的なところにある「対面力」。これが身に付けば、人とのコミュニケーションに自信を持って臨めます。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=66515

三葛館看護 N140||OK

看護教員が、実際に看護学生から聞いた悩みを元に書かれています。看護学生が友人や教員、指導ナースとの関わりのなかでもつ悩みや、実習場面やグループ活動で抱えることの多いつまずきや葛藤をとりあげ、ひとつずつ丁寧に対処法を説明してくれています。
看護学生が入学してから卒業するまでの構成になっていて、とても読みやすいです。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=60406

三葛館一般 361.45||FU

コミュニケーションとは何かという基本的なことから実践に役立つテクニックまで、分かりやすく解説しています。
コミュニケーションにいちばん大切なのは、スキルではなく、「相手を喜ばせたい」「力になりたい」というホスピタリティの精神であると著者は言っています。その基本的な精神を忘れず、コミュニケーションスキルを磨けば、すばらしい人間関係を築いていくことができるでしょう。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=66516

三葛館一般 361.45||KI

苦手な人がいなくなる方法があるならぜひ知りたい!とみなさん、そう思いませんか?
日頃から誰もがかかえる人づきあいの悩みに、イラストを交えながら分かりやすく答えてくれます。ちょっとしたこころがけや少し考え方を変えてみるなど、悩みの解消のコツや人間関係をラクにする貴重なアドバイスが詰まった一冊です。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=66518

三葛館医学 490.14||KU

多くの患者が医療者と話したい、話を聞いてほしいと思っていても、患者と話したいと思っている医療者は多くはないのが現状かもしれません。いくら医療者が正しい説明をしたところで、難しい用語がいっぱいだったり、早口で説明されると、患者は理解できません。本書には医療者向けのコミュニケーションのヒントがたくさん詰まっています。医療者を志すみなさんに是非読んでほしい1冊です。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=66513

三葛館看護 N140||AI

本書は、新人ナースのコミュニケーション術のレベルアップに焦点をあてて書かれていて、医療現場においてあらゆるシーンにおけるコミュニケーションの良い例・悪い例、ポイントなどがマンガやイラストで楽しく学べます。
将来、医療従事者になる方々はもちろん・社会人としての他人とのコミュニケーションにおいて大切な知識やマナー、コミュニケーションを円滑に運ぶためのコツなどがたくさん載っていて、あらゆるシーンにおいても役立ちそうです。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=65733

三葛館看護 N140||HI

内容を5つの章に分け、各章ごとに11のルールを紹介しています。それぞれのルールごとに5つのチェックポイントがあり、ルールを実行できているか確認ができます。対患者さんや、対同僚、先輩、チーム。そして自分自身で気をつけるべきことなど、イラストや図表、例もたくさん挙げられていて、とても分かりやすいです。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=64884

三葛館新書 809.4||MU

「会話はキャンプファイヤーの火と同じで、うまく薪に火をつけることさえできれば、あとは放っておいても燃え盛っていくのだ。」様々な人にインタビューした経験を持つ著者が、初対面、困った時、ビジネスで、会話を盛り上げる「最初のひと言」、また、言ってはいけない最初のひと言を教えてくれます。最初のひと言さえさっと出てくれば、あなたも会話上手です!

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=61758

三葛館一般 361.45||KA

コミュニケーションをとるのに重要な役割をはたす言葉。
何気なく言ったひとことが、人を元気にさせたり、傷つけたりもします。
本書では難しい言い回しではなく、日常で使う言葉を取り上げて、有効的な使い方を伝授してくれます。普段の言葉選びを少し工夫するだけで、相手に与える印象がぐっとよくなることも多いはず!

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=59399

三葛館新書 361.4||KA

人と打ち解けられない原因と共に、どうしたら人と打ち解けられるようになるかが考えられ、説明されている内容です。
また、この本は、「心の底の敵意&弱さを意識化し、人と打ち解けられない自分を克服する」事を目的に書かれています。
人と打ち解けられない原因として、心の葛藤・執着性性格・コミュニケーション力・家庭内環境などの要素と心との関係、そして自分の精神力を強くするためにそれらを意識化することの大切さも簡潔に書かれています。
周囲や自分の心の闇に流されてしまいがちで、また、なぜ自分は物事がうまくいかないのか?人と打ち解けられないのか?と悩んでいる人はぜひ読んでみてほしいと思います。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=58581

三葛館新書 146.8||ME

SNSやブログなど、自分の情報を発信する機会は格段に増えています。そんななか、自分の思いなどを人に伝えることはできても、「聴く」のは苦手という人は多いのではないでしょうか。「聞く」ではなく「聴く」。相手の話に耳を傾け、相手の心を聴く。言葉の向こう側を見つめ、相手を受け入れる。精神対話士が語る62のポイントで、豊かな人間関係を築きましょう。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=65545

三葛館絵本 E||KO||3

精神科の先生が書かれた絵本で社会不安障害にかかってしまったくじらが主人公のお話です。
本書は、病状のつらさが分かりやすく描かれていて、読み進めると胸が苦しくなる部分もありますが、それだけにより社会不安障害を患うかたの辛さを深く感じられます。
そして読み終わると、精神的疾患の方でなく、肉体的疾患に罹る方など、心身にハンデを持った方々に素直に手を差し伸べたくなり、また、優しい気持ちで周囲とコミュニケーションを取りたくなる本です。
後半部分には社会不安障害についての説明もあり、内容も丁寧かつ非常に読みやすく、将来医療に従事する人にも役立つ1冊だと思います。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=61476

三葛館看護 N740||TA

本書はうつ症状の理解とコミュニケーションの取り方のマニュアルや解説、うつ症状のシーンとそのケアの方向性などが書かれています。
年々増加をたどる傾向にあり、誰もが罹りうるうつ病。
本書を読んで、将来医療従事者として、また悩みを抱える友達や家族を支えるための知識を身につけましょう。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=58473

ツイートする