和歌山県立医科大学図書館三葛館の本棚

三葛館医学 492.7||WA

「経絡リンパマッサージ」。聞き慣れない言葉ですが、東洋医学の「経絡」という概念に西洋医学の「リンパマッサージ」を併せたもので、その第一人者の著書。薬に頼らず、人間が持っている本来の自然治癒力を高め、不調を改善するというものです。副作用もなく、また体の調子が良くなることで、精神的にも余裕が生まれ、メンタルヘルスにも効果があるそうです。写真と筋肉や経絡、ツボの図が重ねて書かれていて、とても分かりやすく、また、悩み別に色々なマッサージが紹介されているので、自分が気になる部分だけでも手軽に取り組むことができます。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=66692

三葛館医学 498.5||WA

30年以上にわたり“食養”を学び、実践されている若杉友子さんの著書。
説得力のある文章で一汁一菜の大切さを分かりやすく教えてくれています。
また、食べてはならない食品やその理由が丁寧に説明されていて、とてもためになります。
ここまで徹底して食養を実践するのは難しいと思いますが、食物や食事に関する説明やレシピも読んでいて楽しいものばかりなので、どんどん読み進んでしまうし、食養も出来ることから実践してみたくなります。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=66691

三葛館医学 498.58||MA

とにかく疲れやすい、身体がだるい、気分がすぐれないという女子のみなさん!その疲れ、放っておいてはいけません。
難しいことはありません。忙しい人、面倒くさがり屋の方でも実践可能な「ズボラ養生法」。お疲れに効く小さな習慣を少しずつ実行し、疲れ知らずの身体を手に入れましょう!

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=66688

三葛館医学 491.8||NA

「世界一わかりやすい免疫の本を作ろうというコンセプトで書かれた」本書は、免疫、ウィルス、ワクチンなど、順を追って丁寧に説明してくれているので、本当に分かりやすいです。また、各タイトルごとにそれに対応したマンガが付いていて、マンガは全体を通してストーリーになっているので、楽しみながら読むことができます。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=58104

三葛館一般 596||PO

化粧品会社の社員食堂のレシピが満載!バランスを考えた定食メニューやワンプレートはもちろん、嬉しいのはお悩み別の一品レシピ。美白や冷え、便秘と悩みに効くレシピが紹介されています。最後には美肌スイーツも!美肌を目指すあなたを内側から支えてくれます。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=66689

三葛館一般 596.3||JO

冷え予防、免疫力アップ、肥満改善、風邪予防など、身体にうれしい効果がつまったしょうがを毎日おいしく・簡単に取り入れるためのレシピがたくさん掲載されています。
普段のレシピにおろしたり細かく刻んだしょうがを加えるものが多く、簡単に作れそうなうえ色とりどりで美味しそうなものばかりなので、読むと思わずしょうがレシピをどんどん作ってみたくなる一冊で、読みやすさも抜群です。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=66668

三葛館医学 498.3||MA

アロマヨガとは文字通りアロマオイルの香りを楽しみながら行うヨガのこと。香りに意識が向くことで、自然とヨガに大切な深い呼吸ができるそうです。
1日15分、4週間で全身を引きしめるプログラムが紹介されています。また、こころ、からだ、キレイと目的別のヨガも紹介。巻末にはアロマのカタログもついていて、アロマ初心者、ヨガ初心者にぴったりです。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=66669

三葛館医学 498.5||KI

過去にがんを経験した著者が提案する、食材にこだわった健康的な料理や、毎日を心地よくするためのライフスタイルが気取らない文章で読みやすく表現されています。
身体を自分で修復し免疫力を高めるための食材やレシピがたくさん載っていて、どのメニューもとても健康的で、食感の良さも考えられているだけあっておいしそうなものばかりです。
また、この本で書かれたレシピでよく使われている根菜類や豆類、雑穀などの食材を簡単に調理するためのアイデアも分かりやすく書かれていて、料理を作るときにぜひ役立てたくなります。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=66643

三葛館医学 498.3||OT

現役医師でもある著者が自身の経験なども踏まえ、東洋医学、西洋医学の2つの視点から「体質」についてやさしく解説している本です。
とくに、温泉治療研究施設で勤務されていた時の実体験に基づく温泉による免疫機能の活性化、泉質の違いや正しい入浴法など、温泉や入浴についての知識がたくさん書かれています。
また、自然治癒力や免疫力を高めるための食事や運動(ウォーキングなど)についてなど、日常において気軽に取り組める健康法も紹介されているので、体質改善を望む人はぜひ読んでみてください。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=66644

三葛館新書 491.34||FU

免疫力の70%を担うといわれている”免疫”の要である腸。
本書には「腸内環境」を健康に保つための良い習慣・悪い習慣、腸を鍛える食べ物や食べ方に関する解説がぎっしりと詰まっています。
ひとつの解説に付き2~3ページと短めなので読みやすく、また、常識を覆すような興味をそそられる解説も数多く、本格的な内容ながらも楽しく読み進められる一冊です。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=66694

三葛館医学 498.58||KA

女性特有の病気から生活習慣病、そして命を脅かす病など16の病気や症状に対するレシピと疾患に関する早わかり解説が載った便利な一冊。
レシピは疾患を持つ人のために考案されたもので、動物性食品が使われていないものですが色とりどりのメニューが多く、病気の予防のためにも作ってみたくなるものばかりです。
また、それぞれの病気に対する解説も分かりやすくまとめられていて、予防になる食材も書き出されているので、日々の健康のためにもとても役立ちそうです。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=66690

三葛館新書 491.34||BE

ヒトの臓器で最も病気の種類が多い大腸は、腸内環境を変えるという意思と実行力がありさえすれば、全身の病気のリスクをさげる可能性が高まります。また、腸内細菌は、ダイエットに影響があり、脳にも関係しているのではないかと言われています。「おなかケア総合研究所」を設立したうんち博士の著者が腸内環境のさまざまな可能性を探ります。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=66695

三葛館雄新書 491.37||IK

病気になりやすさ、なりにくさ、病気からの回復のスピードは、心のもち方、物事の考え方の傾向、すなわち脳の習慣に大きく左右される。と著者は言います。ペシミストよりオプティミストの方が病気になりにくく、病気になっても回復が早いそうです。
ストレスは悪いものと思いがちですが、急性の短期的なストレスは、逆に免疫力を高め、ある種のがんに対しては抵抗力を高める。とも書かれています。そして慢性ストレスを急性ストレスに変える方法、ストレスの軽減の仕方も紹介されています。ストレスとうまく付き合って、免疫力を高めましょう!

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=58506

三葛館新書 493.18||OK

怪我や病気時の安静状態での過ごしすぎや日々の生活習慣など、身体を動かさないことで起こる「生活不活発病」。
本書は、生活不活発病の原因や生活不活発病に罹ることで心身に起こる様々な怖い症状、生活不活発病に罹った時の身近にできる対処法やリハビリ方法など目からうろこの知識、また、生活不活発病の研究の歴史や、生活不活発病と普通の病気の違い等についても記述されていて、「生活不活発病」について多面的に理解できます。
高齢者だけでなく、若年層の方でも生活習慣次第で簡単に起こりうる意外と怖い「生活不活発病」。本書を読んで生活不活発病の知識を身につけ、日々元気に活動できる身体を手に入れましょう。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=66272

三葛館医学 491.8||AB

免疫の基本的な内容と実際の臨床現場や病気で困っている人を免疫学の視点から解釈し、その対応方法を考えてみようという本で、イラストを交えて読みやすさもアップさせた専門的な内容の一冊です。
また、免疫システムの発生と自律神経を2本柱としながら興味深く免疫の基本について学べる内容になっています。
感染症やアレルギーをはじめとする免疫病にかかったとしても対症療法では駄目で、免疫病の根本的な原因や治療について詳細に書かれているので、日々の健康対策のためにも大いに役立ちそうです。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=36633

三葛館医学 498.58||TA

女性の美しさにとって大切なものは何なのでしょうか。
残念ながら、日本の多くの女性は冷え症や肌の老化、体調不良を引き起こしてしまう間違った自己流ダイエットを行っているようです。
本書を読んで、体や食事にまつわる基礎知識を学び、体本来の力を引き出し、高めてくれるような食習慣、生活習慣を身に付けましょう。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=63356

三葛館医学 491.8||NA

生物の体に備わっている自然治癒の3つの力、「防御力」「免疫力」「再生力」。それぞれの治癒力について細胞レベルで分かりやすく解説されていて、仕組みがよく分かります。
人間についてだけではなく、足を切っても生えてくるイモリや大脳を除去しても再生するグッピーなどについても紹介されていて、生命の不思議を感じながら、楽しく読むことができます。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=66642

三葛館新書 498.3||AM

気功についてとても分かりやすく書かれています。
気功というとなんとなく集中力が必要で、敷居の高いイメージがありませんか?気功の基本は「ゆるむ、感じる、自然に動く」というもの。
大切なのは体の力を抜いて、十分にリラックスすることです。
誰でも簡単にできる気功の動きを、とてもゆるくてかわいいイラストで解説しています。気功で自然治癒力をひきだし、健康な体をつくりましょう。
特に道具も必要なく、気軽に始めることができますので、ぜひお試しください!

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=58544

ツイートする