和歌山県立医科大学図書館三葛館の本棚

三葛館医学 499.87||UM

アロマテラピーを始めたいと思っている人にぴったりの入門書。
写真やイラストがふんだんに使われていて、とても分かりやすく、見やすいです。用途ごとの精油のブレンドレシピやマッサージの仕方、ハーブティーの楽しみ方まで、これ一冊あればアロマを満喫できます。
毎日の生活にちょっとした癒しを取り入れましょう。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=56893

三葛館医学 499.87||JA

400種を越える充実のハーブ図鑑をはじめ、ハーブ料理やかわいらしいハーブクラフト・アロマテラピー・ハーブティー・ハーブの歴史や育て方など、基礎から応用まで、ハーブについての全てが網羅されています。
ひとつひとつの写真も美しく、このハーブにはこんな効能があるのか!と楽しく読み進めることができ、特にアロマテラピーを使っての健康管理の解説はとても分かりやすく参考になります。
ハーブを趣味として楽しみたい人から本格的に学びたい人まで、非常にお勧めの1冊です。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=67031

三葛館医学499.87||KA

実際に医療の現場にアロマを取り入れている著者が書いた本書は、精油・ハーブとはという基本知識から、実際の症状別に、しかも体質別に効果的なアロマ・ハーブを紹介してくれています。マッサージ方法はイラスト入りでとても分かりやすいです。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=61792

三葛館新書 499.87||SH

古くは聖書や仏教の世界にも登場する「香り」。現在ではにおいは脳に直接作用し、自律神経や内分泌系、感情や情動行動に影響を与えることが明らかになっています。日本ではまだまだ認知されていませんが、海外には医療行為として認められている国もあります。
本書では、脳と香りの関係や、様々な疾患に実際に効果のあった最新の研究が紹介されています。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=64196

三葛館医学 499.87||IM

アロマセラピーは様々な症状の緩和や抗菌作用を利用した感染防止などに有効であり、また、マッサージなどによる患者へのタッチングという基本的な看護技術の要素も含まれているので、看護介入の1つとして非常に有用だそうです。執筆は実際に看護の現場にアロマセラピーを取り入れている看護師さんたちが多数で、看護のあらゆる場面を想定して書かれています。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=57497

三葛館医学 492.7||GI

精油の扱い方から選び方、効果などとても詳しく説明してくれています。また、マッサージは自分でできるものと、人にするマッサージがあり、すべてイラストつきで分かりやすいです。手先足先の簡単なものから、背中や顔など、全身のマッサージ法が分かります。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=67029

三葛館医学 499.87||NA

実際に治療院を開いている著者が、実際に施術した110もの臨床例が症状別に紹介されています。なかなか治らない不調からちょっとした悩みまで、臨床例で実施した対処法も詳しくかかれているので、すぐに試してみることがてきます。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=67040

三葛館医学 499.87||SA

日本のアロマテラピーの第一人者である著者のアロマテラピー入門書。
精油とは?香りがなぜ心や体に働くの?といった基本的な知識から、精油の選び方、芳香浴、アロマバス、マッサージなど様々な楽しみ方まで詳しく解説しています。
精油のページでは、原料植物、採油方法、心・体・肌への働きやその歴史、相性のいい精油など、85種もの精油のプロフィールがとても詳しく解説されています。
また、石けんやリップクリームをはじめ、数多くのアロマクラフトの作り方も掲載されていて、楽しく読み進めることができます。
非常に充実した内容で、初心者はもちろん愛好者まで幅広く役立つ、アロマテラピー解説書の決定版ともいえる1冊です。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=67032

三葛館一般598.3||OK

長年悩みの種だったアトピーが、アロマの力で快方に向かった事を実感した著者の、妊産婦、乳児向けに書いたアロマテラピーの本です。精油の選び方から様々な使用方法まで丁寧に説明されているので、アロマ初心者でも分かりやすいです。妊娠初期・中期・後期に効果的なアロマを紹介しています。ママの体、心、赤ちゃんのトラブルなど、悩み別にもなっているので、気軽に取り組むことができそうです。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=59618

三葛館医学 499.87||SA

アロマテラピーのなかでもいちばん手軽で便利なアロマスプレー。
本書はアロマスプレーの作り方を分かりやすく説明しています。
いろいろな症状に効くおすすめのレシピが満載!
好きなときにシュッとひと吹きして、気分転換してみましょう。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=67033

三葛館医学 499.87||HA

この本は「基本」「お役立ち」「とっておき」の3ステップで7種類ずつ・計21種類の精油が解説されていて、ステップが進むごとに少しずつ高度になっていく構成なので、無理せず、自然にアロマテラピーの知識を気軽に深められる内容になっています。
精油1本から気軽に始められる「使いきりレシピ」と精油同士をブレンドする「組み合わせレシピ」の2本立てでレシピが紹介されていますが、他にも、シーン別のアロマ利用法もたくさん掲載されていて、健やかな毎日を送るためにとても役立ちそうです。
また、アロマテラピーの方法や注意点など、基本的な知識がオールカラーで丁寧かつ分かりやすくまとめられていて、しかも、この本に掲載されている精油は比較的手頃な値段で買えるものが多いので、気軽にアロマテラピーを始めたい人におすすめの1冊です。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=67041

三葛館医学 499.87||OS

メディカルハーバリストの資格を持つ著者が提案する、様々な身体と心の不調を改善するためのハーブの処方箋。
メディカルハーブの写真付きのレシピは説明が丁寧で、しかも材料のハーブは、比較的手に入りやすいものを厳選して構成されているので、気軽にかつ分かりやすく作れそうです。
また、基本的なハーブの知識や、効能や使用の際の注意点が添えられた目にも美しい49種のハーブ図鑑もあり、中には意外な植物がハーブとして掲載されているので、ページをめくるたびに新しい発見がたくさんあります。
ハーブを日々の健康に生かすために、手元に置いて、役立てたくなる一冊です。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=67030

三葛館医学 499.87||SA

本書では“アロマテラピーの基本を知る“、”アロマテラピーの取り入れ方“、”精油とレシピ“に項目が分かれていて、特に精油の紹介は70種類載せられていて、1つの精油ごとに効能や取り入れ方、注意点が説明されていて、併せて精油の効能一覧表も付いているので、とても便利で読みやすいです。
また、アロマテラピーの基本と取り入れ方法のガイドが付録のDVDでもより分かりやすく解説されているので、本と一緒に是非どうぞ。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=67036

三葛館医学 499.87||AS

アロマテラピーで使用する精油は、リラックス効果をもたらす「鎮静効果」と、中枢神経を刺激する「興奮効果」という2つの性質があります。マッサージにはタッチングの効用もあります。アロマテラピーを介護の現場でうまく活用できれば、介護の質が高まり、自立支援にもつながるのではとの思いで書かれた本です。医療・看護の現場にも実践できるものがたくさんあります。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=61794

三葛館医学 499.87||HA

病院に行くほどでもないちょっとしたトラブルや不調を感じている方、アロマやハーブを試してみませんか?
本書はアロマとハーブについてとてもわかりやすく書かれているので、初心者の方にもおススメの一冊です。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=67038

三葛館医学 495.46||CH

看護師とアロマインストラクター、乳がん体験者の二人の著者が、人生をかけて書きあげた一冊。自らの体験をもとに考案した乳がん患者のためのハーバルケアと、専門的な医療情報が患者目線で紹介されていて、乳がん患者にフォーカスした、心温まるアロマテラピーの入門書です。
また、二人の著者や、乳がんを体験され、アロマテラピーで癒された方々からの体験談から「闘病中であっても、アロマテラピーをきっかけに得た同じ病の仲間と励まし合い、日々を前向きに・心安らかに生きる」ことの素晴らしさを深く感じ取れます。
著者がこだわり抜いて厳選・掲載された写真もとてもきれいで、ページをめくるだけでも癒されます。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=63167

三葛館医学 499.87||AN

アロマの醍醐味とされる精油のブレンドについて、精油ブレンドの第一人者である著者が詳しく説明してくれています。化学的に、または感性に任せ、様々な角度から精油について学ぶことができます。既存の精油では物足りない方、ぜひブレンド術を学んでください!

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=67039

三葛館一般 598.3||AS

妊娠すると女性の体は、ホルモンバランスが大きく変化し、さまざまな症状をもたらします。医師に相談しても、出産すれば治るからと言われるだけということが多いようです。そんなときはアロマやハーブがその症状をやわらげるのに役立ちそうです。
将来、妊婦さんのそんな悩みを耳にすることがあるかもしれません。
代替医療の知識として本書を読んでおいて損はないでしょう。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=67035

三葛館医学 499.87||KA

アロマテラピーの基本的な知識から始まり、実際の患者さんへのケアの参考になりそうな疾患・症状別の症例集やさまざまな症状にあったレシピがたくさん掲載されています。
これから現場にアロマを取り入れようと考えている医療従事者の方におススメの一冊。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=60416

三葛館医学 499.87||WA

表紙にも書いてある通り、「いちばん詳しくて、わかりやすい!」アロマテラピーの本だといえるでしょう。
とにかく情報量が多く、知りたいことがすべて詰まっています。
写真もふんだんに使われていて、レイアウトも解説も見やすくてわかりやすい! まさにアロマの教科書として手元に置いておきたい一冊。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=54872

ツイートする