和歌山県立医科大学図書館三葛館の本棚

三葛館一般 336.2||HE

最初から最後まですべてを読み通す必要はありません。
自分が気になった、必要な箇所だけを読めばいいのです。ですが、実践しなければいけません!本書でも秘訣は「知る」ことではなく、「する」ことにある!と言っています。
仕事に関することからプライベートまで幅広く活用できるアイデアが満載です。とにかく毎日忙しくてやりたいことができない、何だか無駄な時間が多いなと感じている人は読む価値ありです。
                              (ゆず)

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=68192

三葛館新書 421.2||TS

ブルーバックス「タイムマシンの話」をよりわかりやすくマンガ化したもの。文系の私には全くわからない「相対性理論」ですが、この相対性理論において、光よりも早い超高速粒子タキオンが存在すると仮定する「メタ相対性理論」では、タイムマシンが実現可能なものと考えることができるそうです。マンガになってもなかなか難しいですが、興味がある人はここから時間の不思議に迫ってみませんか。
                              (うめ)

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=62779

三葛館新書 336.2||WA

年間40冊の本の執筆、毎日更新するブログ、メディアからの取材、精神科医としての臨床、大学での講義に会議、3つの会社経営、ボランティア活動、映画製作。ざっと並べても目が回りそうなほどですが、これだけの活動をしたうえで、旅行や家族、趣味などのプライベートも充実させている著者。誰もが平等に与えられた1日24時間。秘密は無駄な時間を削ることよりも、時間の質を上げることのようです。
                              (うめ)

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=54953

三葛館新書 336.2||NO

時間術を用いて時間を捻出し、さらに仕事を増やしたり、自分を高めようと勉強する。素晴らしいことですが、そのために心が疲れてしまったり、プライベートがなくなったり…。IT化が進み便利になったはずの世の中なのに、なぜ残業時間は増えるのか。大切なのは時間の「量」を生み出すことではなく、限りある時間の「質」を高めること。ONとOFFを切り替えて、仕事もプライベートも充実させましょう!
                              (うめ)

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=53119

三葛館新書421.2||FU

物理学者である著者が時間の謎について考えます。
物理学的に「時間とは何か」ということから「時間と重力、時間と宇宙の深い関係」についてなど、話は宇宙論にまで広がります。
難解ではありますが、タイムマシンの実現可能性のお話はなかなか興味深いです。
                              (ゆず)

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=63266

三葛館一般 748||KE

写真家アンドレ・ケルテスが、1915年から1970年までの間55年間に撮影した作品の中から、「読む」瞬間を捉えたものを1冊にまとめたもの。読むという行為は、本さえあれば(新聞でも、雑誌でも)どこでも、1人で行える。屋上や公園、路地や電車のなかで。あなたはどんな「読む時間」を過ごしていますか。
                              (うめ)

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=67768

三葛館新書 007.6||TO

Excel、Word、Windows、Googleで使えるワザを大公開!ちょっとしたワザを覚えると、効率がグンとアップします!今までと同じ作業もかなりの時間短縮ができるはずです!
                              (うめ)

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=60800

三葛館一般 369.26||YA

著者の母親の介護の様子と、実際に老人福祉施設で読み聞かせを行った本、その時の様子を紹介しています。月ごとに章が分かれているので、季節を想いながら読むことができ、実際に高齢者向けに読み聞かせをする際の選書や話の広げ方もとても参考になります。
                              (うめ)

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=45467

三葛館一般 336.2||TA

無駄な時間を省くには「整理」が大事だと著者は言います。身の周りの物の整理から、スケジュール、データの整理、時間の整理。Googleの無料ツールを使い、著者の「整理術」を身に付ければ14日後にはあなたの1日は3時間増えているかも!?
                              (うめ)


和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=68191

三葛館一般 336.2||IS

無駄な時間を徹底的に減らす方法が書かれています。
著者にとっての「無駄な時間」と自分にとっての「無駄な時間」が合致する部分を選んで、参考にするといいと思います。
時間は誰にでも平等に与えられています。1日24時間、どう使うかはあなた次第です。
                              (ゆず)

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=68190

三葛館医学 491.3||AC

病気になったり、調子が悪くなったりしない限り、あまり自分のからだのことを意識することは少ないかもしれませんが、365日24時間、からだの中では様々なことが起こっています。本書では人間の1日を追いかけながら、その時からだでは何が起こっているのかを解明します。朝の目覚め、食事、歩くこと、午後の眠気にあくび、ストレス、相手の顔の認識や、惹かれあうメカニズム、などなど・・・何も意識していなくても、眠っている間も常に反応は起こっています。前書きにもありますが、読んだあと、体中を意識しすぎて何もできなくなることのないようにご注意ください。
                              (うめ)

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=56146

三葛館新書 481.7||MO

ゾウの寿命は100年近く、ネズミの寿命は数年。では、ゾウはネズミの何倍もの時間を生きているのか。哺乳類において、あらゆる時間は体重の1/4乗に比例するそうです。寿命や妊娠期間、成熟するまでの時間など。そしてどの哺乳類にも共通するのは一生にうつ脈の回数や呼吸の回数。つまり、物理的な時間ではゾウはネズミよりずっと長生きですが、一生の間に同じだけ心臓がうち、呼吸しているのです。そう考えると、ゾウもネズミも、一生の時間の感じ方は同じなのかもしれません。約20年前に刊行され、現在も読まれ続けるベストセラー。
                              (うめ)

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=26642

三葛館新書 141.5||KA

勉強しよう!と決心しても、ついテレビを見てしまったり、ベッドの誘惑に勝てない、そんなあなたにぜひ試してみてほしいのが、この18分集中法です。
なんだか中途半端な時間と思ってしまいますが、これがベストな時間のようです。18分集中して休憩、また18分集中して休憩する。詳しくは本書をお読みください。
                              (ゆず)

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=65248

三葛館一般 336.2||SA

時間管理の究極のポイントは「時間はもともと足りないもの」をいう事実を理解し、その事実を「見える」ようにすることが大切であると著者は言っています。
「やりたいことがあるのに、時間がなくて全然できない」「余裕をもって計画を立てているのに、時間ぎりぎりになってしまう」など、時間管理に悩んでいる人におススメです。
                              (ゆず)

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=68189

三葛館児童書・大型本 E||ME

生きているすべてのもの。花、人、鳥、魚、動物。すべてのものに生と死があって、その間は「生きている時間」で満ちている。長いいのちも、短いいのちも、それぞれのいのちの時間、生きている時間について、繊細な絵と言葉で綴られています。
                              (うめ)

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=31613

ツイートする