和歌山県立医科大学図書館三葛館の本棚

三葛館 一般159||SU

幸せなんてどこにもない、そう思っているときに、ほんの少しだけ見方を変えてみる。すると幸せは意外にも身近にあって、ただ気がついていなかっただけということもあるのでは?大きな幸せでなく、小さな幸せだって、幸せは幸せです。ネガティブ思考に偏ってしまいがちな時には本書をヒントにポジティブ思考に。肩の力をぬいて気軽に読んでみてください。
                              (ゆず)

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=79342

三葛館 闘病記コーナーWith  T||493.73||多発性硬化症

本書の表紙カバーをみてください。著者の素敵な笑顔が印象的です。著者が病気と診断される前、そして診断された後の人生、一人暮らしや恋人のことなど、多発性硬化症など3つの難病を抱えながら明るく前向きに生きる生活には、だれかと比較するのではなく、無理をせず素直な彼女らしさがあふれています。
                              (ゆず)
                            
和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=79196

三葛館一般 596||II||2

「おいしそう~!!!!!」思わず声が出てしまいます。手の込んだ難しい料理ではなく、いつもの料理がとても美味しそうです。作り方は全て写真つきで分かりやすく、すぐに自分でも作りたくなります。
                              (うめ)

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=62183

三葛館一般 597.5||KO

著者こんまりさんのベストセラー本。すでにお読みになった方も多いのではないでしょうか。
一度片づければ決して元には戻らないというリバウンドゼロの片づけ方法で部屋もきれいに、気持ちもハッピーに。一石二鳥です。ぜひお試しください。
                              (ゆず)

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=62078

三葛館看護 N232||SM

これから看護職につくみなさんに。一口にナースといっても、働き方は様々です。転職や進学、留学の道もあります。また、仕事だけでなく生活も様々。いろんな先輩の赤裸々な意見がつづられていて、参考になること間違いなしです。
                              (うめ)

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=67944

三葛館一般 336.1||KO

テレビ番組、映画から人気キャラクターくまもんまで、数々のヒット作を手がけた著者が、どのようにして企画を生み出しているのか。大きなヒットにつながるのは、日常のちょっとした工夫「人を喜ばせる」ということ。あなたの毎日にもきっとヒントがあります。
                              (うめ)

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=67155

三葛館看護 N954||IS

2011年3月11日、東日本大震災。震災後、全国から被災地に向かった人たちのなかに、3770人のナースがいました。その災害支援ナースの陣頭指揮をとった著者が、活動の様子を語ります。いくら想像しても、被災地の実情には遠く、読み進めるごとに衝撃を受けます。災害看護に限らず、被災者、患者に寄り添い、その人の明日の幸せを確信し、支えることがナースの仕事であると著者は言います。
                              (うめ)

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=65887

三葛館新書367.2||OR

有名大学の大学院卒業という高学歴なのにもかかわらず、貧困なのはなぜなのか。
もしあの時正規雇用され、波にうまく乗っていたら、もし正規雇用されていたのを辞めずにいたら今頃は・・・。けれど、高学歴の女性たちは決して努力を怠ったのではなく、今も今までも懸命に努力している人が大半です。非正規雇用と正規雇用の隔たりに限らず、女性だからという理由が未だにはびこっている現実があるのも事実だとか。学歴がすべてとは言わないまでも、なぜ努力が報われないのか、決して他人事とは思えません。
                               (ゆず)
                               
和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=68181

三葛館一般 159||KA

莫大な努力で効率化をめざし、勝ち組で成功者のモデルとされている「勝間和代」に、そもそも努力できない人間、ポジティブに生きられない人間もいるのです、と語る精神科医の香山リカ。正反対に見える2人の対談集です。共通するところ、最後まで相容れないところがあり、とても興味深いです。そんな2人が語る「幸せ」とは。
                              (うめ)

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=56834

三葛館医学 498.16||KI

医師である著者が、今の日本の社会を変えるために、アジア諸国で自分の掲げる理想の医療を実現しようとしています。医療職に携わる人だけでなく、サービス業のホスピタリティやおいしいお米を作る農家、などなど・・・人を幸せにする人は全て医療者であるという著者が「日本の医療を輸出産業に変える」とはどういうことなのか。
                              (うめ)

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=79072

三葛館新書 596||NO

94品ものおつまみのメニューが、味のあるイラストとそれぞれのメニューに合うお酒の銘柄とともに紹介されています。
どれも簡単に作れておいしそう!お酒や食材にまつわる楽しいお話も盛りだくさんで、本書を活用することでいつもの晩酌がより幸せなひとときに変わること間違いなしです。(もちろん、未成年の方やお酒を飲まない方も、読んで・作って食べておおいに楽しめる一冊です。)
また、野菜がたくさん使われているメニューが多く、身体にもうれしいものばかりです。
ただし、飲みすぎには注意してくださいね。
                              (かき)

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=62685

三葛館一般 304||BO

国民の幸福度でブータンが注目されたことを知っている人も多いのではないでしょうか。本書では、国の成長は国民の幸福には影響しないとし、幸福について様々な角度から研究しています。ハーバード大学で20年間も学長を務めた著者が、国民の幸福度を上げるための政策を提案します。今の日本のヒントになることもたくさんあるのではないでしょうか。
                              (うめ)

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=63031

三葛館一般 332.1||OT

日本は豊かな国の部類には入りますが、国民たちの幸せ度は豊かといわれるのと同じ度合いではありません。むしろ低いのです。
豊かなら幸せであると思ってしまいますが、実際はそう単純にいえるものではないのでしょう。労働、所得、婚姻、子育て、家事分担、地域差、など、様々な事柄とその幸福度をデータを用いながらみていきます。
                              (ゆず)

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=59842

三葛館一般 159||KA

自分は幸せかどうかと思うとき、それは自分自身の幸せであるにもかかわらず、無意識に他の誰かと比べて幸せかどうかを判断してしまっている気がします。どんなことやものでも自分にないものをもっている人が幸せに見え、自分は幸せでないのかもと思ってしまうこともあったり・・・。あなたが幸せでないと思っていることも、それは見方次第で変わることもあります。ぜひこのエッセイを読んでみてください。いろいろな話の中からふと感じるものがあるはずです。
                              (ゆず)

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=79339

三葛館新書 159||ZA

「閉じる」と聞くと、終わりをイメージしますが、著者は「変わる」ことを「閉じる」ことと表現しています。今までの自分を閉じることで、新しい自分が始まる。周りの人の上手な閉じ方や、自身の閉じ方、そして閉じられないこと。すいすい読めてしまうエッセイです。
                              (うめ)

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=79244

三葛館医学 498.59||LE

介護食と聞くと、味気ない、美味しくなさそうなものというイメージがわいてしまいますが、本書で紹介されているレシピはどれも美味しそう!やっぱり料理は見た目も大事です。やわらかく、栄養バランスがとれていることはもちろん、缶詰や加工食品を利用して手軽に作れるアイデアも紹介されています。
                              (うめ)

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=68934

三葛館一般 366.29||KA

昨秋(第11回)の紀葉祭で講演いただいた経営コンサルタント・鎌田洋さんが、ディズニーで働くことを目指して奮闘しながら学んだこと、実際にディズニーで働きながら「仕事」と「人生」の意味について考えたことを語った一冊。
時には試練も多い人生を真摯に受け止め向き合い、自分の力で理想に変えていく著者の姿から、生きる勇気やパワーをもらえること間違いなしです。
より豊かな気持ちで人生をを生きていくためのヒントも書かれていて、仕事をする上でもとても勉強になるし、随所に書かれた名言は、自分を後押ししてくれているようでとても熱い気持ちになります。
                              (かき)

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=79336

三葛館医学 495.7||AR

病院、自宅、助産院など、さまざまな出産の形があり、その選択も人それぞれです。
本書はラマーズ法を取り入れ、自然なお産の手助けをする、ある助産院で出産したお母さんたちの体験談と助産師さんの話がまとめられた一冊。
痛みのない出産はなくとも、ただ痛い・怖い・つらい、もう二度と産みたくない、そんな気持ちになるお産ではなく、出産の流れをきちんと理解することでお母さんの不安を減らし、あせらずに女性の体に本来備わった自分の力を使って出産する。そして産んでよかったと思える出産を。まさに「ハッピーなお産」です。
                              (ゆず)

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=56188

三葛館一般 748||BA

「猫はテレビも雑誌も見ません。相談する先輩ママもいません。でも、本能に従って、迷わず、悩まず、子どもを生み育てることができます。・・・」(本書より)
母にゃんこの子猫たちをみつめる愛情と強さをもったなんともいえないやさしい目。赤ちゃんにゃんこたちの幸せそうな寝顔、そのかわいさにみているだけでも心癒される写真集です。
                              (ゆず)                                  

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=7306

ツイートする