和歌山県立医科大学図書館三葛館の本棚

三葛館一般 860||NI

スペイン語はイタリア語とポルトガル語にそっくりなので、スペイン語が上達するとその2つの言葉も大体わかるようになるそうです。スペイン語に初めて触れる人でも楽しく効果的に学べるように、よく使う簡単な会話形式になっています。ぜひスペイン語にチャレンジしてみてください。
                              (ゆず)

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=84956

三葛館一般 850||KI

言語の中でも難易度が高いと言われるフランス語。発音や文法、ルールも細かく複雑です。ですが、本書ではそんなフランス語をフランクかつ読んでいて楽しい語り口で、基本的なことや要点をしっかり押さえつつ分かりやすく教えてくれています。
読むだけで楽しみながら授業を受けているような感覚になりますし、とても読みやすいので、何度も繰り返し読んで勉強できる事間違いなしです。
Amazonのフランス語習得本ランキングでも堂々の1位の本書。とても楽しく読み進められるので、フランス語を学びたい人はもちろん、フランス語に興味のない方も、一度気軽に手に取ってみていただきたいです。
                              (かき)

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=84935

三葛館一般 820||OI

テレビや映画などで中国語を耳にるすことが多くなりました。本書は初めて中国語を学ぶ人のために基礎から丁寧に、わかりやすく書かれています。
CD付きなので実際に声に出して練習してみて下さいね。発音から日常会話まで楽しく学べます。
                              (ゆず)

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=58682

三葛館一般 840||OK

ドイツ語はドイツではもちろん、オーストリアやスイスでも使用されています。また、音楽や哲学の世界でも非常にメジャーな言語です。ドイツ語は国民性が表す通り、文法でも例外が少なくキッチリした言語なので、他のヨーロッパの言語に比べると習得しやすいといわれています。本書ではアルファベート・発音から入り最初の関門である動詞の格変化などを取り上げ、ドイツ語の文法をキッチリ学習できるように構成されています。CDもありますので耳からも聞くことができますし、課題もありますので書いて学習することもできます。
独学でドイツ語を学ぼうと思い立った方にぜひ!オススメの1冊です。
                               (うめ)
                            
和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=84938

三葛館一般 829||CH

旅行先で看板や標識をちょっと読めるようになるだけでも、旅行がもっと楽しくなりますね。本書は覚えやすい順に文字の形から連想する方法や写真もたくさん載っているので、楽しくハングルが学べます。気軽に読める本なので、ぜひハングルに親しんでみて下さい。
                              (ゆず)

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=84931

三葛館一般 870||IC

イタリア語は美術や料理・音楽の世界では大変メジャーですが、いざ会話は読み書きを習おうとしても、文法書や会話の本も少なく大変苦労するかと思います。
本書はイタリア語を学びたいけど、なかなか学習本に出会えないという方には、ぜひおすすめしたい文法書です。アルファベットから入り、発音・アクセント、あいさつ・・・というふうに、入門の入門から丁寧に解説をしてあります。各課の最後には練習問題があり、付属CDもありますので、見て・聞いて・書いてイタリア語を学習することができます。
少しでもイタリア語に興味のある方、ぜひ今日から始めてみませんか!?
                              (うめ)

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=84933

三葛館一般 829.36||UE

本書は英語でもおなじみの“キクタン”シリーズになります。英語のキクタン同様CDもありますので発音を聞いて覚え、本を読んで単語の意味や使用方法を覚えていくことができます。特にタイ語は文字もそうですが発音・声調が難しいといわれています。このキクタンでは声調表記がわかりやすく工夫されていますので、CDと併せて使うことによって、しっかりと学習することができます。タイ旅行を考えていらっしゃる方や、タイ語を本格的に学習してみようと考えられた方には、ぜひオススメしたい1冊です!
                               (うめ)
                            
和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=85222

三葛館一般 840||FU

ドイツ語は日本でなかなか馴染みがないですが、ヨーロッパへ行けば公用語としている国が多く(オーストリア・ベルギー・スイス・ルクセンブルグ等)、公用語ではなくても、ドイツ語を利用している国になるともっと話者が多くなります。本書は課ごとにあいさつや日常会話と共に、単語やドイツ語の解説が書いてあります。またドイツに関するコラムや練習問題もありますので楽しく読むこともできますし、ドイツ語の学習を行うことも十分可能になっています。音楽家で有名なバッハは小川さん、ウィンナーはウィーン風、ハンバーガーはハンブルグ風ということを知れば、ドイツ語がもっと身近になるかもしれません!
                              (うめ)

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=84937

三葛館一般 850||IN

フランス語に触れる機会はなかなか少ないと思いますが、本書は「だいたい」わかって「楽しく」続けられるように本当に大事なことだけに絞って書かれているので、フランス語を初めての方におすすめです。
フランス語は発音が難しいと感じてしまいますが、CD付なので繰り返し練習することができます。一度フランス語に挑戦してみてはいかがでしょうか?
                              (ゆず)

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=84936

三葛館一般 827.8||AI

本書は、中国語の文法や発音の説明に加えて、中国語での会話がさまざまなシチュエーションに分けてわかりやすく書かれていて、中国語を基本から効率的に学ぶことができます。
オールカラーで、写真やかわいいイラストが満載なので、とても楽しく読み進めることができ、中国語の基本を楽しみながらマスターできること間違いなしです。また、中国語を耳から聞いてマスターできるCDもついています。
公用語としては英語の次に数多く使われている中国語。ぜひ本書を片手に、新しい世界を切り開いてください!
                              (かき)

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=84932

三葛館新書 829.1||HA

北朝鮮により拉致された蓮池薫氏による韓国語の入門書。
生きるための手段として身につけたハングルを、読者に語りかけるように経験に基づいたノウハウをレクチャーしてくれています。
語学書の体裁ではなく、新書というスタイルで読み物として読むことができます。ハングルの特徴や北朝鮮という国の文化について知ることができるので、まずは第1章を読んでみてください。ハングルに興味を持った方や少し勉強した人は第2章の実践編も続いてどうぞ。
                              (もも)

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=52698

三葛館一般 829.36||FU

タイ語と聞けばなかなか馴染みがなくイメージがわきませんが、日系企業も多く通訳案内士の受験区分でもタイ語が存在しており、タイ語を学ぶ人も近年は増加傾向にあります。
本書でははじめてタイ語を目にする人にもわかりやすいように、最初に発音と文法を解説し、自己紹介やあいづちなど旅行ですぐに利用できるフレーズがたくさん紹介されています。初学者でも気軽にタイ語に触れられるように、様々な工夫がされています。最後の単語集をみると“遠い”も“近い”もクライ、“入る”も“膝”もカオ。タイ語は発音や声調なども含めて、なかなか奥が深い言語だと改めて気づかされます。
                               (うめ)
                            
和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=85184

三葛館一般 824||NA

中国語を始める際に、最初に学習をするのが“普通话”といわれる北京語を基礎とした中国語になります。“普通话”は中国語の中では標準語として比較的学びやすいですが、単語を1つ取っても読み方や意味が変わってきたりしますので、そのハードルはかなり高いといわざるを得ません。本書では中国語の学習者がつまずきやすい30語を抽出して、意味と使い方を整理しています。例えば【是】という単語は英語のbe動詞と同じ意味だけではない。ということがわかりやすく例文をあげて説明がしてあります。
それぞれの語について理解が進めば、中国語ももっと面白くなるかもしれません。
                              (うめ)

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=64948

三葛館一般 829.1||HA

なかなかハングルが覚えられない、そんな方に、まず文字からしっかり学べます。
パズルのような練習問題もあり、書いて楽しくハングルが学べます。知れば知るほどおもしろくなり、よりハングルを身近に感じられると思います。初心者の方におすすめの1冊です。
                              (ゆず)

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=84930

三葛館一般 847.8||YA

ドイツ語の文法は難関と言われていますが、タイトル通り日常会話のフレーズを「パターン」でしっかり練習できるようになっています。パターンを理解し、単語を入れ替えていろいろな表現を身につけることができ、決まった基本パターンを使いこなせばドイツ語で言いたいことが言えるようになります。ぜひドイツ語に触れてみて下さい。
                              (ゆず)

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=84928

三葛館新書 870||KO

イタリア人は見知らぬ人でもよく話をし、イタリア語を少しでも話せばすぐにほめてくれるので、イタリア語を学ぶ私たちとっては心強い味方だそうです。本書では文法事項は比較的簡単に説明してありますが、イタリア語の概要や歴史、文法を絡めたちょっとしたお話などがたくさん紹介されています。イタリア語ってどんな言葉?イタリア語の文法ってどんなもの?と、興味を持たれた方にはぜひオススメしたい本です。文法書や解説書とは違って、肩肘張らずに楽しく読むことができます!
                              (うめ)

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=84934

三葛館新書 837.8||KO

この本の著者は国際会議での通訳者として活躍し、大学でも通訳を教えているそうです。
そんな通訳のスペシャリストが、英語の上達法をわかりやすくまとめています。
英語を話す際は日本語で考える重要性や、日本語→英語へ訳す際の留意点、意味を理解する方法などについて、長年の経験から得た英語学習のヒントをわかりやすく紹介しています。
また、リスニングについても全ての単語がわかる必要はなく、聞き取れた単語から想像力を働かせることが最大のポイントであると説いています。
本書を読むと改めて英語に特効薬はなく、読み・書き・考えて話す。学習を継続しておこなうことが一番大事であると実感します。
                              (うめ)

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=63352

三葛館一般 837.8||HO

日本人は英語を話すのが苦手だとよく言われます。英語に興味があっても、話すほうはちょっと・・・と思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
英会話ができない理由として、英単語をもっと覚えていればとか、もっとネイティブのいる英会話学校に通っていれば。など様々なことを考えたりしますが、そんなことをしなくても、今ある知識で私たちは既に英語を話す力と可能性を十分持っているそうです。本書では英会話に関するまちがった思い込みから、私たちが英語を話せない理由を探り、今すぐ英語が話せるようになるステップも紹介されています。
今まで英会話に関心があったけど、どうしても話せなかったという方や、これから英会話を始めようという方は、ぜひ本書を読んで英会話の学習をスタートさせてみませんか!?
                              (うめ)

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=68551

三葛館一般 832||SA

「"girl"は少年だった」「McDonaldのMcは息子という意味」「トランプの"ばば抜き"はクイーンを抜くこと」「ラムネとレモネードはどちらもlemonade」などなど、読めば目からうろこの英語に関する楽しい豆知識が満載です。
どの項目も見開き2ページにまとめられているのでさらっと読めますし、英語が苦手な人も、本書を読めば英語が楽しく思えるかも!?ぜひご一読ください。
                              (かき)

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=58555

ツイートする