夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)

  • 33658人登録
  • 3.99評価
    • (4737)
    • (3857)
    • (2700)
    • (666)
    • (283)
  • 3892レビュー
著者 : 森見登美彦
和歌山県立医科大学図書館三葛館さん 第49回展示図書「そうだ 図書館、行こう。」   未設定

三葛館一般 913.6||MO

大学の後輩である黒髪の乙女に一目ぼれした先輩。京都の町で、大学の行事で、外堀を埋めようと必死に彼女の姿を追う先輩の想いに、「奇遇ですねえ!」と全く気付かない彼女。妄想やファンタジー満載の不思議な世界のなかに、京都の四季を感じることもできて、京都に行けばこんな不思議な世界があるかもしれないと思えてきます。
                              (うめ)

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=67889

レビュー投稿日
2014年3月28日
本棚登録日
2014年3月28日
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする