大学生ミライの統計的日常―確率・条件・仮説って? (ストーリーでわかる心理統計)

  • 24人登録
  • 3.80評価
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 小塩真司
和歌山県立医科大学図書館三葛館さん 第49回展示図書「そうだ 図書館、行こう。」   未設定

三葛館一般 140.7||SU||1

「ストーリーでわかる心理統計」というシリーズ第1巻の本書は、少し読み進めていっても、統計学書なのか小説なのかわかりづらいほど、大学生が主人公の小説として感情移入しながら読めるようになっています。第1巻では日常生活にかかわりの深い統計が取り上げられています。第2巻以降の構成や発行予定は明らかになっていませんが、これからどのように小説を通して統計について理解を深められるのかが興味深く、引き続きチェックしたいシリーズです。

目次-----------
プロローグ
かくりつ
じょうけん
ぜんたい
とりだす
ふくしゅう
あらわす
ばらつき
しらべる
そろえる
かかわり
エピローグ
---------------

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=66631

レビュー投稿日
2013年9月12日
本棚登録日
2013年9月12日
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『大学生ミライの統計的日常―確率・条件・仮...』のレビューをもっとみる

『大学生ミライの統計的日常―確率・条件・仮説って? (ストーリーでわかる心理統計)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする