幸せになる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えII

  • 2697人登録
  • 4.09評価
    • (322)
    • (321)
    • (152)
    • (35)
    • (7)
  • 279レビュー
masayahayashiさん  未設定  読み終わった 

本の中で、「相手のために」の裏に「自分の支配下に置いておきたい」気持ちがあるケースがあり、それは良くない、というような指摘がありますが、それは、上下関係の人間関係を否定し、フラットな関係を推奨するという考え方がベースにあるのだと思います。

なぜ上下関係の人間関係を否定するのかというと、それは、アドラーの生きた時代を踏まえて考えると、戦争につながる社会を産むから、ということなのかなと思われます。

ただし、現実としては、人間の歴史は戦争の連続で、戦争がなくなる気配はまだまだないので、この前提は、理想主義的、とも思います。

レビュー投稿日
2017年4月11日
読了日
2017年4月11日
本棚登録日
2017年4月11日
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『幸せになる勇気―――自己啓発の源流「アド...』のレビューをもっとみる

『幸せになる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えII』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする