対話する力―ファシリテーター23の問い

  • 136人登録
  • 3.68評価
    • (6)
    • (11)
    • (7)
    • (4)
    • (0)
  • 10レビュー
masueさん  未設定  読み終わった 

色んな面で、バランスの取れた本だな、と思った。
ファシリテーターという立場でありつつも、自らも参加者となって体験しながら場をつくっていく中野さんと、あくまで参加者とは違う立場で常に全体を見守ることを大事にする堀さん。
中身についても、具体例もありつつ、まとめもきちんとされている。
ファシリテーターの役割としても、全体の場をしっかりホールドしつつ、コントロールしすぎることなく時には参加者に場を委ねる。ある程度の落としどころは持ちつつ、それとは違う方向に行っても、参加者の納得感が得られるものであればそれをちゃんと尊重する。
他人ごとにはなりすぎず、かといって当事者として入り込みすぎない。
そういう、何につけてもバランス感覚が優れているかどうか、がファシリテーターとして大事なことなのかなぁ、ということを感じた。

レビュー投稿日
2017年3月20日
読了日
2017年3月20日
本棚登録日
2013年7月9日
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『対話する力―ファシリテーター23の問い』のレビューをもっとみる

『対話する力―ファシリテーター23の問い』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

堀公俊の作品一覧

堀公俊の作品ランキング・新刊情報

ツイートする