HOLACRACY 役職をなくし生産性を上げるまったく新しい組織マネジメント

  • 48人登録
  • 3.53評価
    • (4)
    • (3)
    • (6)
    • (1)
    • (1)
  • 3レビュー
制作 : 瀧下 哉代 
masueさん  未設定  読み終わった 

ホラクラシーとは、
・「ゲームのルール」を明示し、権限を再分配する憲法
・組織を構築し、人々の役割と権限の及ぶ範囲を想定する新しい方法
・それらの役割と権限をアップデートするためのユニークな意思決定プロセス
・チームを常に最新の情報に同期化し、一緒に仕事をやり遂げるためのミーティング・プロセス
という要素を持つという。(本文より)

これだけでは「???」という感じだけど、すごく分かりやすい比喩として「人体のような組織」というのがあった。つまり、身体全体に分散した、自律性の、自己組織化した器官のネットワークにより、効率よくきちんと成果を上げながら機能する、ということ。いちいち、脳あるいはトップとなる器官が「呼吸をせよ」「食べ物を消化せよ」といった命令を各器官に下さなくても、それぞれ必要な仕事をしてくれる、そんな組織が、ホラクラシーが実現したいシステムだ。

本文の要旨からは少しそれるけれど、もうひとつ分かりやすい比喩があった。
ホラクラシーは組織全体のプロセスをガラッと変えるもの、いわば全く新しいOSなので、いきなりこれを導入するのはかなりハードルが高い。そこで「一部だけ導入する方法はないか?」という質問がよく挙がるそうなのだが、それに対する回答として「6歳のサッカーを始めたばかりの子どもも、プロのサッカー選手も、サッカーのレベルは違うが同じルールでプレーする。初心者だからルールを一部だけ導入するということはない。どんなにぎこちなくても、最初から全てのルールに従ってプレーしていくうちに、少しずつ自然に身についてくるものだ」というものがあり、これはとてもわかりやすいなと思った。

ホラクラシーそのものについては、割と自分の組織ではそれに近いものが行われているようにも感じた。トップダウンではないし、指示命令系統も特に決められたものはない。それぞれが自分のプロジェクトを自分の責任でまわし、それに対して上から力がかかるというようなこともない。ただ、役割と権限が不明確になっていることも多く、多くのスタッフが「ひずみ」を感知しているのではないかと思う。一部の導入は無理だと書いてある一方で、導入する権限がそもそも全くない人にも諦めないでもらうためのポイントも書いてあったので、考え方として導入していける部分はありそうだ。

レビュー投稿日
2017年5月21日
読了日
2017年5月21日
本棚登録日
2017年5月6日
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『HOLACRACY 役職をなくし生産性を...』のレビューをもっとみる

『HOLACRACY 役職をなくし生産性を上げるまったく新しい組織マネジメント』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする