新しい分かり方

  • 698人登録
  • 4.18評価
    • (18)
    • (24)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 29レビュー
著者 : 佐藤雅彦
michy110さん 読書・勉強   未設定

あとがきのあと「新しい分かり方」 佐藤雅彦氏 認知の仕組み考えさせる
2017/10/28付日本経済新聞 朝刊
 「人間なら誰でも楽しめるものを作りたいと思ってきた。この本もそういう本」。本書には60個超の「作品」と解説ふうの随筆が収められている。シンプルな写真や挿絵、図で構成された作品を鑑賞することで、私たちが現実をどのように認知しているかを考えさせる仕掛けになっている。
 たとえば「指の下」という作品。枠の中に散らばって印刷された1から5までの数字を順に読んでみる。次に1、2、3、5のみが印刷された枠内の空いた場所に人さし指を置いて数字を読むと、指の下に4があるような気がする。
 「4がないのは自分が指で隠しているからだと考えてしまう。私たちは抗(あらが)い難くそう認知するんです。この実験で『たしかにそうだ』と実感してほしい。それは自分を知るということ」。本書を読んだ後は、周りの世界の見え方が少し変わるだろう。
 大ヒットした童謡「だんご3兄弟」、幼児向け番組「ピタゴラスイッチ」などの話題作を手がけてきたクリエイティブディレクターは「『分かる』とはどういうことか考えるのは生涯のテーマ」と話す。
 「何かが分かると、それまでとは違う自分になる。前の自分を包含しつつ、自分が拡大します。人は『分かった!』と実感するとうれしくなりますが、それは『生きててよかった』といううれしさです。分かることは、よりよく生きること。そして私の生きがいは、そんな誰かの『分かった!』という瞬間を生み出すことなんです」
 メディアが多様化し、「新しい『分かる』体験が広がっている」と指摘する。だが今回は本という伝統的な形式。「『指の下』は4が存在しないことを自分で確信できないと意味がない。タブレットだと『見えないところで機械が何かやってるんじゃないか』と思う。電子媒体と比べれば、本は何もできない。でも、その『何もできなさ』ゆえに人間を裏切らないという点が優れているんです」(中央公論新社・1900円)

 (さとう・まさひこ)54年静岡県生まれ。東大教育卒。電通のCMプランナーを経て、現在は東京芸大教授。著書に『考えの整頓』『プチ哲学』など。

レビュー投稿日
2017年10月28日
本棚登録日
2017年10月28日
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『新しい分かり方』のレビューをもっとみる

いいね!してくれた人

ツイートする