日本会議の研究 (扶桑社新書)

  • 812人登録
  • 3.87評価
    • (61)
    • (89)
    • (53)
    • (14)
    • (3)
  • 109レビュー
著者 : 菅野完
mimizuku0125さん ノンフィクション   読み終わった 

民主主義を信望しない「一群の人々」の、愚直で地道な民主的な市民運動により、改憲ならぬ「反憲」が進んでいる。
「一群の人々」は正体を隠して活動している。
もともと党内基盤の弱い安倍晋三は彼らに目を付けられ、取り込まれてしまった。
70年代の「成長の家学生運動」の同志→①椛島有三Gr「日本青年会議」→日本会議→議員懇談会②伊藤哲夫Gr「日本政策研究センター」③教団Gr「谷口雅春先生を学ぶ会」(稲田も参加)

レビュー投稿日
2016年10月30日
読了日
2016年10月22日
本棚登録日
2016年10月30日
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『日本会議の研究 (扶桑社新書)』のレビューをもっとみる

『日本会議の研究 (扶桑社新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『日本会議の研究 (扶桑社新書)』にmimizuku0125さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする