それほど長くもなく、読みやすい。
主人公は画家、ゴーギャンをモデルとしている。
株式仲買人という堅い職業を突然辞めて画家になり、窮乏から流れてタヒチにたどり着く。

「6ペンスより月を選んだ人生で彼は幸せだったのだ」とまとめれば簡単だが、話はそう単純ではない。画業を選んだストリックランドが幸せだったとは小説からは伝わってこない。ただ、その選択には人間の業とでも言ったらいいのか、芸術を選ぶしかできなかった、本能が強く芸術に取り憑かれた男の像が浮かび上がる。

語り手は、最初に夫人のサロンに出入りしていた頃と途中からとではどうも性格の一貫性に欠けている。ストリックランドも同じで、結局のところ彼が自分の人生をどう捉えていたのかは文章では語られない。★評価はこの点による。

2016年1月5日

読書状況 読み終わった [2016年1月5日]
カテゴリ 海外

読書状況 読み終わった [2015年7月7日]
読書状況 読み終わった [2015年6月12日]
読書状況 読み終わった [2015年6月12日]

読書状況 読み終わった [2015年6月12日]

読書状況 読み終わった [2016年1月5日]

読書状況 読み終わった [2014年9月1日]
カテゴリ 実用
タグ

図書館でふと手に取りぱらぱらとめくってみたら面白くて思わず借りてしまった。700頁もあるうえに章によっては読みにくい箇所もあり借りたとはいえしばしば手に取る気にはならなかったが、一度読み出すと夢中になる魅力がある。
中上という人は小説だけ読んでいると「肉体」の人というイメージが強くなるのだが、こういうものを読むとまさに「頭」の人であり、本能というより知力で小説を構築した作家なのだなと思い知らされる。

2014年8月18日

読書状況 読み終わった [2014年8月18日]

読書状況 読み終わった [2014年7月10日]
カテゴリ 海外
タグ

読書状況 読み終わった [2014年6月30日]
カテゴリ 海外
タグ

読書状況 読み終わった [2014年6月20日]
カテゴリ 海外
タグ

読書状況 読み終わった [2014年6月10日]
カテゴリ 海外

読書状況 読み終わった [2014年9月1日]

読書状況 読み終わった [2014年5月26日]
カテゴリ 一般小説

読書状況 読み終わった [2014年4月22日]
カテゴリ 一般小説

読書状況 読み終わった [2014年4月22日]
カテゴリ 一般小説

なぜか私の頭の中では途中からカンバーバッチさん主演で映像化され、どうにもこうにもそれを払拭できませんでした。

詳細に描写されているのにどこかぼやけていて、結局自分が見たものか現実だったのか幻だったのか分からなくなるのは他のイシグロ作品とおなじ。(ってフィクションですけど)

2014年3月20日

読書状況 読み終わった [2014年3月20日]
カテゴリ 海外

読書状況 読み終わった [2014年6月26日]

戦争が終わった後の日本の気分を、当事者としての主観と旧世代からの外部の目としての客観との両方から見つめる視点。それはVisitorとして日本を訪れ目撃した作者だから得ることが出来たものなのではないだろうか。
解説で、日本の映画は小津が好きとあって、納得。

2014年2月28日

読書状況 読み終わった [2014年2月28日]
カテゴリ 海外
ツイートする