シュナの旅 (アニメージュ文庫 (B‐001))

  • 2493人登録
  • 4.00評価
    • (442)
    • (325)
    • (414)
    • (12)
    • (1)
  • 347レビュー
著者 : 宮崎駿
motoさん  未設定  読み終わった 

穀物。何よりも重要。生の象徴というよりは、生そのもの。私たちの中核であり、構成するすべて。そして現代人はそれを知らない。宮崎さんはまだその少し前の人類の心を知る人なのか、知ろうと努めたのか、それとも戦争と貧困の体験に、穀物の伝説との親和性があるのか。いや、自分の親世代には実感をもって伝わるレベルの伝説なのか。
石原慎太郎が言っていたが、今の若者は不幸だ。貧困を知らない。
こう一概に暴力的に定義づけられると腹が立つが、この作品を読むとこの作品の美しさをきっと心から理解できないのは寂しい。
穀物の伝播の伝説は良いですよね。日本や沖縄では米の伝説がマレビトから。やっぱり島国では海の向こうからやってきたり。このチベット系でも断絶した崖の先の海の先に神の国があるんですね。農民の純粋な感謝と憧憬がどうにも愛おしい。

レビュー投稿日
2014年9月1日
読了日
2014年9月1日
本棚登録日
2014年9月1日
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『シュナの旅 (アニメージュ文庫 (B‐0...』のレビューをもっとみる

『シュナの旅 (アニメージュ文庫 (B‐001))』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする