生物多様性 - 「私」から考える進化・遺伝・生態系 (中公新書)

  • 112人登録
  • 3.73評価
    • (4)
    • (13)
    • (7)
    • (2)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 本川達雄
neutralerstadtさん  未設定  読み終わった 

序盤から中盤までは生物多様性の底力というのか、どのようにして多様になっていったのかを解説していて、特に熱帯地方の陸と珊瑚礁の海を具体的に述べていて、それはそれで興味深いものがありましたけど、僕が知りたかったのはそこではなくて、『なぜ多様性を守らなければならないのか?』という疑問に対して、生物学者である著者がどんな回答をするのかが気になって本書を読み始めたので、まぁ終盤ではそれがちゃんと書いてあったので良かったです。
著者曰く、『今ある生物種は全部必要かと言われれば疑問が残る。しかし、生物多様性は現代科学ではまだまだ解明できていない部分も多いし、不要な種もあるかもだけれど、それらを排除したらどんな影響が出るのかの見通しが立たない』とのことで、とりあえずは多様性を守りましょう、ということでした。
更に、『自分には関係ない生物を守ろうと言われてもピンと来ない。けど、人間も様々な形でたくさんの生物と関わり合って生きていることを実感し、生物を守ることは自分を守ることと同じであると気付けば、その大切さが分かるのではないか』と締め括っています。僕も基本的には著者の意見に賛成ですが、たくさんの生物を眺めてきた著者だからこそ言える境地というか、言葉の重みや説得力が全然違いますね。
僕の評価はA-にします。

レビュー投稿日
2017年11月15日
読了日
2017年11月12日
本棚登録日
2017年11月15日
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『生物多様性 - 「私」から考える進化・遺...』のレビューをもっとみる

『生物多様性 - 「私」から考える進化・遺伝・生態系 (中公新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする