幽霊名画集―全生庵蔵・三遊亭円朝コレクション (ちくま学芸文庫)

  • 55人登録
  • 3.61評価
    • (2)
    • (7)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
制作 : 辻 惟雄 
osakanabanashiさん 小説・その他読み物   読み終わった 

新聞の書評欄で発見し,即購入.
三遊亭円朝の幽霊画コレクションのグラビアも良かったが,個人的には『幽霊画の足はいつから/なぜなくなったのか?』などの幽霊に関する諸考察が興味深かった.
『円山応挙起源説が有名だが,実はそれよりも前から足のない幽霊画は存在し,応挙が有名だったから日の目を見た』『反魂香や雲を伴って現れるからでは』というような展開になっていた.
全頁がグラビアと同じ紙質なので少々高い.
まあ確かに同じ紙の方がページをめくりやすいのだけれど.

※<a href="http://osakanabanashi.seesaa.net/article/105301291.html" target="_blank">当方ブログの蔵書目録コーナー</a>には,ブクログに登録できない古書・洋書・珍書リンクなどもありますので,もし魚本倉庫に興味をお持ちの方は,<a href="http://osakanabanashi.seesaa.net/article/105301291.html" target="_blank">こちら</a>も併せて御覧ください.

レビュー投稿日
2008年8月27日
読了日
2008年8月27日
本棚登録日
2008年8月27日
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『幽霊名画集―全生庵蔵・三遊亭円朝コレクシ...』のレビューをもっとみる

『幽霊名画集―全生庵蔵・三遊亭円朝コレクション (ちくま学芸文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする