水族館の不思議な生き物

  • 16人登録
  • 3.14評価
    • (1)
    • (0)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 中村元
osakanabanashiさん 飼育・水族館関係   読み終わった 

今まで読んできた水族館モノの本は、飼育奮闘記的な本が多い気がする。
そんな中で異彩を放っているのが本書と『全国水族館ガイド』である。
両方とも著者は同じなのだが、今回は『水族館の不思議な生き物』を。
この本の便利なところは、なんと言っても動物/魚別に水族館を紹介していること。
『この水族館には○○がいてウンヌンカンヌン…』ではないのだ。

著者は鳥羽水族館のアシカトレーナー/新鳥羽水族館プロデューサー/鳥羽水族館副館長等々の様々な経歴を持ち、現在も水族館関係のアドバイザーなどの役職を持っている。
そんな水族館ベッタリの人が取材し、1500以上の写真の大半にコメントを添えている。
読んでいるうちに水族館へ行きたくなってくるのだ。

全ページフルカラーなのも非常にお買い得感を高めてくれる。
掲載生物は約500種、魚だけでなく両生類・爬虫類・鳥類・哺乳類と多岐にわたっているので、掲載量に物足りなさを感じるかもしれない。
しかしそれは野暮ってもの。
行って・見て・さらに新発見してっていう楽しみがあるのだ。
僕はこれくらいがちょうどいいバランスだと思うのだが。
『本に掲載されていた』動物しか見ないんじゃあ、仁和寺の法師になっちゃうぜい。

※<a href="http://osakanabanashi.seesaa.net/article/105301291.html" target="_blank">当方ブログの蔵書目録コーナー</a>には,ブクログに登録できない古書・洋書・珍書リンクなどもありますので,もし魚本倉庫に興味をお持ちの方は,<a href="http://osakanabanashi.seesaa.net/article/105301291.html" target="_blank">こちら</a>も併せて御覧ください.

レビュー投稿日
2008年8月26日
読了日
2008年8月26日
本棚登録日
2008年8月26日
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『水族館の不思議な生き物』のレビューをもっとみる

『水族館の不思議な生き物』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする