ハンドメイドルアーの世界 2 (エイムック 104)

  • 5人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
osakanabanashiさん 釣り   読み終わった 

前作<A href="http://booklog.jp/users/osakanabanashi/archives/4870991160" target=_blank>『ハンドメイドルアーの世界』</A>から約一年の歳月を経て発表。
今回は毛色を変え、ルアーの紹介をそこそこに、いくつかのブランドのルアーを一種類だけ製作過程を紹介するという、なかなか思い切った企画をやってのけた。
とはいえ、基本的な工程はリアル系と水面系の2種類をおさえておけば、そうそう変わるわけではなく、ページ毎の新鮮さを感じろといわれてもなかなか難しい。
しかし、この書籍は他のルアー製作法書籍に負けないネタがある。
それがガウディの製作法。
ガウディのルアーは知る人ぞ知る水面系ルアーだが、その独特の形(ウェブ上にあるから自分で調べてね)ゆえ、製作法はずっと気になっていた。
それがとうとうベールを脱いだのである。
あとはマロルアーの写真とエピソードが数点掲載されていたのも個人的には嬉しかった。
相変わらずアーキテクトの首藤氏のルアー講座が後半に出ているのは、お約束。

※<a href="http://osakanabanashi.seesaa.net/article/105301291.html" target="_blank">当方ブログの蔵書目録コーナー</a>には,ブクログに登録できない古書・洋書・珍書リンクなどもありますので,もし魚本倉庫に興味をお持ちの方は,<a href="http://osakanabanashi.seesaa.net/article/105301291.html" target="_blank">こちら</a>も併せて御覧ください.

レビュー投稿日
2008年8月27日
読了日
2008年8月27日
本棚登録日
2008年8月27日
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ハンドメイドルアーの世界 2 (エイムッ...』のレビューをもっとみる

『ハンドメイドルアーの世界 2 (エイムック 104)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする