生き物屋図鑑

  • 44人登録
  • 3.90評価
    • (8)
    • (3)
    • (8)
    • (1)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 盛口満
osakanabanashiさん 雑学本   読み終わった 

ゲッチョ先生こと盛口氏のヒト本。
図鑑とあるが、掲載生物(?)は著者の周辺人物で、各人の専門分野や日常生活などを紹介している。
特に後者の方に重きが置かれており、平たく言えば友人の他己紹介本か。
はっきり言って、赤の他人が虫を追っかけて何かしでかしたとか、そういう話を金を払ってまで読んでも仕方がないのではと思うのが『○○屋』に無縁の人の感想ではなかろうか?
言わんとすることは分からんでもないが、とりあえず手に取ってみるのが良いと思う。
この本のレビューに辿り着いた人ならきっと身近に似たような人がいるのではないだろうか。
それにしても、生物系の仕事に関わっている人は同業で他の専門分野に属している人のことを『○○屋の人』とか『○○畑の人』という表現を使うことが多い気がする。
なぜだろう…?

※<a href="http://osakanabanashi.seesaa.net/article/105301291.html" target="_blank">当方ブログの蔵書目録コーナー</a>には,ブクログに登録できない古書・洋書・珍書リンクなどもありますので,もし魚本倉庫に興味をお持ちの方は,<a href="http://osakanabanashi.seesaa.net/article/105301291.html" target="_blank">こちら</a>も併せて御覧ください.

レビュー投稿日
2008年9月1日
読了日
2008年9月1日
本棚登録日
2008年9月1日
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『生き物屋図鑑』のレビューをもっとみる

『生き物屋図鑑』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする