ダンジョン飯 5巻 (ハルタコミックス)

  • 592人登録
  • 4.25評価
    • (47)
    • (66)
    • (11)
    • (1)
    • (1)
  • 43レビュー
著者 : 九井諒子
palebluedotさん コミック   読み終わった 

「ドライアドはキスで受粉するんだ」

待望の第5巻。
一発屋の出オチではない確かな安心感。面白い。
145ページのマルシルが可愛い。
初めは箱庭世界だったのに、4巻からこっち少しずつ世界の広がりが見えてきてさらに面白くなってきました。
狭い舞台でのお話のほうが凝縮されて楽しそうだけど、この世界設定をもっと読みたい気持ちもある。

以下ネタバレ




全く先が見えない展開でワクワクしてきた。
ファリンがアレに戻ってしまって、この先どうやって再び救助すればいいのか。
地上に帰ったところで再度探索に戻る資金等々どうするのか。
そもそも今度はどこを探せばいいのか。
見つかったところでまた黒魔術使うのか。
もう狂乱の魔術師と和解したうえで人間にしてもらう以外にないのでは。

あとは、ドラゴンファリンが地上に出てきて大騒ぎ→なんとかなる、くらいかなあ。

当初はへっぽこ冒険者パーティに見えていたライオス一行が、実はそれなりの実力者だったというのが他のキャラクター視点から明らかになるの好き。
トシローが訛ってシュローになるのも好き。

レビュー投稿日
2017年8月12日
読了日
2017年8月12日
本棚登録日
2017年8月12日
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ダンジョン飯 5巻 (ハルタコミックス)』のレビューをもっとみる

『ダンジョン飯 5巻 (ハルタコミックス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする