表紙にジャスミンが!(帯に隠れていた) 軽快かつ優しい日本語で読める幸せを噛み締めながら今巻もとても楽しく読了。タングに加えて読書家(しかも紙本)ジャスミンが愛しい。ボリンジャーはこの愛しきロボット達の製作者なのだから悪人ではないのではと希望的観測してたんだけどな。ボニーとジャスミンのブライズメイド♡最高だね。「ベン、大好き」「僕も大好きだよ、タング」またみんなに会いたい。

2017年11月21日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2017年11月21日]
カテゴリ 心に残る小説

表紙カッコ良い(天君可愛い)「TRIGGER」アイドリッシュセブン巻頭特集+チケットホルダー(トリガーの方はセクスィー)2枚セット、B2サイズポスター(裏面カードキャプターさくら)。

2017年11月21日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2017年11月21日]
カテゴリ 雑誌

2016年。もっと早く読めば良かった。好み。人間より獣人の方が上手い(失礼)獣人ルアード×人間Ωカイの純愛(魂の番)。ジュダ×ダートの方も気になる。カイの幼少期の顔と時々後頭部が小さくなるのが惜しい。次も買う。

2017年11月21日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2017年11月21日]
カテゴリ 好きなBL

2016年。攻めの闇をおバカな受けの光で包み込む的なカプの軸がありそれは好みなんだけど、徹底したシリアスを回避したのか受けの言動が年の割に軽すぎて攻めの変態値高過ぎてコミカルとシリアスのバランスが難しいなと同情しつつ読了。惜しい。

2017年11月21日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2017年11月21日]
カテゴリ BL

2016年。冬貴推し。完結サイン本♡ 男娼だろがモブ姦だろが国貴も和貴も「感じる」ことで意識を飛ばしているので容赦ない陵辱への痛みが麻痺するというか和らぐ。冬貴もやっと地上人に(違)。伏見と冬貴が寄り添う後ろ姿!のラスト絵に涙が溢れた。後ろ姿、あえて後ろ姿だから良い!

2017年11月21日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2017年11月21日]
カテゴリ 好きなBL

2016年。清澗寺シリーズ。冬貴推し。年齢不詳の淫魔のような美しい一族の確固たる世界観へ容易く誘われる。国貴、和貴それぞれのカプの話が「こんなところで!」続く★なんと言っても円陣闇丸さん絵

2017年11月21日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2017年11月21日]
カテゴリ BL

試験の前に攻めに受けのピンチを伝えた友人グッジョブ

2017年11月21日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2017年11月21日]
カテゴリ BL

惚れた腫れただけではない複雑な人間模様が上手い。美温の元カレカッコ良い!と思ったらうわ、そうなるか。そして最後にまんまと綺麗に泣かされた。やはりこの主人公が何故モテるのかわからないけども。

2017年11月21日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2017年11月21日]
カテゴリ コミック

若が雅七を庇って前に立ちふさがった時、雅七が「女じゃないのに」と思ったところにグッときた。

2017年11月21日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2017年11月21日]
カテゴリ BL

カバーに大きく「久我有加+カワイチハル」とあるのが新鮮。リーマンものではなく時代ものだったのも驚き。絵師さんの相乗効果もあり、英介ははんなり関西弁(一人称はワシ)の包容力ある攻め、美馬君は芯の通った美人受けでサクっと読了

ネタバレ
読書状況 積読

2016年初刷13版。酒井駒子さん表紙♡タングはまるで人間の子どもの様に喜怒哀楽を表す。これは只者ではない(多分高度なAI)と読み手は期待しつつ、バツイチで金持ちだがヘタレ(でもきっとハンサム)なベンがタングを救うべく製作者を探す旅(日本にも!)を続けるのに目が離せなくなる。ベンの必死の子育て(の様なもの)と2人の成長、絆に徐々に共感し、ベンを「大好きな」タングをどんどん愛しく思うようになる。タングがベンの「特別な」エイミーのことも大切に想い寄り添うクライマックスに涙。

2017年11月17日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2017年11月17日]
カテゴリ 心に残る小説

可愛かった龍の子。タキタも頑張った。ミカの憂い顔と見つけた時の表情にヨロめいた。成長した龍はタキタのこと覚えてるといいな。そして人間に捕まらないくらい賢く強くなっていればいい。

2017年11月17日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2017年11月17日]

緊迫の準決勝。主人公3人とも勝ち残ってるしクライマックスの気配に息を止めて(勿体無くも)読むスピードが上がる。しかしそれぞれの対戦相手もこれまでの人生掘り下げられているしで先が全く読めない。才能と気力と体力と…姑息な手までも容赦なく襲ってくる。誰のために戦かうのか。究極の問いだな。一抜けは新。

ネタバレ
読書状況 積読

なかなかに大団円。空港で律が1人ひとりに向き合いハグ。泣けてくるな。律ママになりたいよ(こら)。律が夕子さんと復活するのも良い流れだったし、最後の夕子さんの雄叫びも微笑ましい。みんなそれぞれの明日に向かって行くラスト。お疲れ様でした。

2017年11月17日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2017年11月17日]

購入した最終巻を読メ登録した際、この巻未読に気付いたので電子。ルカ(と律)ママの変わりようが凄い。もともと不器用で愛情深い女性だったんだね。そして衝撃の父親!大人の事情ってやつ?似てるのは顔だけだね。ルカの決意のがよほど大人だよ。表紙見て驚いた律のおじさん化だけど、中は大丈夫。充分ときめいた♡

2017年11月17日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2017年11月17日]

短編集。朝井さん、越谷さん、坂木さん以外は初読作家さん。どの短編も味わい深く、他の作品も読んでみたいと思う。好き作家さん開拓に有効な一冊だった。

読書状況 積読

これは懐かしい!と思ったほど大好きな月村さんだ〜♡でも朝チュンじゃないな〜(笑)幼馴染みもの。才色兼備な征矢(攻)から大切に大切に想われ尽くされ執着されるクール美人の理玖視点。書下ろしも同カプで良かった。カミングアウトした時の征矢の父親の言葉に感動(自分の子をよく見てるなと)★竹美家ららさん絵◎特に中扉の征矢が理玖を後ろから囲ってピースサインで写真撮る絵に悶える★書下ろしペーパーは征矢視点。需要と供給ねぇ。いよいよなお花畑でりっくんを壊さないようにお願い。

2017年11月12日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2017年11月12日]
カテゴリ 好きなBL

とても面白かった!軽快ラブコメ。モフ攻め野分(送り犬という妖怪)が陽向に執着し探し当てての再会愛。まではよくある話だけど(出会い時の野分の切なさも加点)、陽向が超のつく犬マニアで相手が犬なら「可愛い♡♡♡」と万事警戒心を解いてしまうのが新鮮。大きな親方犬を見て「犬種名(規格外)」と言うのに笑。野分がブレずに陽向にゾッコンなのも良い。陽向も待望の2人の仔犬を是非見たい。続編かスピンを希望★石田要さん絵◎特に9頁の犬型野分が背景含め素晴らしい★協力店ペーパーが…なんと!「家族ができました!」ひゃ〜そこで終わるのか⁉︎これは是非→絶対、続編を。

2017年11月12日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2017年11月12日]
カテゴリ 好きなBL

スピン元未読。ファンタジーとは思わなんだ。酒の精たちいずれも美形。作家さんお酒好きなのかな。酒種の数だけキャラが増えていったりして。

2017年11月12日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2017年11月12日]
カテゴリ BL

帯の「三浦しをん書きおろしあとがき収録!」にウキウキしながら読み始め、そのあとがきの通り「胸打たれ、涙で視界が曇った」の連発でした。これは原作を読んだ時もだけど、雲田さんが一コマひとコマに込める想像力は別次元で凄い。更に言えば実写映画とも異なる感動に震えます。素晴らしい。

2017年11月12日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2017年11月12日]
カテゴリ 涙したコミック

表紙に気合を感じる。スピード感ある作画とダークな設定、「聖獣」と「聖牧童シュラとクリシュターナ」、聖なる島の秘密。駄犬が2人の運命を変えるのか。ワクワク。

2017年11月12日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2017年11月12日]
カテゴリ 好きなコミック

ケモミミ子育ては好きなんだよなぁということで試し読みでタマちゃん(環)を見て即買い。猫又が普通に共存する世界。失恋したゲイが拾った美猫が成長して美青年攻めになるという。楽しくエロくて可愛い。好き。

2017年11月12日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2017年11月12日]
カテゴリ 好きなBL

大型ワンコ年下攻め美味し過ぎ。アラフォー晋ちゃんも愉快で豪快な良い大人だ。「晋・ゴジラ」に笑。

2017年11月12日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2017年11月12日]
カテゴリ BL

スティーブンスの丁寧な言葉で綴られる英国貴族の執事という仕事。家族や恋愛、自思も封印して「執事」を全うした彼を巻き込む社会の流れ。光さすラストで良かった★日本人である自分には到底脳内に浮かぶ情景に限界があるということで映画DVDも購入。貴族の暮らしが目の保養。多少話の前後に違いがあるけど20年後のミス・ケントンとの再会と更なる別れに涙してしまった。

2017年11月12日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2017年11月12日]
カテゴリ 心に残る小説

デビュー作「他人同士」から15年!おめでとうございます。イベントやフェア本、同人誌などでラブとお仕事に邁進していた4人を見られて楽しかった。ノンケ暁×元タチ諒一カプ、好きだな。書下ろしあり。「…おまえら、なりたい大人になれたか」む〜…31才でそれ言うか、諒一。でも10年ごとに自問するのもいいかもね。

2017年11月12日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2017年11月12日]
カテゴリ 好きなBL
ツイートする