本当にオールスターでびっくりしてしまった。
ヴィルを取り戻してくれたのは私の大好きだった親友くんで、出てきてくれたときは涙がでそうになった。

ちゃんとリリアにもヴィルのことが伝わってよかった!これで終ってしまうのは悲しい。まだトレイズの「約束」の話も決着がついてないし、メグセロの行く末もみたいなあ。

2017年1月24日

読書状況 読み終わった [2017年1月24日]
カテゴリ 本:買ったもの

新聞部、特にセロンとトレイズの絡みが出てきて嬉しかった。でもそれをさらりと見破るトレイズもトレイズだし、一般の学生になるのは難しいってところが相変わらずの王子っぷりというか、なんというか…。

ヴィルが2回死んでしまうなんて、ショック過ぎて立ち直れないと思ったけど、今回もアリソンは強かった。この強さにヴィルはずっと救われてきたんじゃないかなあと。

2017年1月24日

読書状況 読み終わった [2017年1月24日]
カテゴリ 本:買ったもの

江戸川乱歩の知識があったらもっと楽しめるのにな~~と!本をネタにした本は大好きなんだけど、原作を読もうとしないのは情けない!頼むから「少年探偵団」とか「怪人二十面相」とかは読みたい!どなたかご一緒しませんか。(笑)

タイトルの「二つの顔」には色々な意味が含まれているなあと思いました。鹿山明さんしかり、智恵子さんしかり、井上さんしかり。

みんな好きな人には甘いのね。その形が不器用だったとしても、いつか報われてほしいな、と思いますが、今回はみんな報われている気がします。

大輔くんはよく押した!いつまでももだもだするような関係でいてほしいのが読者としての感想だけど、大輔くんの奮闘も応援したくなってしまいます(*´ω`)

2017年1月23日

読書状況 読み終わった [2017年1月23日]
カテゴリ 本:買ったもの

神保町の古本まつりで見つけて。糸井重里さんが聞き手というのに興味を持ったので。

吉本隆明さんは吉本ばななさんの父親にあたるということを読んで初めて知った。宗教家ではなく、詩人であり評論家である立場から「悪人正機」とはどういうことかを語っていた。世の中を見据えた人生の先生のような語り口で、言葉がすんなりとのどを通って行った。

「友だち」とは何かの例に親鸞を持ってきたことに糸井さんも驚いていたが、私自身も驚いている。この人はちゃんと物書きの目で宗教を見ている。
だから、「『信じること』と『科学的に明瞭なこと』をつなげたい」という吉本さんの書き残したものをもっと追っていきたいと思った。まずは『最後の親鸞』から追っていきたいと思う。

親鸞学徒であるひとが「お経なんて本当はいらないんだよ」と言う度に「今言うことじゃないだろ」と腹が立っていたが、ようやくその背景が分かった。「人間なんか助けおおせるもんじゃない」んだよね。だから修行もお経も何にもいらないんだよね。
私はそういう宗教の「深さ」をもっと知りたい。

2016年11月11日

読書状況 読み終わった [2016年11月11日]
カテゴリ 本:買ったもの
読書状況 読み終わった [2016年9月22日]
カテゴリ 本:買ったもの
読書状況 読み終わった [2016年9月21日]
読書状況 読み終わった [2016年9月17日]
カテゴリ 本:買ったもの
読書状況 読み終わった [2016年9月15日]
カテゴリ 本:買ったもの
読書状況 読み終わった [2016年9月15日]
カテゴリ 本:買ったもの

映像の原作、ではなく、ノベライズだということを自分の中で強調しておきたい。

映像だと簡単に嫌いになれた伊藤先生や翔子や孝雄の母親のことも、本で描かれることで愛着を持ってしまった。それぞれがそれぞれの事情を抱え、誰もが愛おしくて嫌いになれない。特にお母さんの怜美。立派に母親やってる、でもやはり若い女の部分は捨てきれずに孝雄の恋相手の年齢を見抜くところがかっこいい。

君の名は。のネタがちょくちょくここから来ていることに感動。

2016年9月13日

読書状況 読み終わった [2016年9月13日]
カテゴリ 本:買ったもの
読書状況 読み終わった [2016年9月10日]
カテゴリ 本:借りたもの
読書状況 読み終わった [2016年9月1日]
カテゴリ 本:図書館
読書状況 読み終わった [2016年9月1日]
カテゴリ 本:図書館
読書状況 読み終わった [2016年9月1日]
カテゴリ 本:図書館

藤堂さんがとても好きになった巻!
れいちゃんのお仕事を川本一家はようやくしっかりみることになるんだね、12巻にして。

2016年10月9日

読書状況 読み終わった [2016年10月9日]
カテゴリ 漫画
読書状況 読み終わった [2016年9月1日]
カテゴリ 漫画
ツイートする