大奥 第5巻 (ジェッツコミックス)

  • 2474人登録
  • 4.22評価
    • (332)
    • (281)
    • (143)
    • (6)
    • (2)
  • 145レビュー
satoshiqauiさん 日本史_13江戸時代   読み終わった 

シリーズ第五巻の本書では、五代(女)将軍・徳川綱吉が君臨する元禄時代という設定。前巻のラストで大奥総取締の座に就いた右衛門佐(えもんのすけ)の活躍、愛する我が子を失った綱吉の惑乱と狂気、赤穂浪士の討ち入り(別バージョン)の話がメインとなっています。

有功(永光院)と玉栄(桂昌院)の再会のくだり。「どうかどうかわしを叱って下され」と永光院にすがる桂昌院。権力を持った桂昌院が玉栄に戻った一瞬。まだ家光がいた頃の若い二人を思い出した。エピソードの最後、一コマなのだが小雪がちらつくシーンの冬の寒さと静けさで、感動がさらに深まった。

巻の最後にまだ10歳の信(吉宗)が登場。綱吉とのやりとりに吉宗の利発さが見て取れる。

レビュー投稿日
2015年12月28日
読了日
2013年8月8日
本棚登録日
2013年8月8日
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『大奥 第5巻 (ジェッツコミックス)』のレビューをもっとみる

『大奥 第5巻 (ジェッツコミックス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする