ストレイバレットベイベー (Honey Milk Comics)

  • 72人登録
  • 4.33評価
    • (7)
    • (10)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 市川けい
komopyさん 市川けい   読み終わった 

今月3冊も新刊絶賛発売中で、意欲的に創作活動されてる市川センセです。

こちらは講談社から新創刊のBLレーベル、『ハニーミルクコミックス』第一弾からの1冊。デジタルからの単行本化です。全然知らなくてびっくり…
市川センセと言えば、フレッシュでピュアな男の子同士の等身大ラブのイメージがありましたが、今月発売の作品はどちらも既存のイメージをいい感じに突き抜けた感があって、新鮮なワクワク感をもって読めました!

まず、表紙がステキです。気だるげに髪をかき上げる本名がふつくしい…帯のアオリと完全一致。
タイトルは、流れ弾にうっかりぶち当たったような恋のイメージでかわいいです。
社会人同士のラブっていうから、大人ぽいのかな?と思ったら、案外純情で素直じゃなくてキュンキュンきました!
映画宣伝会社に勤める邑上がひそかに憧れていた、美人雑誌編集の本名。彼のギャップがすごくて萌えました。
…個人的に年上ロン毛受にはものすごい細かいこだわりがあって、本名は萌えツボからちょっとズレていたんですが、最終的に大変愛しい受様認定となりましたw
ビジュアルは確かに高嶺の花的クールビューティ―なんだけど、実は…!!ってところがめちゃくちゃ気に入りました。
酔っぱらったり、片付けが苦手だったり、素直じゃなかったり、とにかくあれこれ意表を突いてくる美人さんでw
楽しすぎました。

そんな本名にぶんぶん振り回されまくる邑上!憧れていた分、なんでも大目にみてるよね~
わがまま年上美人のムチャぶりに、なんだかんだ言いながらも最終的にお世話しちゃってる邑上。これはもう愛ですよね。これこそ無償の愛だと思いました!
二人のやりとりもクスッと笑えて面白かったです。

本名が、知れば知るほどかわいくていい年上受でした。ふつうに邑上くんを誘えないところが萌え。邑上くんを振り回しているんだけど、自分はもっとぐるぐるしてる…!
そして、やっぱりとどめは初Hシーンでしょうね。
互いにゲイじゃない男同士の初H…ってことで、ここは興味深い展開ですよね。
エロ的には、アホらしさあふれる流れからの、照れ照れなラブラブで思わずキュンとしちゃいました。そこ、ジャンケン??ってなっちゃうのがニヤつきました。

心情の描き方が細やかで、飽きさせないストーリー作りで、本当に読ませるのが上手い作家さんだと思います。

レビュー投稿日
2017年9月20日
読了日
2017年9月20日
本棚登録日
2017年9月20日
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ストレイバレットベイベー (Honey ...』のレビューをもっとみる

『ストレイバレットベイベー (Honey Milk Comics)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする