未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)

  • 326人登録
  • 3.67評価
    • (5)
    • (17)
    • (7)
    • (3)
    • (1)
  • 17レビュー
著者 : 河合雅司
taguttiさん ビジネス   読み終わった 

<目次>
はじめに
第1部  人口減少カレンダー
第2部  日本を救う10の処方箋
おわりに~未来を担う君たちへ

<内容>
日本の将来の人口減少を、割合ではなく、「実数」で示し、その危険性を未来の年代別に指摘する。例えば、「2018年には国立大学が倒産の危機へ」など。日本がなくなる危険性が高いと著者は指摘する。しかしこの本は、その上で10の処方箋を示し、「小さくても輝く国」造りを指南する。そこでわかるのは、無能な政治家・官僚のすがた。これくらい大胆な改革を示せる人間が日本にいるのか。民間人には難しいだろう(著者は、”人口減少対策会議”という常設諮問機関の設置を提案しているが…)。

レビュー投稿日
2017年6月28日
読了日
2017年6月28日
本棚登録日
2017年6月24日
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『未来の年表 人口減少日本でこれから起きる...』のレビューをもっとみる

『未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする