盲目的な恋と友情

  • 2303人登録
  • 3.45評価
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 364レビュー
著者 : 辻村深月
tiaraさん 辻村深月   読み終わった 

女の恋と友情。
これは小説なので、かなり特異で耽美的で、登場人物も現実離れしていて、偏執的で、盲目的なのだけど。
それでもヒヤリと心を撫でられたような現実的な表現があって、知らぬうちに彼女たちに共感して引き込まれてしまいました。

勿論わざとミスリードするように書いてあるんでしょうけど、二視点からの書き分けはなかなか面白い。
まぁ、ラストの展開より、二人の感情の過程や表に出さない部分が面白いんだけどねー。

盲目的に恋に溺れる美少女、蘭花と、盲目的に親友という関係に執着する地味女、留利絵。
美波ちゃんが一番普通だったね。
物語の中では、蘭花がけっこう好きだなと思う。

レビュー投稿日
2014年8月15日
読了日
2014年8月15日
本棚登録日
2014年8月15日
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『盲目的な恋と友情』のレビューをもっとみる

『盲目的な恋と友情』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『盲目的な恋と友情』にtiaraさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする