たゆたえども沈まず

  • 589人登録
  • 4.21評価
    • (11)
    • (18)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 18レビュー
著者 : 原田マハ
toko-miyaさん  未設定  読み終わった 

原田マハのアートを題材にした物語を読む時、スマホが手放せない。作中に出てくる絵画を検索するからだ。
今回はゴッホ。生きている頃には認められず死後爆発的に認められたこと、自らの耳を切り取ったこと、そして自ら命を絶ったこと。わずかばかりの知識で読み始めたゴッホとその弟テオ、何より近しい場所にいた2人の日本人の存在に引き込まれていた。

『印象派』と名付けられた理由が現在のプラスな認識とは真逆だったのか。『浮世絵』が絵画の歴史に多大な影響を与えたとは聞いていたが天地がひっくり返るほどの衝撃だったのか。こちらの観る意識がまたひとつ変わった。

相手への尊敬が強すぎるからこそ生まれた信頼と、同じぐらいの比重で狂おしく憎んでしまう。寄り添いながら相手の顔を直視出来ず、彼のひとが逸らした瞬間に横顔を見つめるしかないようなもどかしさが美しく、残酷に感じた。

レビュー投稿日
2017年10月30日
読了日
2017年10月30日
本棚登録日
2017年10月30日
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『たゆたえども沈まず』のレビューをもっとみる

『たゆたえども沈まず』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする