ポーの一族 ~春の夢~ (フラワーコミックススペシャル)

  • 201人登録
  • 4.14評価
    • (12)
    • (19)
    • (4)
    • (0)
    • (1)
  • 17レビュー
著者 : 萩尾望都
Sarahさん B.D.de fille   読み終わった 

Alanが少し肥えた様に感じ、
対してEdgarは端正な顔立ちに肉が付いた様に感じました。

そしてこれまではEgdar達ポーの一族を中心に
人とは違う人達の特徴が描かれていたので、
Ruthenia Rubra(赤russi)出身のFarkaの空間を擦り抜ける能力に驚きました。

そしてBlancaとNoahの姉弟の再会が叶わず、悲しかったです。
彼女は生きて近くまで訪ねたのに会えないなんて…。
それでも祖母がVeneziaへ訪れている時に、
祖母と伯父にだけでも会えたらと願わずには居られません。
Jewsだからと、Deutschland出身だからと
Deutschの言葉や歌を封じていた幼年時代を送っても、
成長したNoahがEdgar達と出逢った家で伸び伸びと歌っている姿に安堵しました…。

レビュー投稿日
2017年7月16日
読了日
2017年7月13日
本棚登録日
2017年5月25日
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ポーの一族 ~春の夢~ (フラワーコミッ...』のレビューをもっとみる

『ポーの一族 ~春の夢~ (フラワーコミックススペシャル)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『ポーの一族 ~春の夢~ (フラワーコミックススペシャル)』にSarahさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする