李歐 (講談社文庫)

  • 3434人登録
  • 3.84評価
    • (612)
    • (456)
    • (790)
    • (41)
    • (13)
  • 536レビュー
著者 : 高村薫
yocoさん 日本の小説   読み終わった 

鮮やかな残忍さと透徹を備えた聡明で美しい殺し屋と、幼い頃から虚無感を抱き続けたクールな男の、長く壮大な物語でした。

あまりにも濃い物語と美しい情景に余韻がしばらく消えそうにありません。特に本書の桜の描写は見ものです。なんといって言葉にすればいいのか。

1960年以降の日本が舞台ながら、中国の広大な大地、マニラの山林、シカゴの証券取引所など殺し屋が駆け巡った土地は世界中におよび、スケールの大きさが伺えます。
そして、本書はなんといっても裏社会に魅入られた男が主人公なだけあって、普段私の知る世界とは全くの別物で、夢中で読んでふと現実に戻るとそのギャップに背筋がぞくっとするほどでした。
こんな世界、私は知らない。

随分とハードボイルドな作品で色気もあり、男性二人のやり取りには本当にぞくぞくさせられました。
「運命」と言うと陳腐な感じがしてしまうし、彼ら二人の繋がりは「愛」とも「友情」とも単純に呼べるものではないと思うのだけど、一生に一度の鮮烈な出会いだったんですよね。
生きるか死ぬかの世界を生き抜いた殺し屋にしても、母に捨てられ醒め切ったような男にしても、確かに残っていた純な部分が互いに呼応したんでしょうか。うまく言えませんが、言葉で説明しようとすること自体が、無粋なのかもしれませんね。

冷徹なこの世界ではたくさんの人が殺されますが、田丸刑事にせよ、ギャングたちにせよ、一定の矜持を持っていると感じられる人も数多くいて、そこが格好いい。
私には想像もつかないような、政治的な駆け引きなんていうものが存在する世界なんですよね。思想の違いで人が死ぬ、なんて平和な世界に生きているとピンときませんが、この時代の日本、それも中国との距離が近い彼らにとっては肌に感じる程身近なものだったんでしょうね。

機械工場や拳銃、薬物と、広大な土地に咲く何千本もの桜、耕された農作物との対比がまた印象的で、なんとも美しい余韻を心に残す1冊でした。
しばらくは思い返して余韻に浸ること必須です。

レビュー投稿日
2016年2月10日
読了日
2016年2月9日
本棚登録日
2016年2月9日
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『李歐 (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『李歐 (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする