オレたち花のバブル組 (文春文庫)

  • 9577人登録
  • 4.10評価
    • (1220)
    • (1848)
    • (711)
    • (57)
    • (5)
  • 1005レビュー
著者 : 池井戸潤
Hikariさん 小説(日本)   読み終わった 

★2013年12月6日
再読。
やっぱり面白い。
それにつけても、大好評だったドラマ版は、原作を活かしつつ、本当によく構成されていたんだなぁと感心する。
前作で、半沢が本部に復帰する過程が描かれるが、それが先にあるから近藤の本部復帰を恨まず、平然と受け止められたのだなということが今回の再読でようやく理解できた。
そうして、やっぱり花さんは最高。


★2013年8月20日
とにかく痛快。
半沢さんもだけど、今回は奥さんの花さんがいい。
あの夫にしてこの妻あり。
単純な勧善懲悪ドラマではなく、悪くなりきれない、よくなりきれない人間が描かれているところにリアリティ満点。
銀行って怖いなぁ。

レビュー投稿日
2013年8月21日
読了日
2013年12月6日
本棚登録日
2013年12月8日
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『オレたち花のバブル組 (文春文庫)』のレビューをもっとみる

『オレたち花のバブル組 (文春文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『オレたち花のバブル組 (文春文庫)』にHikariさんがつけたタグ

再読情報 [1回]

  • 2013年12月6日

    再読しました。

ツイートする