人はなぜ神経症になるのか―アドラー・セレクション

  • 39人登録
  • 3.75評価
    • (1)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : Alfred Adler  岸見 一郎 
Hikariさん 心理学   読み終わった 

★2014年6月28日

『嫌われる勇気』を読んで以来、アドラー心理学の本を読み続けているが、解釈ではなく、そもそもアドラーが何を言っていたのか知りたくなり、翻訳本を読むことにした。すると、『嫌われる勇気』で理解したと思ったことが、実はかなり浅薄で、アドラーが本当につかんでいたもの…治療に使っていた技術や認識…は、少し違うニュアンスのところにあるとの確信を得た。本当のところを知りたい人は、読みやすい言葉やお手頃価格、アマゾンの星の数に惑わされることなく、こちらに進んでみるのがよいだろう。

レビュー投稿日
2014年6月29日
読了日
2014年6月28日
本棚登録日
2014年6月29日
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『人はなぜ神経症になるのか―アドラー・セレ...』のレビューをもっとみる

『人はなぜ神経症になるのか―アドラー・セレクション』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『人はなぜ神経症になるのか―アドラー・セレクション』にHikariさんがつけたタグ

ツイートする