嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

  • 12496人登録
  • 4.24評価
    • (1878)
    • (1340)
    • (552)
    • (131)
    • (37)
  • 1494レビュー
Hikariさん 哲学   読み終わった 

★2014年5月30日
電車の広告でタイトルに惹かれた。嫌われるための勇気?なにが言いたいのだろう?読んでよかったと率直に思う。青年と哲学者の対話は、時々理解すべきことと無関係に読みにくさを感じたが、筆者が伝えたかったことは十分に伝わった。この青年のような人はきっとたくさんいて、多分自分の中にもそういう部分があって、だからこそ、客観的にそれを読まされるとイライラするのだろう。自分から逃げるときに理由として持ちだすイライラ。なるほど、読みながら自分を感じて理解する。そういう本だった。

レビュー投稿日
2014年6月5日
読了日
2014年5月30日
本棚登録日
2014年6月5日
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラ...』のレビューをもっとみる

『嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え』にHikariさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする