ルーズヴェルト・ゲーム (講談社文庫)

  • 161人登録
  • 4.03評価
    • (27)
    • (33)
    • (16)
    • (3)
    • (1)
  • 21レビュー
著者 : 池井戸潤
Hikariさん 小説(日本)   読み終わった 

★2014年3月31日

池井戸潤作品待望の新作文庫化。
発売初日に手にしたものの、なかなか読めずにいた。
年度末の多忙を忘れたい、憩いの通勤時間に読み始めたのだが…。
これまでの作品に慣れ過ぎたのか、この前に読んだ『神様のカルテ』とテイストが違いすぎるのか、なかなか興味を持って読み続けられないスタートだった。
とある社会人野球部がいかに苦境に陥るか、理不尽なライバルチームの態度、その前提があってこその「痛快」であることは理解しているが、200ページ以上もそのような話が続くので、いい加減嫌になってしまった。
後半はいろいろな物事がバッサバッサと解決に向かう。
その点は相変わらずの痛快。

この春、ドラマ化されるそうだ。
ちょっと見てもいいかな?程度には思う。

レビュー投稿日
2014年4月6日
読了日
2014年3月31日
本棚登録日
2014年4月6日
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ルーズヴェルト・ゲーム (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『ルーズヴェルト・ゲーム (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『ルーズヴェルト・ゲーム (講談社文庫)』にHikariさんがつけたタグ

ツイートする