ローマ人の物語 (1) ― ローマは一日にして成らず(上) (新潮文庫)

  • 3439人登録
  • 3.73評価
    • (299)
    • (410)
    • (592)
    • (21)
    • (8)
  • 367レビュー
著者 : 塩野七生
yamabugさん オススメ書籍   未設定

 素晴らしい本です。この先、我々の文明が続く限り、世界で読まれ続ける日本人によるローマの歴史書となるでしょう。司馬遼太郎の日本史と双璧だと思いますが、影響力という意味では、明治維新や戦国時代より、ローマ帝国の方がずっと大きいですよね。
 私は学生時代に不勉強だった西洋史を学ぶ必要を感じて、読み始めました。文庫の出版を追い越して、単行本を読み終え、最後の数年は発売を待つようになり、全巻読破しています。
 著者の歴史観を自分なりに体験したことで、ギリシャ・ローマ文明から始まり、イギリス都市国家とローマ教会という流れが、自分なりに理解できるようになりました。西洋史の初心者には、著者の『ローマ人の物語』と『海の都の物語』を読むことを強くお薦めします。遠回りなようで、もっとも確実な方法論かもしれません。「すべての道はローマに通ず」です。

レビュー投稿日
2011年4月10日
本棚登録日
2011年3月4日
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ローマ人の物語 (1) ― ローマは一日...』のレビューをもっとみる

『ローマ人の物語 (1) ― ローマは一日にして成らず(上) (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

塩野七生の作品一覧

塩野七生の作品ランキング・新刊情報

ツイートする