宗教改革の思想

  • 11人登録
  • 3.33評価
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : Alister E. McGrath  高柳 俊一 
yanapongさん 宗教学・宗教史   読み終わった 

宗教改革についてその思想面を主軸に、前段階である中世末期から歴史的な推移を書き起こす。その中で、重要な人物(ルター、ツヴィングリ、カルヴァンなど)の教理や聖書解釈、人文主義やスコラ主義の改革者への影響、改革者諸派の相違、政治思想や思想の伝播など、広範な領域を扱う。宗教改革を研究するに当たっての教科書的な書籍かもしれない。
イングランドでの宗教改革とローマ・カトリックによる対抗宗教改革についてはやや扱いが小さい(無視しているわけではない)。
軽い入門書ではなく詳細な研究書であり、集中して読むべき本。一度で全部を頭に入れるのは(私には)難しい。ただし、神学的知識がなくても読めるように書いてあり、丁寧に読めば理解できるので、キリスト教について歴史面・思想面から知りたいのであれば、少々重たいものの入門書としてお勧めできる。

レビュー投稿日
2010年12月9日
読了日
2010年12月9日
本棚登録日
2010年12月6日
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『宗教改革の思想』のレビューをもっとみる

『宗教改革の思想』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『宗教改革の思想』にyanapongさんがつけたタグ

ツイートする