ショーケン見たさに観てみたが、あまり登場してない上に気の抜けた演技。異常者の用な独特の存在感はそのまま。棒読みなので不気味さが増すかと思うとそうでもない。ただの無気力にしか見えない。映画館でのショーケンのラストシーンでも必要なことを喋っていきなり事切れる(爆笑してしまった)。
ショーケンを生かしきれていないのは監督が悪いのかというとそうでもないような気がする。とはいえ演出がださい。1998年公開なので、北野武、タランティーノ以降の作品となるので両者の影響を受けていると思うが、表面的でカッコ悪い上に基本的には前時代的な表現が随所に残る、スタイリッシュさを目指したがうまくいっていない映画。
渡部篤郎、北村一輝の若手陣は良かった。片岡礼子も美しい。

2015年4月5日

ネタバレ
読書状況 観終わった [2015年4月5日]
カテゴリ 映画

レンタルで観た。
死んで、リセット。死んで、リセット。これを繰り返して、敵を倒す。
あらかじめ知っていたことではあったけど、アクションゲームっぽいなと思った。残りの機数に制限がないのだが、血を入れ替えると残り機数はなくなる設定。テンポもよく、意外と楽しめた。
同じようなシーンを何度も撮影するのが苦しそうだし、それを編集するのも大変だったろうな。
あとヒロインの女性があまりかわいくないというかニコラス・ケイジに似ているように見えてきた。調べたらエミリー・ブラントという女優でちょっと違うけど時間を遡行するという点で少し似ている『LOOPER』にも出演していた。その時の印象はまた違うなあ。

2015年4月4日

ネタバレ
読書状況 観終わった [2015年4月4日]
カテゴリ 映画

原作の映画化ではなくあくまでもミュージカル版の映画化。
1987年ごろ始まったばかりの日本版を帝国劇場に観に行った。キャストは鹿賀丈史、滝田栄、島田歌穂、岩崎宏美、斉藤由貴、斎藤晴彦などだった。素晴らしいセットで大掛かりな商業演劇も悪くないと思った。何と言っても(今回の映画もそうだが)楽曲が素晴らしかった。音楽の力の大きさを感じる。
歌について、コメンタリーやメイキングを観て驚いたのは、演奏にに合わせて役者が歌うのではなく、役者の歌に合わせて後からオーケストラを録音していたことだ。ギター1本とかバンドくらいなら合わせられそうだが、オーケストラである。どれだけ時間と労力をかけているのか。
舞台の映像化ということではあるが、ズームや壮大なCGなどで映画ならではの飽きずに観てられる。CG使い過ぎかな?とはいえ30年前の人が見たら驚愕の映像だろうな。
それだけくっきりした映像であるがため、一方で歌詞が冗長に感じられる。舞台などで遠くから観て、表情や動きが判然としないような状況なら物語への没入の一助となるが、映画では見えすぎているくらい見えているので、歌詞が感情や状況を語り過ぎているように感じられる。
音楽によって、シーンごとに感動はするんだけど、全体的に何だか駆け足。感動したように感じられたのも観劇経験があったからかも知れない。とはいえ監督トム・フーバーの手腕は素晴らしい。もちろんヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ、アマンダ・サイフリッドら役者陣の歌唱、演技共に素晴らし過ぎる。
ちょっとした提案というか疑問なのだが、前半で死んだファンティーヌ役のアン・ハサウェイが再登場するシーンがあるのだが、あそこは本来の姿である長髪の方が良かったのではないか?ジャン・バルジャンが見た夢と解釈したら坊主でも仕方ないかも知れないが。

2015年2月22日

ネタバレ
読書状況 観終わった [2015年2月22日]
カテゴリ 映画

ラーメンズの公演舞台の映像化作品。片桐仁がいてこそ小林賢太郎が作り出していたのがラーメンズだと思った。
しかし、舞台を映像で観るのはちとつらい。舞台と映像作品はかなり違う。空間と画面と。

2015年3月3日

読書状況 観終わった [2015年3月3日]
カテゴリ 演芸

偶然、駅のホームで遭遇した自分そっくりの人間が、直後に飛び込み自殺をしてしまうシーンから始まるアメリカBBC制作のテレビ・ドラマ。シーズン1なので続く。
ネタバレだが、数人出てくるクローンを主演のタチアナ・マスラニーが一人で演じている。メイクや衣装、演じ分けでキャラ立ちができているので、観ていて混乱することはない。
驚きの連続で話が広がって行くのはアメリカのテレビ・ドラマの定石だが、たいてい収束できずに人気低迷で打ちきりだ。シーズン2でどう展開するのか楽しみ。

2015年2月22日

ネタバレ
読書状況 観終わった [2015年2月22日]
カテゴリ 映画

ジャケットは間寛平と大竹まことだが、大竹まことはそれほど活躍しない。寛平ちゃんもは脚本通り動いてる感じで、不自由に見える。
タイトルから判るとおりコメディで、制作者側は90年代のクレイジー・キャッツ的な笑いを目指したのではないかと思うのだが、うまくない。かと言って東京のスタイリッシュなコントでもなく大阪のコテコテでもない、小劇場にありがちながちゃがちゃしたダサさが前面に出てしまっている。映画としては観る必要性を感じない。
大竹まことがニワトリの着ぐるみで大暴れしたり、親分役の神部ちゃんやなどは観る価値充分。でんでんも課長役で出ている。
中古に高値がついたりしているが無理して買う必要はないし、まかり間違ってBlu-rayが出たとしても買うつもりはない。演芸史の資料としてどこかの誰かがアーカイブしておれば問題はない。

2015年2月22日

読書状況 観終わった [2015年2月22日]
カテゴリ 映画

ジャケットを見てシングルマザーの感動物語かと思ってしばらく遠慮していたのだが、3人は姉弟妹だった。いわゆるハートウォーミングなテイストの作品ではなく、ハードでシリアスな状況を描いた快作だった。
犯罪と貧困、田舎のファミリーの掟、というキーワードが内容に合っていると思うが、全体のトーンは静かで底辺には暖かいものが流れているのが判る。映像は終始、寒々としている。雪のない『ファーゴ』って感じ。

主人公は17歳の女子。覚醒剤絡みで逮捕された父が保釈金の担保に土地と家を抵当に入れていなくなったので、父を探さねばならい。ショックで母は口が利けなくなってしまっている。幼い弟と妹の面倒も見なくてはならない。父の行方を探っていくうちに親戚の妨害に合う。

登場人物が完全に冷酷ではない、ある種の多面性を見せるところにリアリティを感じる。
髪をつかんで「これ以上探るな」と言った伯父さんが、あとから「俺の家族だ」と迎えに来てくれたり、「結婚すれば判る」と旦那の車を借りてくれなかった親友もあとで助けに来てくれる。主人公からして負けん気が強いが、いざ脅されるとびくびくする。かと思えば殺したければ殺せと言ったりする。
ファミリーが主人公をリンチにする時も男は手を出してなかったり、冷たい世界でぎりぎり優しく生きてる。

弟と妹がすこぶるかわいい。弟は優しいし妹はいつも笑顔だ。
主人公リー役のジェニファー・ローレンスのほっぺが少しふっくらしているので、見た目で苦労してる感じがしないのが残念。でも役者としてはピカイチかも。

デブラ・グラニク監督のほかの作品も観てみたいが日本では今作しかリリースがないようで残念。

あとリスを捌くシーンがあるのでリス好きは遠慮したほうがいいかもしれない。でもそれは猟奇的なシーンではなく、あくまで生活の一部だ。

2015年2月17日

ネタバレ
読書状況 観終わった [2015年2月17日]
カテゴリ 映画

東宝の「ゴジラ」に対抗して作られた大映の怪獣映画、いわゆる「昭和ガメラ」。最初の『大怪獣ガメラ』、『大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン』、『大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス』、『ガメラ対宇宙怪獣バイラス』の4作品が一枚のディスクに収められているお得な北米版。日本でもこれくらいの価格帯で出してくれればいいのに。
恥ずかしながらまともにきちんとまとめて観るのは初めてだったが、(当然ながら)子供のころの印象よりもチープでちゃちい。しかし街のミニチュアなどは東宝にも負けていない精緻さ。特に1作目の東京、2作目の大阪は素晴らしい。一方で2作目のバルゴンのデザインはひどく間抜けだ。デザイン的にはギャオスに尽きるが、造形はいまいち。
映画の人気に比例してるのか、順を追うに従って手抜きが感じられる。4作目「対バイラス」ではほとんど宇宙と海と海岸に終始してリアルな街並みは拝めなかった。その上、過去作のフィルムの使い回しが多く、しかも冗長でひどい。
なぜか理由もなくガメラが子供の味方みたいになってくるのも気に入らない。

2015年2月14日

読書状況 観終わった [2015年2月14日]
カテゴリ 映画

OSに恋した男の話。
とはいえ、普遍的な恋愛を描いた映画であって、新しい愛のカタチを提示するというSFではない。出会って恋に落ちた相手がOSだっただけだ。彼女は優しく暖かい。そしてユーモアがあり、時に辛辣で自分の発言に後悔する。ごく普通の「彼女」だ。OSである点を除いて。
OSと恋するキモオタおっさんの話だと思っているなら、今すぐ観るべきだ。いや、観るべきだろうか?物語るのはどこにでもある特別ではない恋愛の一部始終。美しく切り取られた日常の断片で構成されたイメージ。苦い思い出を振り返り、それほど悪くはなかったと描かれているように思える。観ている者は忘れたい恋愛を照らし合わせてしまうことになるかもしれない。

観ていてあまり気づかなかったが、この世界は音楽に満ちている。静かだが力強い、素晴らしいサウンドトラック。カレンOの歌う「The Moon Song」を含めてアルバムにして欲しいところ。

スカヨハの声は以外とハスキー。
原題は『her』だけで、邦題につけられた「世界でひとつの彼女」は不要。蛇足ですらない。

2015年2月8日

読書状況 観終わった [2015年2月8日]
カテゴリ 映画

でんでん怖いよ。息がつまる。園子温お得意の土砂降りとキリスト教が出てくる。
前半は史実に沿ったような展開で、次第にエスカレートしていく。主人公が感じる恐怖が伝わってくる。ところがターニングポイントとなるある一点以降からはどうでもいい展開。ただただ血みどろ不条理ファンタジー炸裂。後半はスリルのかけらもなくただただおぞましい。
当たり外れの多いいつもの園子温でした。

2015年1月20日

ネタバレ
読書状況 観終わった [2015年1月20日]
カテゴリ 映画

前作『キック・アス』が150%だとしたら80%。期待していただけにがっくりした。
ヒットガールが校内の女子とのいざこざに悩み過ぎ。彼女はそんなに弱い存在であって欲しくなかった。マザーファッカーの秘密基地に乗り込むシーンではキックアスとヒットガールが二人ならんで「仲間を呼んである」なんてのも嫌だった。またラストで円陣を組むところには参加しない方が彼女らしい。

だが、映画の出来としてはそんなに悪くない。マザーロシアとゲリゲロ棒は良い。

2015年1月17日

ネタバレ
読書状況 観終わった [2015年1月17日]
カテゴリ 映画

明智VS二十面相みたいで楽しめた。ところがこのヴィドックというのは実在した探偵だそう。世界初の完全デジタル映画でふんだんにCGが使われているが、あまり気にならない。大傑作ではないが佳作。

2014年2月15日

読書状況 観終わった [2014年2月15日]
カテゴリ 映画

『力道山』に続いて実話ベースの映画。どうみても日本人の米軍服を着た結婚詐欺師クヒオ大佐の悲哀にみちたコメディ。監督は『桐島、部活やめるってよ』でブレイクした吉田大八、主演は当時ブレイクしかけてた堺雅人。

2014年2月10日

読書状況 観終わった [2014年2月10日]
カテゴリ 映画

力道山の生涯を描いた日韓合作映画。
主演のソル・ギョングは体重を20キロ以上増やし、九割以上日本語の科白。カタコト感は否めないが充分なレベル。
力道山の人となりを知らなかったのだが、大陸系の独善と傲慢さが鼻に付き、朝青龍を彷彿とさせる。日本人としてはどうしても綾(中谷美紀)や吉町(萩原聖人)、菅野会長(藤竜也)などに感情移入&同情してしまう。またプロレスのシーンは迫力があるのだが当時は使われていないと思われる派手な技の応酬で、そこはある程度こだわって時代考証して欲しかった。ただ当時の街並みなどを再現したセットやCG、美術などは素晴らしい。
東浪役の橋本真也は元気そうに映っているが、公開前に若くして亡くなっている。特典映像の愛らしい笑顔が印象的だ。

2013年11月3日

読書状況 観終わった [2013年11月3日]
カテゴリ 映画

完成された美しい映画。近未来SF映画だが、未来的なセットや衣装はほとんど登場せず、むしろ禁酒法時代のようなファッションと世界観。そのへんからゴダールの『アルファビル』を思い出す。

2013年10月14日

ネタバレ
読書状況 観終わった [2013年10月14日]
カテゴリ 映画

主人公にとってハリーはちょっと異質な存在で、なぜ付きまとうのかよく判らない。得体のしれない謎の男だ。謎が謎のまま終わるならハリーの心理描写みたいなシーンは不要だった。一人で車に乗って叫ぶシーンとかは確かに奇妙だが、何かきっと理由があるのだと思わせてしまう。どのような結末になろうともその理由が開示されるに違いないと思わせてしまう。
ヒッチコックのような見せ方や音楽に謎解きを期待させてしまう。
これは不条理なんだから答えられない期待を与えないでほしい。
ハリー一人のシーンは描く必要はないし、ましてや感情なんて不要だったと思う。

2013年10月11日

ネタバレ
読書状況 観終わった [2013年10月11日]
カテゴリ 映画

前作『リローデッド』の後編。余計な小さなエピソードを加えたことで長くなってる。

2013年10月8日

読書状況 観終わった [2013年10月8日]
カテゴリ 映画

三部作というより次作『レボリューションズ』との前後編になっているので二部作と考えるのが正しい。
当たり前だが前作の続きで、さらにクトゥルフとスターウォーズとスタートレックも加味した大作となった。
他にも『アニマトリックス』もある。

2013年10月8日

読書状況 観終わった [2013年10月8日]
カテゴリ 映画

今ごろ初めて観た。タランティーノのサンプリングの方法論をSFでやったような全部入り最先端の作品(当時)。あとカンフーを少々。

2013年10月8日

読書状況 観終わった [2013年10月8日]
カテゴリ 映画

劇場版でどうなるかと思ったら、どうもならなかった。テレビ版を冗漫にした感じ。
若い松尾スズキの怪演が観れます。

2013年10月3日

読書状況 観終わった [2013年10月3日]
カテゴリ 映画

兄さん、何かと古いよ。

2013年9月14日

読書状況 観終わった [2013年9月14日]
カテゴリ 映画

前シーズンから続く「クリンゴン帝国の危機」後編からスタート。前回書き忘れていたがクリンゴンのデュラス姉妹が登場している。ロミュランの謎の女性司令官はパラレル・ワールドのヤー大尉の娘シーラであった。この回ではデータが作戦行動によりU.S.S. サザーランドの臨時艦長となる。そこでの偏見を持った副長に対するデータ艦長としての毅然とした態度に感動を覚える。

異文化の意思疎通の困難さを描く名作「謎のタマリアン星人」。タマリアン人のデイソンは「タナグラのダーモクとジラード」「シャカ、壁は崩れ落ちる」「テンバ、広げた腕」など印象に残る科白を残す。でも英語は通じているんだけど。それはそれ。
後半、瀕死のデイソンに『ギルガメシュ叙事詩』を語るピカードと、艦に戻ってタマリアン人と会話するピカードに感動する。「彼の目は開かれた」のだ。

「流浪のベイジョー星人」では後のDS9に続くベイジョーについて語られ、ベイジョー人であるロー・ラレン少尉が新たなクルーとして加わる。

異例のシーズンをまたがない前後編「潜入!ロミュラン帝国」の冒頭では亡くなった原作者ジーン・ロッデンベリーへの追悼であることが掲示される。亡くなったのが1991年の10月24日で放送が11月4日。TNGの制作がどのように行われているのか判らないが、スポックが登場することもあり、本来はシーズンまたぎにするつもりを前倒しにして放送したのかも知れない。
サレク、シーラも登場。ザクドーン人のドカーチンという横柄で面白いキャラクターが登場した。

「殺戮の宇宙水晶体」の舞台はデータの生まれ故郷、オミクロン・セータ。

「新ワープ航法ソリトン・ウェーブ」からちびっ子クリンゴンのアレキサンダーがウォーフと暮らすようになる。

「謎めいた記憶喪失」「恐怖の宇宙時間連続体」など興味深い佳作も多い。

「悲しみのアカデミー卒業式」ではウェスリーのつらい卒業式が描かれる。
「ラクサナの結婚式」ではラクサナが全裸!

「ボーグ "ナンバー・スリー"」では事故現場から救出したボーグにブルー(字幕ではヒュー)と名付けて感情移入していくクルーたちが描かれる。ボーグにウイルスを仕込んで送り返して殲滅を図る計画もあったが、ビバリーによる人道的意見から撤回される。ボーグに同化された経験がトラウマとなっているピカードや母星を駆逐されたガイナンまでもブルーの純粋さに感化された。次第に自我に目覚め始めるブルー。ボーグ・キューブが回収しに来るが、戻るか残るかピカードはブルーの意思を問う。ブルーは友達になったラ=フォージに迷惑がかかるからと戻ることを決意する。
ブルーを演じたJonathan Del Arcoの悲しげな雰囲気と脆弱さ健気さが「愛でる」に相応しい。ちょっと『シザーハンズ』のエドワードにも似ている。

傑作「超時空惑星カターン(原題:Inner Light)」。25年。25年もの間、ピカードは別人としての生活を強いられる。当初は抵抗していたが、妻を受け入れ、ふたりの子供、孫をもうける。その間に覚えた笛。どこか懐かしくもの悲しいメロディ。だが強い意志を感じさせる音色。
2012年続編となるコミック "Outer Light" が連載開始された( http://journeytotheinnerlight.com/outerlight/ )。
カターンでの息子バターイを演じているのはピカード役のパトリック・スチュワートの実子。

「タイム・スリップ・エイリアン」はサンフランシスコの500年前の遺構の中にデータの頭部が発見されたことに端を発する。動揺するクルーたちをよそにデータは冷静だ。
調査を進めるうちにデータはタイム・スリップしてしまう。そこでガイナンに会うという、次回に無茶振...

続きを読む

ネタバレ
読書状況 観終わった
カテゴリ 映画

シーズン3の最後が前編となる「浮遊機械都市ボーグ」後編からスタートするこのシリーズからTNGは変容する。
それまではTOSを踏襲した一話完結のスタイルであり、それでいながらTOSに触れることはほとんどなかった。まず前後編ということがシーズン1第一、二話以外なかったし、ゲストの登場人物が再登場したり、以前登場したエピソードを踏まえた内容というものは基本的になかった。ラストで艦長が「次の任務地○○へ向け出発」と言っても次の回では「○○」ではない別な場所の話である。
また、以降の世界において重要となるエピソードや登場人物が現れてくるのも特徴だ。

「浮遊機械都市ボーグ」に続く「戦士の休息」はボーグとの戦闘の疲れを癒すための休息期間を描いている。きちんと後編の続きとなっているという異例の展開である。その後もボーグに融合させられたことがトラウマとなって苦悩するピカードが幾度となく描かれる。ボーグとの戦闘は後に映画『ファースト・コンタクト』にも登場することとなる。
歴史的に重要な点として、ピカードがクリンゴンの代表としてガウロンを選出する。この後クリンゴン領内はロミュランの工作や反乱分子などで不安定になる。

「永遠の絆」ではデータの生みの親スン博士が初登場し、データの兄が再登場する。データ役のブレント・スパイナーが三役を演じる活躍を見せる。
他に再登場するのは、トロイの母ラクサナ、おなじみのQ、臆病で引っ込み思案のバークレー中尉、ピカードと惹かれ合う宇宙考古学者のバッシュなど。バークレー中尉はその後、いくつかのエピソード、映画やVOYにも登場する名バイプレイヤーとなる。
一方でウエスリーは艦隊アカデミー入学のためエンタープライズを離れる。
初登場するのは、ウォーフの息子アレクサンダー、データの飼い猫スポット、デュラス姉妹、カーデシア人、トリル人(DS9のジャッジア以降とは外見が違う)など。
「革命戦士イシャーラ・ヤー」ではかつてのクルーであったターシャ・ヤー大尉の妹イシャーラが登場。また、シルエットで姿が見えない謎の女性ロミュラン人が登場し、その姿は「クリンゴン帝国の危機」前編のラストであきらかとなるが…。

シーズン3まででも充分面白かったが、シーズン4以降からは連続性が明確に描かれるようになり一層面白くなった。

ネタバレ
読書状況 観終わった
カテゴリ 映画

『父親たちの星条旗』のB面。全編ほぼ日本語で日本側の視点で描かれている。『~星条旗』とは違い、冒頭の現代シーン、回想シーンを除いてほぼ時間通り展開するので、観る者にとって労はない。また原作のないオリジナル脚本(日系人のアイリス・ヤマシタ)で、実在した栗林中将(渡辺謙)と架空のキャラクター西郷一等兵(二宮和也)という立場の違う二人を軸に展開する。米軍が最初に陥落した日本固有の領土・硫黄島での決戦を、日本兵がどのように戦っていたのかを、日本人にもよく知らされていない状況を知りうる限りの情報を元に丁寧に映像化している。

『~星条旗』に登場するシーンの裏側が見えたりと映像的には楽しいが、硫黄島での作戦展開は非情だ。血と涙と泥とほこりにまみれた地獄だ。

2012年5月13日

ネタバレ

流れでイーストウッド作品を観る。日本では『硫黄島からの手紙』だけが有名になっているが、メインはこちら。公開もこちらが先ということで先に観る。
太平洋戦争末期、日本が侵略した領土が連合国軍に次々と陥落される中、初の日本固有領土決戦となった硫黄島。戦場で撮られた一枚の写真、摺鉢山の頂上に星条旗を立てる六人の兵士の姿。
アメリカ人にとって有名な写真なのだろうが俺は知らなかった。知らなかったのは不勉強でもあるが、日本の政府やメディアがあまり多く取り上げなかったからに違いない。冒頭でも紹介されるベトナム人を射殺する瞬間(ベトナム戦争?)やニューヨークで兵士と看護婦がキスする写真は知っている。ロバート・キャパの『崩れ落ちる兵士』もだ。だが、硫黄島の星条旗の写真は知らなかった。
そもそも硫黄島決戦のこともよく知らなかった。
映画の展開は時間軸通りではなく、硫黄島上陸前と後、現在が複雑に入れ替わる構成となっていて、ぼんやり観ているとどこにいるのか判らなくなる。「数日後」とか「○年後」などと出るわけではなく、通常のカット割り、場面転換と同じようにジャンプするのでちょっと混乱する。
そもそもこの硫黄島の摺鉢山に星条旗を掲げた英雄が喧伝されたような英雄ではなかったというエピソードは主要な観客であるアメリカ人にとってはよく知られた話に違いなく、だから敢えて複雑な構成にして観客を飽きさせない工夫をしているのではないか。
知らない者としてはちょっと判りにくく感じてしまった。

2012年3月18日

ネタバレ
読書状況 観終わった [2012年3月18日]
カテゴリ 映画
ツイートする