新キャラ、真木村賢正、こと牧村賢守登場。
この人が茜の家族を殺した“月のあざ”の仕掛人かと思ったら、違った。。。
そしてかなり心強い味方に!

大分壮大な話になってきたけど、風呂敷広げ過ぎてちゃんとたためるだろうか……。

2017年11月17日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2017年11月17日]

若旦那が中村の出入りの札差となって一気にサクサクと展開。
しかし、若旦那がそんな前から茜を好きだったとは。
そしてラストで紫ちゃん視点。
確かにこういう生い立ちの子と、落ちぶれた武家娘じゃあ、ハングリー精神が違うだろうなあ。

2017年11月17日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2017年11月17日]

もう大事な人を失いたくないってことで、若旦那を突き放すも、裏技を使って戻ってきた惣右助。

しかし花魁もので純潔を守るって、突き出し後はどうするんだろう。
若旦那が毎日通うくらいしか手立てがないぞ。

2017年11月12日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2017年11月12日]

『春待つ僕ら』にハマったので前作を借りたが微妙だった。。。
次作であそこまでブレイクした片鱗が見えない……編集者のお導きが良かったのかな。
そしてラストのオチ(理事長を失脚させる計画)は必要だったのか、これ。

2017年11月11日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2017年11月11日]

『春待つ僕ら』にハマったので前作を読んでみたけどイマイチだった。。。

2017年11月11日

読書状況 読み終わった [2017年11月11日]

嗚呼……。
天然たらし系のヒーローが、恋を自覚するとグイグイくるやつですね、分かります(*≧∀≦*)
展開遅いけど、高校生の恋愛ってこんなペースだったなーと懐かしく思ってもみたり。

そして、やっとあやちゃんの顔が見えた、というか思ったほどは腹黒くなかった。
いや、黒そうだけど、美月を好きなのはマジっぽい……。
しかしIHで活躍のヒーロー(イケメン)に迫られても、あまり動じない美月。
この辺がピュアでいいなあ。

2017年11月10日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2017年11月10日]

続きが気になりすぎて待てずに新刊買ってしまった……。

なんだかんだ言って、4人とも(意味は違うけど)美月が大好きじゃん!!っていうね。

そしてグイグイくる永久、とさらにグイグイくるあやちゃん。。。

しかしあやちゃん、凄いなー。
高校生の(しかも1年……)で、付き合う前の告白が「好き」じゃなくて「愛してる」って……。
いい感じの二人に対して「たかが恋じゃない」って……。
まあ、ある意味大人なんだろうけど、なぜここまで達観できるのか。
アメリカ帰りだから!?

2017年11月10日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2017年11月10日]

文化祭&永久の告白編~!!
永久は、本能のまま動くっつーか、あんまり後先考えずにぐいぐいいくタイプ……な気がする。

ところでこれ、最終的に瑠衣君とマキちゃんがカップルになるっていうフラグ!?

2017年11月10日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2017年11月10日]

鳳城との合同練習編→本気の永久編、て感じか。
そしてついに女バスのマキちゃんが「浅倉君に好きな人が!」と知ってしまうわけですが、いくら男女別とはいえ同じバスケ部で、美月はあんなにしょっちゅう見に来てるのに、今まで気づかなかった方が不思議……。

瑠衣君の方は、最初は「美月は俺らのペットなのに~!!」って感じかと思ってたけど、あら意外と本気?みたいな。
頼むからこれ以上修羅場を増やさないでくれ……!と思ったり(笑)。

2017年11月10日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2017年11月10日]

泣かされたー!と思ったら、すぐオトす竜二さん、さすがです……。
まあ、こういうスポーツものは、一度目は全国大会を逃すのはテッパンです。

ところで、瑠衣君と恭介さんの恋愛関係が全く出てこないけど、そこはどうなんでしょうねー。
瑠衣の方は「好きな子いない」宣言してるからともかく、恭介はどっかに隠し彼女がいそう……。
個人的には恭介が一番ツボなので、彼の恋愛模様が見てみたい。

2017年11月9日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2017年11月9日]

浅倉君ヤバい!!

そして新しい友達ができたけど、この子も浅倉君好きなんだよねー。
美月と永久の関係が彼女にばれたら、修羅場になりそう。。。
そして、あやちゃんの方にも彼を好きっぽい子が登場。
1巻にも出てたかな……?
憶えてないけど。

2017年11月9日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2017年11月9日]

浅倉君、萌えるねぇ。
周りの人の気持ちどころか、自分の気持ちもちゃんと自覚してない。。。
あやちゃんは、ただ美月が好きっていうよりは、もう少し黒そうに見えるんだけどどうなんだろう?
しかし、「なんで男だって言ってくれなかったんだろう」って、そりゃ普通言わないよね、そんな当たり前のこと。
まあ、明らかに勘違いしてるってなったら訂正するんだろうけど、そこを敢えてしなかった……みたいのは感じるが、それもわざととは言い切れない。

2017年11月9日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2017年11月9日]

オムニバスから長編になりガッツリ不倫ものに。
諏訪内さん、前巻からちょいちょい既婚フラグ立ってたけどやっぱりかー。
しかも別居中とかでもなさそう……。

さすがベテラン作家さんとあって、男の狡さの描き方が絶妙です……。
諏訪内さん、まあカッコいいけどずるいよ……。
「ずるいだろ」って言われたらなんも言えんよ……。

ラスト、改めて家族というか妻の強さを突き付けられそうな出来事が。
次で終わりかな?

2017年11月9日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2017年11月9日]

いつも漫画の話で盛り上がる担当の美容師さんおススメの漫画。
突飛な設定だけど面白かった。
1巻終わりでまさかの元カレ登場!
しかもなんか、超ヤナ奴!
正統派恋愛漫画で展開しそう。

2017年11月8日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2017年11月8日]

平匡さんがますます道程をこじらせて……(笑)。

そして、風見さんとみくりをシェアしていることが百合ちゃんにバレる。
平匡とみくりの関係を疑い始める百合……。
どうなる?

2017年11月8日

読書状況 読み終わった [2017年11月8日]

惣右助のツンデレぶりに萌える!!
もうお前らくっついちゃえよっ!って、普通の恋愛マンガなら言いたくなるようなむずキュン具合。
しかしラストで、一気にミステリー色強まってきた。
ついに人が死んだよ、どうなるこれ!?

2017年11月8日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2017年11月8日]

やっと読めた、逃げ恥1巻。
ドラマ版をちょいちょい思い出しつつ。。。

というか、ドラマ版ほんとよくできてたな。
ほぼマンガそのまんまだけど、補完すべきところはちゃんと補完されているし。
どの辺までがドラマで再現されていたのか、確認しながら読み進めたい。

2017年11月8日

読書状況 読み終わった [2017年11月8日]

結構展開が早いなー、ダレずにサクサク読める。
それにしても平匡さん、こじらせすぎ。

2017年11月8日

読書状況 読み終わった [2017年11月8日]

読みやすくさらさら読めるけど、意外と文量が多くて読んでも読んでも終わらない!笑
確かにこういう女、いるよねって、ふむふむ読んだ。

妖怪女子チャートだと、私は何度やっても地蔵なんだけど、地蔵女子の特徴に全く当てはまらない……。

2017年11月8日

読書状況 読み終わった [2017年11月8日]

ひたすら真白君がカッコいい巻だった。
こんないい男、なかなかいない。
けど、黎なのかー、黎エンドかー。
納得はするけど、うーむ。

2017年11月5日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2017年11月5日]

オムニバス形式の連作短編。
それぞれの話の登場人物がゆる〜く繋がってる。
最後の2話に出てきた諏訪内さんは独身なんだろうか。
バツイチとかかな?

2017年11月5日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2017年11月5日]

新章、突入。
紅林は、黎の同類?的なやつなのかな。
狐の人?

ラスト、探偵みたいな人に調べさせてるけど、すみれの戸籍ってどうなってるのか、ずっと気になってた。

2017年11月5日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2017年11月5日]

そうだよねー、真白君ずっと黎のこと気にしてたもんねー。

しかし、黎の身に何があったのかもう少し具体的に描いてもらわないと消化不良気味。

2017年11月3日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2017年11月3日]

すごい、わかりみが増している……。
てか諒君て、ほんとーの本当に真正のアホの子だったんだ……の巻。

「好きなもん食って騒いで散らかしても叱られない生活 最高じゃね?」ってのは、実家を離れて一人暮らしを始めた人なら誰もが思うと思うけど、その散らかしたのを片付けるのは自分しかいないって、普通の人は家がごみ屋敷になる前に気づくよねっていう。
諒君の友達もマジで類友のダメ友だから、似た者同士でくっついてくれたお陰で他に被害者が出なくて良かったとしか言いようがない。
子供は可哀想だけど(優しい虐待で)。

2017年11月2日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2017年11月2日]

霊感を持つバスガイドが、零細バス会社で幽霊ツアーを案内する、というシリーズ。
1冊目だけでいいかなと思ってたけど、最終話が面白かったから2冊目読もうかな。

2017年11月2日

読書状況 読み終わった [2017年11月2日]
カテゴリ 赤川次郎
ツイートする