もっと、わくわく楽しく使えちゃう!ブクログのiPhoneアプリが新しくなりました!

人気のレビュー

1933年(昭和8年)。 恥美派というとそれ自体が異端だが、その中でも本書はさらに異端である。顔に熱湯をかけられて大火傷を負う美女と、醜い顔を見られたくないという彼女の願いを叶えるために自ら目を潰す男...

  • いいね!
  • いいね!
  • いいね!

『100 Places You Will Never Visit』の邦訳本だが、 日本語版では「Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant (福島第一原子力発電所)」が掲載されていない。 本書ではその削除された理由も書いてもらいたか...

  • いいね!
  • いいね!
  • いいね!

 vita sexualis――ラテン語で「性欲的生活」の意。明治42年に発表された森鴎外の中編小説である。哲学者の金井湛(しずか)博士が少年時代からの性的体験について語るという体裁をとった小説で、内容が破廉恥だとし...

  • いいね!
  • いいね!
  • いいね!
  • いいね!
  • いいね!
  • いいね!
  • いいね!
  • いいね!
  • いいね!
  • いいね!

なぜ、外国文学の棚に北斎?と思って手に取ると、そこには英語で書かれたとは思えないほど、江戸時代の人々が生き生きと描かれていた。 下町の町人のやり取りは、まるでその場にいるような臨場感に溢れている。 北斎が可愛いおじさんというキャラクターで書かれており、新鮮だ。 さて、美人画の真実はいかに!

  • いいね!

文体が少々残念。体言止めの多用で、スピード感やリズム感はあっても綺麗でなく含みもない文章となり、ガサツな印象が残ってしまった。講談のような感じを出したかったのかもしれないが。。。 もしかしたら、もっと緻密に積み上げた感じを出したにほうが、物語に似合っていたのではないだろうか?  北斎の作品をあらためて見たくなった。

  • いいね!

もっとみる

話題の作家

人気の作家のおすすめ本・新刊情報・電子書籍

ブクログは、106万301人の利用者が、 7915万1492アイテムを登録して、831万3464件のレビューを書いています。
ツイートする