いぬじゅんのおすすめランキング

プロフィール

いぬじゅん
奈良県出身、静岡県在住の作家。福祉施設管理者&主任ケアマネージャーと兼業している。ストレス解消で携帯小説を書いていたが、『いつか、眠りにつく日』で第8回日本ケータイ小説大賞を受賞以降、多くの作品が書籍化されている。「毎日を楽しく生きる」がモットー。代表作に『いつか、眠りにつく日』『この冬、いなくなる君へ』など。

いぬじゅんのおすすめランキングのアイテム一覧

いぬじゅんのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『いつか、眠りにつく日 (スターツ出版文庫)』や『この冬、いなくなる君へ (ポプラ文庫ピュアフル)』や『夢の終わりで、君に会いたい。 (スターツ出版文庫)』などいぬじゅんの全84作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

いつか、眠りにつく日 (スターツ出版文庫)

443
3.69
いぬじゅん 2016年4月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今、生きていることは当たり前のことだと思いがちであると思う。そのように考えるのは自然なことだと思う。 そんな中での生きることは苦しかったり、もどかしくなる... もっと読む

この冬、いなくなる君へ (ポプラ文庫ピュアフル)

369
3.35
いぬじゅん 2019年2月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

主人公と今の自分と登場人物全てが重なり何回も泣きそうになってしまいました。 この表紙を見ればこの話を読み終わった時に胸がキュッとなります。 生きることとい... もっと読む

夢の終わりで、君に会いたい。 (スターツ出版文庫)

207
3.64
いぬじゅん 2016年10月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

sg 期待値が高すぎたかなー もっと読む

今夜、きみの声が聴こえる (スターツ出版文庫)

196
3.64
いぬじゅん 2018年6月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

主人公の高校2年生の茉菜果は、身長も体重も成績もいつも平均点で、 「まんなかまなか」とからかわれ、ずっと自分に自信が持てずにいます。とっても嫌なのに自分に... もっと読む

奈良まちはじまり朝ごはん (スターツ出版文庫)

192
3.28
いぬじゅん 2017年9月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

新社会人1日目に会社が倒産してしまった主人公の女の子が偶然たどり着いた朝ごはんのお店。 温かい朝ごはんをだすことにこだわる店主と悩みを抱えたお客さん... もっと読む

三月の雪は、きみの嘘 (スターツ出版文庫)

148
3.18
いぬじゅん 2017年5月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

文体が私好みでとても読みやすく、久しぶりに速読をしました。作者いぬじゅんさんの価値観は私と似ていて読んでいてとても心地よかったです。この作品は"優しい嘘を... もっと読む

いつか、眠りにつく日2 (スターツ出版文庫)

116
3.63
いぬじゅん 2019年6月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

やっぱりラストが急いでる気がするけど、こんなものなのかな。 途中の地縛霊さんの正体だけがわからないな。 ただ居あわせただけなのか…それとも。 前作の... もっと読む

(P[い]6-2)あの冬、なくした恋を探して (ポプラ文庫ピュアフル)

116
3.00
いぬじゅん 2019年12月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読みやすかった。現在のAIの技術だと不可能な表現だと思うが、クロスケの存在はこれからリアルになって行くのかなと思った。 ラストシーンはとても良かったと思う もっと読む

無人駅で君を待っている (単行本)

114
4.04
いぬじゅん 2019年8月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

毎日のように通る地元のあの駅、あの道、あの店が舞台の短編集。 天竜浜名湖鉄道の寸座駅で起こる不思議で切なく温かいストーリー。 生きているうちに、大切な人と... もっと読む

奈良まちはじまり朝ごはん 2 (スターツ出版文庫)

103
3.47
いぬじゅん 2018年2月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

前作では、詩織の思い込み暴走癖が気になっていたが、慣れると面白くなってきた。 再会をテーマにした本作、物語に惹き込まれて、あっという間に読了。 柿の葉寿司... もっと読む

奈良まちはじまり朝ごはん3 (スターツ出版文庫)

93
3.53
いぬじゅん 2018年9月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

全てのお話が繋がっていて 驚きを隠せなかったし、 それでいてとても良いお話だった。 3冊とも買って良かったと思う。 もっと読む

君を忘れたそのあとに。 (スターツ出版文庫)

91
3.75
いぬじゅん 2019年11月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この本は優しさで溢れている。 親の都合で半年ごとに転校している瑞穂。 その学校へ転入してきた駿河。 なぜか惹かれる二人。 そこにはある理由... もっと読む

きみの知らない十二ヶ月目の花言葉 (スターツ出版文庫)

72
4.25
いぬじゅん 2020年4月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本当のことを言えなかったのは臆病だったから。とも言えるかもしれないけど、相手のことを考えていたのも間違いない。そんな悲しいけれど、優しい沢山の嘘が取り巻く... もっと読む

新卒ですが、介護の相談うけたまわります (メゾン文庫)

65
4.20
いぬじゅん 2018年6月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

介護畑出身の著者が描くハートフルな介護小説。静岡県浜松市を舞台に、特養に併設された介護保険外事業所で奮闘する新米相談員の葛藤と成長の日々を描いています。 ... もっと読む

終電間際オンライン 小説集

63
2.50
七月隆文 2020年12月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

春茶が好きで購入。 結構有名な作家さん達の短編小説集。 いぬじゅんのやつ悲しかったなぁ。笑 あー、わかる。って共感できるような私たちの年代の共感ゾーンが多... もっと読む

その冬、君を許すために (ポプラ文庫ピュアフル い 6-3)

62
2.83
いぬじゅん 2021年1月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

過去にひき逃げ事故に遭い、一部の記憶を失った春哉は、ある日「誰かに追われている」と突然女性から声をかけられた。そこから「運命の出会い」かのように親しくなり... もっと読む

君がオーロラを見る夜に (角川文庫)

58
4.00
いぬじゅん 2020年3月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

約束。守られないまま消えてしまった約束。 もう意味ないのに、ずっと覚えてる。 やっぱりなんだか薄く感じる。 多分ラストがあっさり過ぎるんだ。 ... もっと読む

ラストは絶対、想定外。~スターツ出版文庫 7つのアンソロジー2~

49
4.00
いぬじゅん 2019年7月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

7人による、優しさと切なさとちょっと怖い短編集。 もっと読む

願うなら、星と花火が降る夜に (LINE文庫)

42
4.00
いぬじゅん 2019年8月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

主人公が固執して姉を嫌ってる理由が納得できず読んでいて少し苛立ちを覚えた もっと読む
全84アイテム中 1 - 20件を表示

いぬじゅんの関連サイト

ツイートする
×