さかはらあつしのおすすめランキング

プロフィール

映画監督、路上の哲学者。1966年、京都府に生まれる。京都大学経済学部でゲーム理論と組織の経済分析を専攻。卒業後、電通に入社するが、地下鉄サリン事件の被害者となり退職。その後、渡米してMBAを取得し、シリコンバレーでベンチャー企業に参加する。2001年には、アメリカで製作に参加したアメリカ映画「Bean Cake(おはぎ)」がカンヌ国際映画祭短編部門でパルムドール(最高賞)を受ける。
著書に『サリンとおはぎ』(講談社)、『プロアクティブ学習革命』(イースト・プレス)がある。
アレフの荒木浩広報部長に密着し、オウム真理教の真実に迫るドキュメンタリー「一枚の写真」を製作中。

「2015年 『地下鉄サリン事件20年 被害者の僕が話を聞きます』 で使われていた紹介文から引用しています。」

さかはらあつしのおすすめランキングのアイテム一覧

さかはらあつしのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『サリンとおはぎ 扉は開くまで叩き続けろ』や『小さくても勝てます』や『直線は最短か?~当たり前を疑い創造的に答えを見つける実践弁証法入門』などさかはらあつしの全11作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

サリンとおはぎ 扉は開くまで叩き続けろ

114
3.87
さかはらあつし 2010年3月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

偶然図書館で手にした本で、この著者は全く知らなかった。 四浪して京大に合格し、カリフォルニア大学バークレーでMBAを取得するという方だか、その間二度の交通... もっと読む

小さくても勝てます

95
4.08
さかはらあつし 2017年12月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

立ち読みで読んだつもりになっていたけども、買ってちゃんと読んだらすごく良い本でした。 実話ベースのようで、ある床屋さんの青年店主が経営コンサルタント的な役... もっと読む

直線は最短か?~当たり前を疑い創造的に答えを見つける実践弁証法入門

48
3.33
阪原淳 2020年6月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

異質なものを組み合わせて新しいことを考えましょう、差別化のためにもあえて人と違う組み合わせを考えて行きましょうというシュンペーターが言うイノベーションの話... もっと読む

次世代へ送る〈絵解き〉社会原理序説

30
3.86
さかはらあつし 2014年9月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

簡単な文字で深い考えを述べました。何回も読み返す価値のある一冊です。 もっと読む

地下鉄サリン事件20年 被害者の僕が話を聞きます

27
3.17
さかはらあつし 2015年2月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

地下鉄サリン事件から20年たった2015年に事件の被害者である著者とオウム真理教元幹部である上祐氏との対談。 被害者側と加害者側が面と向かって話をす... もっと読む

徹底的自分中心 プロアクティブ学習革命

21
2.43
さかはらあつし 2013年1月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

敬愛するさかはら氏の本である。 プロアクティブとは「前向き」とか「主体的」という意味であり、本書では「自分に合った主体的な勉強法」のことをプロアクティブ学... もっと読む

小さくても勝てます

8
5.00
さかはらあつし 電子書籍 2017年12月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

"『小さくても勝てます』は経営や経済について勉強をする方、中小企業や店舗の経営をされている方にとって有意義です。作中に出てくるだけでなく、各章末にキーワー... もっと読む
全11アイテム中 1 - 11件を表示
ツイートする
×