せきしろのおすすめランキング

プロフィール

1970年北海道生まれ。
主な著書に、映像化された『去年ルノアールで』や、『不戦勝』(共にマガジンハウス)『逡巡』(新潮社)『海辺の週刊大衆』(双葉社)などがある。
また、又吉直樹氏との共著『カキフライが無いなら来なかった』『まさかジープで来るとは』(幻冬舎)、西加奈子氏との共著『ダイオウイカは知らないでしょう』(マガジンハウス)では、それぞれ自由律俳句と短歌に挑んでいる。

「2016年 『たとえる技術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

せきしろのおすすめランキングのアイテム一覧

せきしろのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『カキフライが無いなら来なかった』や『まさかジープで来るとは』や『カキフライが無いなら来なかった (幻冬舎文庫)』などせきしろの全47作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

カキフライが無いなら来なかった

1403
3.89
せきしろ 2009年6月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

せきしろ氏&又吉氏の自由律俳句&掌編小説集。 全体的な印象では、自由律俳句は余白が多いせきしろ氏の方が良かった。 蚊に刺されるために生きたような日だ キ... もっと読む

まさかジープで来るとは

1173
3.95
せきしろ 2010年12月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「イントロはよかった」 そう、ほんとにそう。 でも、否定的なことは口にしない。 自分の世界が絶対じゃない。 でも、なぜゆえに。 消せない想いは自分の中... もっと読む

カキフライが無いなら来なかった (幻冬舎文庫)

625
3.90
せきしろ 2013年10月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった一年間のこと」て紹介されていて読んでみた。 自由律俳句。 はっきり言っておもしろ... もっと読む

去年ルノアールで

394
3.81
せきしろ 2006年2月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なかなか面白かった。あるあるネタ満載で誰もが感じたことがあるなぁ〜っことが描かれてる。とてもよかった。 もっと読む

去年ルノアールで 完全版 (マガジンハウス文庫 せ 1-1)

363
3.80
せきしろ 2008年12月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この本は、ずぅーっと気にしていたけれど、本屋では置いてなかったり忘れてたりで5年くらいの月日が経ちました。 そして、ついに本のことを覚えていて本屋に並ん... もっと読む

ダイオウイカは知らないでしょう

335
3.88
西加奈子 2010年10月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

雑誌「anan」連載コーナー「短歌上等!」を1冊にまとめたのが本書。 短歌初心者の西加奈子さんとせきしろさんが、毎回のゲストと一緒にお題に合った短歌を詠... もっと読む

たとえる技術

335
3.27
せきしろ 2016年10月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

たとえる、ということだけで1冊の本を書けるとは! 自由律俳句できらりと光っていた著者のセンスが本書でも炸裂しています。 スケールもニュアンスも自由自在... もっと読む

ダイオウイカは知らないでしょう (文春文庫)

288
3.82
西加奈子 2015年2月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

西加奈子さんとせきしろさん、という短歌の超初心者が気軽に短歌を作ってみました、何も知らないふたりだからこそ、の斬新さ、面白さをお楽しみください的な企画なの... もっと読む

学校の音を聞くと懐かしくて死にたくなる

192
3.31
せきしろ 2012年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

太陽光線が強くなると 今の私では (ちっ!紫外線がっ…!!) と、老い行く体にかかる負担の事のみで頭がいっぱいになってしまうが、 学生の頃は違った... もっと読む

逡巡

140
3.45
せきしろ 2012年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

動物が笑わない、というのはきっと、 面白い事が無くても、つまらなくないから。だと思う。 人だけが笑う、と言われているのはきっと、 面白い事... もっと読む

hon-nin vol.00

121
3.35
宮藤官九郎 2006年9月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大人計画とか全然知らずに読んだのだけど、面白かったなあ。 もっと読む

1990年、何もないと思っていた私にハガキがあった

110
3.44
せきしろ 2017年6月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

すんごくじりじりした。 夢の話なんかおもしろくない(って最近読んだどの本かでも言ってたけど)って、わたしはけっこう夢の話好き。するのも好き。きくのも好き。... もっと読む

不戦勝

103
3.25
せきしろ 2008年8月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

妄想が激しすぎて意味がよく分からない所があった。 もっと読む

偶然短歌

93
3.39
いなにわ 2016年8月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

五七五七七の音は気持ちがいい。 テンポもいいし、心に響くものがある。 たとえそれが偶然であったとしても。 本書はそんな偶然できた短歌を見つけ出すプロ... もっと読む

hon-nin vol.01

91
3.29
宮藤官九郎 2006年12月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

シリーズっていうか、月刊に近いのかしら もっと読む

煩悩短編小説

70
3.13
せきしろ 2011年11月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あんまりノリきれなかった~。 残念です。 もっと読む

妄想道

69
3.57
せきしろ 2009年10月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

期待が大きかっただけに内容は残念 こういうスタイルは合わないのかもしれない 最後は卑怯だ、笑ったけど もっと読む

hon-nin vol.02

59
3.26
宮藤官九郎 2007年3月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

リリーさんと松尾さんの鬱々した対談が良い。今のご時勢、こういう気分を宿してない人はいない、というのは、なんだかちょっと励まされたんだった。 もっと読む

バカはサイレンで泣く (扶桑社文庫)

54
3.42
天久聖一 1998年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

言葉の一発芸。15年近く前のものだが、今でも十分笑える。 もっと読む
全47アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする