たがみよしひさのおすすめランキング

たがみよしひさのおすすめランキングのアイテム一覧

たがみよしひさのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『Comic M 早川書房創立70周年記念コミックアンソロジー〔ミステリ篇〕』や『軽井沢シンドロームSPROUT 1 (ヤングチャンピオンコミックス)』や『Nervous breakdown 1 (ノーラコミックス)』などたがみよしひさの全564作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

Comic M 早川書房創立70周年記念コミックアンソロジー〔ミステリ篇〕

83
2.50
高橋葉介 2016年1月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『Comic M 早川書房創立70周年記念コミックアンソロジー〔ミステリ篇〕』を読了。高橋葉介氏の「顔」、オカヤイズミさんの「そしてみんないる」、 小原愼... もっと読む

軽井沢シンドロームSPROUT 1 (ヤングチャンピオンコミックス)

71
3.59
たがみよしひさ マンガ 2002年7月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

軽井沢シンドロームから一世代後のお話です 主人公は軽井沢シンドロームの耕平の息子、薫平(くんぺい)。 薫平ちゃんも耕平ちゃんの血を濃く受け継いでいると... もっと読む

Nervous breakdown 1 (ノーラコミックス)

63
3.68

感想・レビュー

全巻再読 代表1巻 マンガ形式内でミステリ表現として文句なく素晴らしいが 登場人物たちの一昔前の大人らしさが独特の味 作者の個性がどうしても強く出過... もっと読む

軽井沢シンドロームSPROUT 2 (ヤングチャンピオンコミックス)

58
3.56
たがみよしひさ マンガ 2003年1月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

軽井沢シンドロームから一世代後のお話です 主人公は軽井沢シンドロームの耕平の息子、薫平(くんぺい)。 薫平ちゃんも耕平ちゃんの血を濃く受け継いでいると... もっと読む

軽井沢シンドロームSPROUT 4 (ヤングチャンピオンコミックス)

58
3.53
たがみよしひさ マンガ 2004年6月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

軽井沢シンドロームから一世代後のお話です 主人公は軽井沢シンドロームの耕平の息子、薫平(くんぺい)。 薫平ちゃんも耕平ちゃんの血を濃く受け継いでいると... もっと読む

Nervous breakdown 13 (ノーラコミックス)

57
3.75

感想・レビュー

再読 12巻まで省略 9巻10巻あたりがこの作者の最盛期と勝手に認定 ミステリとして情報を過不足なくマンガの形で しかも基本一話完結の形式として展開... もっと読む

軽井沢シンドロームSPROUT 3 (ヤングチャンピオンコミックス)

55
3.47
たがみよしひさ マンガ 2003年12月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

軽井沢シンドロームから一世代後のお話です 主人公は軽井沢シンドロームの耕平の息子、薫平(くんぺい)。 薫平ちゃんも耕平ちゃんの血を濃く受け継いでいると... もっと読む

Nervous breakdown 2 (ノーラコミックス)

53
3.64

感想・レビュー

「軽井沢シンドローム」とのクロスオーバー、個人的には一番面白かった安藤のアクション前後編「日曜日は殺意の日」、しんみりとした「平九郎最後の事件」等、意外性... もっと読む

Nervous breakdown 8 (ノーラコミックス)

53
3.80

感想・レビュー

死体遺棄に奔走する「死体と旅する男」が緊迫感あっていい。シリーズ通してみても屈指の面白さだろう。「その男達、凶暴につき」の三編もアクション色が強いが、及ば... もっと読む

Nervous breakdown 4 (ノーラコミックス)

53
3.67

感想・レビュー

三輪が記憶喪失になる「白いカーテン」や安堂がうっかりの「消されかけた探偵」など、らしくもない一面をみせる作品多し? 記憶喪失の三輪は結構まともなので、バカ... もっと読む

Nervous breakdown 12 (ノーラコミックス)

53
3.75

感想・レビュー

芸能人にはまってしまう三輪って言うのは、あんまりらしくない感じがするなあ。推理部分は、あまり込み入った話はないのが個人的にはありがたいが、全体を通して印象... もっと読む

軽井沢シンドロームSPROUT 5 (ヤングチャンピオンコミックス)

53
3.53
たがみよしひさ マンガ 2005年5月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ということで、耕平ちゃん復活!! 作者の方は、あんまり復活してないようですが……。 物語のようになにか明確な原因があってああなったわけではなさ... もっと読む

Nervous breakdown 9 (ノーラコミックス)

52
4.10

感想・レビュー

台詞、効果音一切なしの「    」の漫画として意欲的な試みに、「盛久街の殺人」の親子のすれ違う思惑など、面白い話が揃っている。ただ「バイバイ・エンゼル」は... もっと読む

Nervous breakdown 3 (ノーラコミックス)

52
3.70

感想・レビュー

推理漫画というよりは探偵漫画という趣きが強い。安堂の初仕事の「ゼロの頂点」はややこしい上に京子の行動に疑問が。「すごく静かに殺せ」は推理ではないけど、悪く... もっと読む

Nervous breakdown 5 (ノーラコミックス)

52
3.83

感想・レビュー

「あした元気にしておくれ」前後編が面白い。緊張感とスピード感のある展開で、事件の動きが分かり易くなっているのがいい。事件と思惑が交錯するものの、真犯人が最... もっと読む

Nervous breakdown 7 (ノーラコミックス)

52
3.82

感想・レビュー

朽木登場。「ミッドナイト・ブルー」前後編の男たちのダメ人間ぶりというか、屑人間ぶりと言うかの描き方は上手いなあ。推理がメインの話では、動機付けが弱く感じら... もっと読む

Nervous breakdown 6 (ノーラコミックス)

52
4.00

感想・レビュー

話に連続性の出てきた第六巻。安堂が片付いたと思ったら、三輪ちゃんに春の予感が……この巻の主要エピソードである「田沼家の一族」は、安藤がどう言った経緯で真相... もっと読む

化石(いし)の記憶 (Vol.1) (秋田文庫 (22-3))

51
3.77
たがみよしひさ 2006年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

映画っぽい、所謂クサイ演技?最近少ないタイプのマンガ もっと読む

Nervous breakdown 10 (ノーラコミックス)

51
3.90

感想・レビュー

「木杖行最終バス」の、シリーズでも異色な雰囲気や、徹頭徹尾アクションの「燃える男」の攻防戦など、推理ものではないものが面白い。逆に、推理ものは色々と苦しい... もっと読む

軽井沢シンドロームSPROUT 7 (ヤングチャンピオンコミックス)

50
3.36
たがみよしひさ マンガ 2006年9月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

軽井沢シンドロームから一世代後のお話です 主人公は軽井沢シンドロームの耕平の息子、薫平(くんぺい)。 薫平ちゃんも耕平ちゃんの血を濃く受け継いでいると... もっと読む
全564アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×