なだいなだのおすすめランキング

プロフィール

作詩:1929~2013。精神科医・作家・評論家。慶應大学医学部卒業後、医師として病院に勤務する傍ら、芥川賞の候補に6回上るなど旺盛な文筆活動でも知られ、著書は70冊を超えた。1969年『娘の学校』で婦人公論読者賞受賞。1975年『お医者さん』で毎日出版文化賞受賞。


「2017年 『女声合唱とピアノ五重奏のための いのりカンタービレ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

なだいなだのおすすめランキングのアイテム一覧

なだいなだのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『権威と権力――いうことをきかせる原理・きく原理 (岩波新書 青版 C-36)』や『民族という名の宗教―人をまとめる原理・排除する原理 (岩波新書)』や『神、この人間的なもの―宗教をめぐる精神科医の対話 (岩波新書)』などなだいなだの全197作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

権威と権力――いうことをきかせる原理・きく原理 (岩波新書 青版 C-36)

364
3.78
なだいなだ 1974年3月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

リーダーシップにもつながるし、政治権力ともつながる話。 集団生活をおくる上で避けて通れない問題に真正面から取り組んで、かなり本質的で明確な指標を示している... もっと読む

民族という名の宗教―人をまとめる原理・排除する原理 (岩波新書)

347
3.53
なだいなだ 1992年1月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

人間の歴史(猿人~古代国家~ローマ帝国~近代国家~明治維新、ユーゴスラビア、ユダヤ人)を振り返りながら、集団として人をまとめる原理について考察されている。... もっと読む

神、この人間的なもの―宗教をめぐる精神科医の対話 (岩波新書)

179
3.98
なだいなだ 2002年9月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

何十年ぶりかに再会した著者と友人の精神科医二人が、 若い頃にしていた「神は存在するか」という議論の続きを70才を超えた今再開したらどういう答えになるのか... もっと読む

心の底をのぞいたら (ちくま文庫)

138
3.50
なだいなだ 1992年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

少年少女向けの心理学入門。心の中を一緒に見て行こうというもの。こわいとはなにか?どういうことか?を出発点にして心の中をなださんと一緒に歩んでいく。そして意... もっと読む

くるいきちがい考 (ちくま文庫)

132
3.55
なだいなだ 1986年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

おそらく、精神科医という仕事をやっていれば、一度は誰だって考えるに違いない。クルウということは一体どういうことを示しているのか。 まずはクルッテイルという... もっと読む

TN君の伝記 (福音館文庫 ノンフィクション)

100
4.14
なだいなだ 2002年9月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

三酔人経綸問答の南海先生の恩賜民権から回復民権議論へ;戦後の新憲法はアメリカから与えられたものだが、それをよりどころとして、自分たちの力でえた権利と同じも... もっと読む

人間、この非人間的なもの (ちくま文庫)

75
4.18
なだいなだ 1985年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大学1年生の時、読書ばかりしてた時に読んだ本。人間は事件、テロや戦争などが起きると起こしたひとに対して非人間な人だと判断する。しかしそれは自分も起こしうる... もっと読む

こころの底に見えたもの

70
3.50
なだいなだ 2005年9月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

面白いような…難しいような…いまいちよく分からない部分があった。「うわ、すんごい面白い」と思った瞬間、盛り下がったりすることが多かった。あと脱線が多いよう... もっと読む

“こころ”の定点観測 (岩波新書)

62
3.35
なだいなだ 2001年3月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

735円購入2010-07-06 もっと読む

アルコール問答 (岩波新書)

59
3.32
なだいなだ 1998年3月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

中島らのエッセイに登場したのをきっかけに読みました。 もっと“とっつきにくい”かと思ってましたが、意外と面白く読みました。 ま、酒飲みながら読んだので... もっと読む

いじめを考える (岩波ジュニア新書)

47
3.20
なだいなだ 1996年6月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ソクラテスとプラトンの対話編を感じさせるような対話でいじめの本質を平易な言葉で明らかにしていく。 根源的な話から、歴史、文化、社会を考察し、いじめを真正... もっと読む

とりあえず今日を生き、明日もまた今日を生きよう

43
3.09
なだいなだ 2013年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なださんが亡くなっていたことを、図書館で別の本を手に取った時に知った。 亡くなる前日まで、ブログの更新を続けていたらしい。 大学生の頃、古本屋をめぐっ... もっと読む

こころ医者講座 (ちくま文庫)

41
4.33
なだいなだ 2009年10月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読んでよかった。すべて理解したわけじゃないけど。反省すること多し。私にだってできるのかな。 もっと読む

常識哲学: 最後のメッセージ (単行本)

38
3.74
なだいなだ 2014年5月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

83歳になられたなださんが、母校での講演の際に話し足りなかった草稿をもとに書かれたもの。哲学者カントの”何をなすべきか”という命題を引用しながらなださん自... もっと読む

おっちょこちょ医 (集英社文庫)

37
4.25
なだいなだ 1979年10月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

エンデの「モモ」を彷彿させる物語。お話はのんびりとやさしい笑いで始まるが、後半はヒトラーを模した人物の登場で暗雲がかかる。 文庫の初版は昭和54年。 しか... もっと読む

噴版 悪魔の辞典

37
3.76
安野光雅 1986年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「毒舌」を自称する人は往々にしてただ口が悪い、言葉が汚いだけであることがほとんどです。 「毒舌」を目指すならこれを読んで、もっと機知に富んだものにしないと... もっと読む

信じることと、疑うことと (ちくま文庫)

34
3.47
なだいなだ 1996年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

当り前が当り前であることほど不思議なことはない。さうした不思議を不思議と感じつつも、当り前だといふことに気づくと、不思議な当り前は決してそのひとから離れる... もっと読む

教育問答 (中公新書 488)

29
3.38
なだいなだ 1977年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この本の懸念する、「はじめやさしく、後で厳しく」といったことになっているような気がする現在。少なくとも自分は将来的に注意したいところです。 もっと読む
全197アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする