ほしおさなえのおすすめランキング

プロフィール

ほしお さなえ
1964年東京都生まれ。作家・詩人。父に翻訳家・評論家の小鷹信光、夫に作家・思想家の東浩紀。
東京学芸大学卒業後、理工系出版社、大学研究補佐員をへて、作家活動へ。
95年「影をめくるとき」が第38回群像新人文学賞優秀作受賞して詩人としてデビュー。2002年には長編小説『ヘビイチゴ・サナトリウム』が、第12回鮎川哲也賞最終候補作となる。16年に刊行された『活版印刷三日月堂 星たちの栞』が話題を呼び、第5回静岡書店大賞(映像化したい文庫部門)を受賞するなど人気シリーズとなる。

ほしおさなえのおすすめランキングのアイテム一覧

ほしおさなえのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『([ほ]4-1)活版印刷三日月堂 (ポプラ文庫)』や『活版印刷三日月堂 海からの手紙: 海からの手紙 (ポプラ文庫)』や『([ほ]4-3)活版印刷三日月堂 庭のアルバム (ポプラ文庫)』などほしおさなえの全47作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

([ほ]4-1)活版印刷三日月堂 (ポプラ文庫)

1967
3.94
ほしおさなえ 2016年6月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

全編通して温かい気持ちになる。 祖父から受け継いだ活版印刷の『三日月堂』を再開させた店主の弓子さんと、三日月堂との関わりで少しだけ人生への前向きさを取り戻... もっと読む

活版印刷三日月堂 海からの手紙: 海からの手紙 (ポプラ文庫)

1038
4.02
ほしおさなえ 2017年2月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

シリーズ第二弾 こちらも4編からなる連作。 いやー面白かった。 登場人物がみんな素敵なヒトばかり。 どれもよかったけれど、個人的には「あわゆきのあと」が... もっと読む

([ほ]4-3)活版印刷三日月堂 庭のアルバム (ポプラ文庫)

763
4.22
ほしおさなえ 2017年12月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読み終わってしまうのが勿体なくて楽しみに残しておいたシリーズ第3弾と第4弾だったが、番外編として第5弾と第6弾が刊行されたので急遽読むことに。 「カムパネ... もっと読む

活版印刷三日月堂 雲の日記帳 (ポプラ文庫)

734
4.31
ほしおさなえ 2018年8月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

温かい物語だった。悪い人は出てこなくて、みんなが悩みながら心に痛みを抱えながら真摯に生きていた。世界がこんな風に優しかったらいいのにと。しんみりと胸がいっ... もっと読む

([ほ]4-5)活版印刷三日月堂 空色の冊子 (ポプラ文庫)

401
3.91
ほしおさなえ 2019年12月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

まさかあると思っていなかった番外編の第一弾。なので本編を思い出しながらしみじみと読めました。 弓子さんが生まれる前、そして生まれてから母・祖父母、そして... もっと読む

([ほ]4-6)活版印刷三日月堂 小さな折り紙 (ポプラ文庫)

393
4.00
ほしおさなえ 2020年1月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

シリーズ第六弾。 裏表紙には三日月堂の「未来」が描かれる番外編と。 6編からなる連作。 前5編がこれまでのような、登場人物を主役にした周りのお話。 最後... もっと読む

菓子屋横丁月光荘 歌う家 (ハルキ文庫 ほ 5-1)

389
3.49
ほしおさなえ 2018年8月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

家の声が聞こえる守人。怖い話ではなく、ほんのり温かい話。川越は行ったことがないけれど、古い町並みがとてもいいところということが伝わってくる。孤独な守人は、... もっと読む

金継ぎの家 あたたかなしずくたち (幻冬舎文庫)

243
3.85
ほしおさなえ 2019年10月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

良い時間を味わえた、一冊。 あぁ、なんか良かったな。 流れるような文章、落ち着いた静かな言葉が溢れているおかげがな。読んでいて自然にざらついた心も滑ら... もっと読む

菓子屋横丁月光荘 浮草の灯 (ハルキ文庫)

216
3.85
ほしおさなえ 2019年6月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

① この本を選んだ理由 このシリーズを読み始めたので、その続きで。 ②あらすじ  3部構成。 浮草の灯、切り紙、二軒家。 浮草の灯では、活版印刷三日月... もっと読む

三ノ池植物園標本室 上 眠る草原 (ちくま文庫)

189
3.97
ほしおさなえ 2018年12月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

漂う雰囲気がいい、一冊。 会社を辞めた主人公 風里。 散歩道で出会った古い一軒家に惹かれ住むことに。 序盤から漂う柔らかな雰囲気がいい。 偶然か必... もっと読む

夏草のフーガ

169
3.59
ほしおさなえ 2011年7月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

人、その日々は、草のよう、 その盛りは、野の花のよう。 そうつぶやきながら、おばあちゃんがコツコツと作り続けて 天井いっぱいに吊り下げられたヒンメリが目... もっと読む

紙屋ふじさき記念館 麻の葉のカード (角川文庫)

167
3.87
ほしおさなえ 2020年2月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

紙の展示&紙グッズの開発やコーディネイトをしている記念館のバイトをすることになった女子大生。不愛想な館長とうまくやっていけるのか?冒頭のイベントの描写笑っ... もっと読む

三ノ池植物園標本室 下 睡蓮の椅子 (ちくま文庫)

162
4.06
ほしおさなえ 2018年12月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

繊細さを感じた、一冊。 下巻は終始繊細さを感じた。 人の心の奥底に眠る表からじゃわからない繊細な部分。 それを見せられていくと同時に、その一つの箇所を... もっと読む

空き家課まぼろし譚 (講談社ノベルス)

161
3.35
ほしおさなえ 2011年1月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本海にある架空の水の都、日本のベニスと呼ばれる海市でのほっこりするちょっぴり不思議なおはなし4つ。使われなくなった趣のある家を上手に生き返らせる仕事をし... もっと読む

銀塩写真探偵 一九八五年の光 (角川文庫)

143
3.42
ほしおさなえ 2018年5月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これもシリーズ化ですかね。普通です。 もっと読む

ヘビイチゴ・サナトリウム (ミステリ・フロンティア)

137
2.73

感想・レビュー

女子校の屋上からの連続墜死事件と、墜死した生徒と教師が合作した小説の盗作疑惑、更に重なる教師の自殺した妻が残したネットサイトの文章。コロコロと変わる視点や... もっと読む

菓子屋横丁月光荘 文鳥の宿 (ハルキ文庫 ほ 5-3)

136
4.20
ほしおさなえ 2020年6月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

月光荘シリーズ2冊を読んだあとに三日月堂シリーズ6冊を読み、その後この本だったので、正直、登場人物や内容が混乱した。結局、月光荘シリーズ前2冊も読み返しな... もっと読む

ふしぎな声のする町で: ものだま探偵団

120
3.90
ほしおさなえ 2013年7月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ものについているたましい「ものだま」を手がかりに、フシギな事件を解決していきます。フツーの探偵ものではなく「ものだまのしわざ」というまったく新しい観点のお... もっと読む

ヘビイチゴ・サナトリウム (創元推理文庫)

113
3.10

感想・レビュー

読み終わっても結局何だったのかさっぱりわかりません。誰が何のためにどうしてと頭の中?ばっかりです。 もっと読む

空き家課まぼろし譚 (講談社文庫)

108
3.27
ほしおさなえ 2016年4月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2020/5/6~5/8 かつて貿易港として栄えた水上都市・海市。街の景観を守るために作られた海市協会には、古い建物に新しい住人を探し出す空き家課と... もっと読む
全47アイテム中 1 - 20件を表示

ほしおさなえの関連サイト

ほしおさなえに関連する談話室の質問

ツイートする
×