ほしおさなえのおすすめランキング

プロフィール

ほしお さなえ
1964年東京都生まれ。作家・詩人。父に翻訳家・評論家の小鷹信光、夫に作家・思想家の東浩紀。
東京学芸大学卒業後、理工系出版社、大学研究補佐員をへて、作家活動へ。
95年「影をめくるとき」が第38回群像新人文学賞優秀作受賞して詩人としてデビュー。2002年には長編小説『ヘビイチゴ・サナトリウム』が、第12回鮎川哲也賞最終候補作となる。16年に刊行された『活版印刷三日月堂 星たちの栞』が話題を呼び、第5回静岡書店大賞(映像化したい文庫部門)を受賞するなど人気シリーズとなる。

ほしおさなえの関連サイト

ほしおさなえのおすすめランキングのアイテム一覧

ほしおさなえのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『([ほ]4-1)活版印刷三日月堂 (ポプラ文庫)』や『([ほ]4-2)活版印刷三日月堂: 海からの手紙 (ポプラ文庫)』や『([ほ]4-3)活版印刷三日月堂 庭のアルバム (ポプラ文庫)』などほしおさなえの全29作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

([ほ]4-1)活版印刷三日月堂 (ポプラ文庫)

1371
3.96
ほしおさなえ 2016年6月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「世界は森」「八月のコースター」「星たちの涙」「ひとつだけの活字」。ツボに入ってしまったのか、1章読むごとにうるうるきてしまって、うわぁ…どうしよう…と収... もっと読む

([ほ]4-2)活版印刷三日月堂: 海からの手紙 (ポプラ文庫)

666
4.08
ほしおさなえ 2017年2月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「ちょうちょうの朗読会」「あわゆきのあと」「海からの手紙」「我らの西部劇」の4編。前半の2編は読みながら涙がじわじわっと出てきた。後半の2編はいまいち入り... もっと読む

([ほ]4-3)活版印刷三日月堂 庭のアルバム (ポプラ文庫)

420
4.26
ほしおさなえ 2017年12月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いくら活版が流行りとは言え、 このモチーフでは シリーズも長くは続かないだろうと 決めつけていました。 弓子が手探りで印刷所を再開したのと 同じように ... もっと読む

活版印刷三日月堂 雲の日記帳 (ポプラ文庫)

312
4.47
ほしおさなえ 2018年8月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

終わってしまった。。。スピンオフの計画もあるそうなので(科学マガジン掲載のやつとか)それを楽しみに。 シリーズ通して三日月堂のお客目線で書かれていた... もっと読む

空き家課まぼろし譚 (講談社ノベルス)

151
3.33
ほしおさなえ 2011年1月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

連作短編4編 海市というベニスに似た架空の街を舞台に,空き家を再生するという都市構想の元,ちょっと頼りない間宮明と課長の娘汀のコンビが不思議なことに出会... もっと読む

夏草のフーガ

149
3.58
ほしおさなえ 2011年7月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

人、その日々は、草のよう、 その盛りは、野の花のよう。 そうつぶやきながら、おばあちゃんがコツコツと作り続けて 天井いっぱいに吊り下げられたヒンメリが目... もっと読む

ヘビイチゴ・サナトリウム (ミステリ・フロンティア)

129
2.72
ほしおさなえ 2003年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

女子校の屋上からの連続墜死事件と、墜死した生徒と教師が合作した小説の盗作疑惑、更に重なる教師の自殺した妻が残したネットサイトの文章。コロコロと変わる視点や... もっと読む

菓子屋横丁月光荘 歌う家 (ハルキ文庫 ほ 5-1)

129
3.83
ほしおさなえ 2018年8月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

川越を訪れたくなります 古き良きもの 家はそこに住む人と想いを繋いでいく 美しい話ですが「活版印刷三日月堂」の方が好きかな 登場人物を無理に押し込... もっと読む

ヘビイチゴ・サナトリウム (創元推理文庫)

97
3.13

感想・レビュー

読み終わっても結局何だったのかさっぱりわかりません。誰が何のためにどうしてと頭の中?ばっかりです。 もっと読む

恩寵

94
3.81
ほしおさなえ 2008年12月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

植物園でアルバイトを始めた刺繍が趣味の二十八歳の風里が住む事にした、鬱蒼とした庭の奥の離れの、今は無人の母屋に纏わる色々が、日々や妊娠といった現実の風里の... もっと読む

ふしぎな声のする町で: ものだま探偵団

90
3.90
ほしおさなえ 2013年7月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ものについているたましい「ものだま」を手がかりに、フシギな事件を解決していきます。フツーの探偵ものではなく「ものだまのしわざ」というまったく新しい観点のお... もっと読む

みずうみの歌

83
3.52
ほしおさなえ 2013年10月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

町が水に沈んでいる事もあって、全体的に寂しい雰囲気。 亡くした人の面影でポカリとあいた穴を抱えて、心のありようを探しているひっそりとした物語。 もっと読む

モドキ

77
2.90

感想・レビュー

温かい話を探してのジャケ借りだったので 期待の裏切られ方は衝撃だった。 小さくて不完全なコピーを増殖させるウイルス。 この描写がなんともえぐい... もっと読む

銀塩写真探偵 一九八五年の光 (角川文庫)

75
3.63
ほしおさなえ 2018年5月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【あらすじ】 陽太郎の師、写真家の弘一には秘密の顔があった。それは銀塩写真探偵という驚くべきもの。ネガに写る世界に入り、過去を探れるというのだ。入れるのは... もっと読む

オレンジの陽の向こうに

72
2.86
ほしおさなえ 2011年3月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

同じ家で暮らしているのに、ある日を境にぱったりと会えなくなるふたり。 帰ってきた気配も感じられない上に、電話も繋がらない。 不安な数日を過ごした後... もっと読む

天の前庭 (ミステリ・フロンティア)

69
2.90
ほしおさなえ 2005年7月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

図書館にて。 時間や場所、設定や物語が交錯してちょっと散漫な感じ? 私が理解できなかっただけかな? もっと読む

飯テロ 真夜中に読めない20人の美味しい物語 (富士見L文庫)

69
2.82
名取佐和子 2017年12月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いろんな食物語を詰め込んだアンソロジー。 人気作家の書き下ろし短編小説やコミック、 『カクヨム』に掲載されていた、富士見L文庫× カクヨム「美味しい... もっと読む

空き家課まぼろし譚 (講談社文庫)

62
3.25
ほしおさなえ 2016年4月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本のベニスと呼ばれる水上都市で、課の最年少職員で勤めて二年の明が上司の娘で五年生の汀に引き回されながら空き家を回る。バラ屋敷に宝探し、ミッション系女子校... もっと読む

駅のふしぎな伝言板 (ものだま探偵団)

49
4.13
ほしおさなえ 2014年7月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

謎の暗号も出てきてますます探偵らしくなってきた2巻 ものだまと人の想いに心が温かくなります もっと読む

お父さんのバイオリン

48
4.13
ほしおさなえ 2011年11月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

おもしろかった。けど、何もかもがきちんと整理されて解き明かされていくのはちょっとどうかと思う。それはすこし余韻を残してなぞでもいいんじゃないの?って思うと... もっと読む
全29アイテム中 1 - 20件を表示

ほしおさなえに関連する談話室の質問

ツイートする