みうらじゅんのおすすめランキング

プロフィール

いとうせいこう●1961年東京生まれ。早稲田大学卒業後、編集者を経て作家デビュー。みうらじゅん●1958年京都生まれ。武蔵野美術大学在学中に漫画家デビュー。

「2018年 『仏像ロケ隊がゆく 見仏記7』 で使われていた紹介文から引用しています。」

みうらじゅんのおすすめランキングのアイテム一覧

みうらじゅんのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『見仏記 (角川文庫)』や『マイ仏教 (新潮新書)』や『新装版 ほぼ日の就職論「はたらきたい。」 (ほぼ日ブックス)』などみうらじゅんの全447作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

見仏記 (角川文庫)

1100
3.69
いとうせいこう 1997年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

前半は比較的行ったことのある場所だったので読みやすかった。行ったことのない場所でも、二人の仏像に対する想いと表現が面白すぎて、いつか見に行きたい!と思わせ... もっと読む

マイ仏教 (新潮新書)

1020
3.83
みうらじゅん 2011年5月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

図書館で借りてきた本だが、これはいつか買わねばならぬ本だった。 みうらさんが語るマイ仏教は優しい。そして、気高い。それは、みうらさんが仏教の思想を通して培... もっと読む

新装版 ほぼ日の就職論「はたらきたい。」 (ほぼ日ブックス)

1011
4.08

感想・レビュー

「はたらく」ってどういうことなのか、私も実際働くまで全然わかっていなかった。「就職」の向こうにあるものは曖昧模糊としていて、やたらと疲れる嘘ばかりの不気味... もっと読む

「ない仕事」の作り方

988
3.83
みうらじゅん 2015年11月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

みうらじゅんの仕事はほとんど、今までなかった仕事を生み出してきた。 マイブーム、ゆるキャラなど、それまでなかった概念を作り出し、世の中に一般的に流布して... もっと読む

どうやらオレたち、いずれ死ぬっつーじゃないですか

642
3.68
みうらじゅん 2011年11月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

互いが褒め合ってないと結婚はダメになる、と語るみうらさんと、一度も結婚したことのないリリーさんと。 ぐ、具合…。。人生は具合がいい人を見つける旅…。 ... もっと読む

正しい保健体育 (よりみちパン!セ)

639
3.70

感想・レビュー

電車の中では決して読めない。笑いがとまらない、そんな1冊です。 もっと読む

アイデン&ティティ 24歳/27歳 (角川文庫)

624
3.72
みうらじゅん マンガ 1997年11月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

みうらじゅんの他の本に比べると、かなりまじめな本。 文庫本だけどマンガでした。 主人公が、本当のロックってなんだろうとか、 僕にとってのロ... もっと読む

色即ぜねれいしょん (光文社文庫)

592
3.66
みうらじゅん 2007年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

青春。 ぷんぷん匂う、高校生の男の子の正しい青春。 気持ちが清々しくなる。 優しい両親、ちゃんといいものをいいと認め合える友達、本人にとっては大問題の見栄... もっと読む

見仏記〈2〉仏友篇 (角川文庫)

443
3.57
いとうせいこう 1999年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

つい最近、またTVで見仏記をやっていて、そう言えば買って途中まで読んで置いたままだったと思い出し慌てて読んだ。 近畿圏内だと気になったら出掛ける事ができ... もっと読む

どうして人はキスをしたくなるんだろう?

381
3.75
みうらじゅん 2013年9月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本のサブカル界を牽引してきた永遠の中2コンビ、みうらじゅんと宮藤官九郎。この二人が、男と女、人生、趣味と仕事など、くだらなすぎて今さら人に聞くのは恥ずか... もっと読む

見仏記〈3〉海外編 (角川文庫)

310
3.47
いとうせいこう 2000年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いつもの二人が今回は海外へ! 行ってみたいと思っていたところも、全く知らないお寺も。 スケールの大きな大陸では移動が大変そうでしたが、いつも通りたのしくわ... もっと読む

D.T.

307
3.73

感想・レビュー

「童貞」及び「DT(童貞はかろうじて捨てられたものの童貞の心を捨てきれない人の事を言う)」についての対談形式の学術論文(笑) 最初は我がご主人様の顔を... もっと読む

とんまつりJAPAN―日本全国とんまな祭りガイド (集英社文庫)

282
3.64
みうらじゅん 2004年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

シュールでした。日本にはいろんな奇祭があるな〜と。ちなみに1つだけ行った事ある祭りがありました。 もっと読む

親孝行プレイ (角川文庫)

275
3.65
みうらじゅん 2007年4月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

気持ちの入る前にプレイと思って親孝行をせよ。親と言う理不尽な人種を客として自分はホスト、ホステスになった気分で♪この心構えが足りなかった。もっと帰省して親... もっと読む

青春ノイローゼ (双葉文庫)

252
3.51

感想・レビュー

いやもう笑った。15年以上前のエッセーだが色褪せないな、この人は。とにかく目の付け所が独特だ。 それにしても岡本信人さん、最近はめっきり見かけなくなったけ... もっと読む

見仏記4 親孝行篇 (角川文庫)

240
3.63
みうらじゅん 2006年1月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

全編をとおして親孝行編なのかと思ったらそれぞれの両親1回ずつでした。 でもおもしろくて一気に読んじゃった。 これ読むと仏を見たくなるんだけど、実際見て... もっと読む

いやげ物 (ちくま文庫)

236
3.48
みうらじゅん 2005年7月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

キッチュ。キャンプ。ダサい。変。 同じ会社が漠然した城に看板だけ立てて無理やりご当地みやげと主張していたり。 それにしても「二穴オヤジ」って、ダレよ!... もっと読む

LOVE (角川文庫)

229
3.42
みうらじゅん 2005年8月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

みうらじゅんは自分が大好きなのだ。それを全面に語っている。 その貫き通す具合がかっこいい。 学生時代の悩みは、貧乏でも無いし、ある程度欲しいものも... もっと読む

さよなら私 (角川文庫)

229
3.57
みうらじゅん 2012年9月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

みうらじゅんさんが提唱する「自分無くし」自分探しに疲れた人にはしっくりくる言葉ですよね。20年前に知りたかったですわ。 小分けになっているので読みやすいけ... もっと読む

さよなら私

223
3.84
みうらじゅん 2009年9月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

内容紹介)「私らしい私」なんて、どこにもいない。「自分」へのこだわりに別れを告げれば、人生はもっとラクに、楽しく生きられる⁉️読めば気持ちがラクになって、... もっと読む
全447アイテム中 1 - 20件を表示

みうらじゅんに関連する談話室の質問

ツイートする