よしもとばななのおすすめランキング

プロフィール

一九六四年、東京生まれ。詩人・思想家の吉本隆明の次女。日本大学藝芸術学部文芸学科卒業。八七年「キッチン」で海燕新人文学賞を受賞しデビュー。八八年「ムーンライト・シャドウ」で泉鏡花文学賞、八九年『キッチン』『うたかた/サンクチュアリ』で芸術選奨文部大臣新人賞、同年『TUGUMI』で山本周五郎賞、九五年『アムリタ』で紫式部賞、二〇〇〇年『不倫と南米』でドゥマゴ文学賞を受賞。海外での評価も高く、イタリアで九三年スカンノ賞、九六年フェンディッシメ文学賞〈Under35〉、九九年マスケラダルジェント賞、二〇一一年カプリ賞を受賞。著作は三〇か国以上で翻訳出版されている。他の著書に『王国』『サーカスナイト』『ふなふな船橋』『小さな幸せ46こ』『イヤシノウタ』など多数がある。Webサービス note にてメルマガ「どくだみちゃんとふしばな」を配信中。

「2018年 『小さな幸せ46こ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

よしもとばななのおすすめランキングのアイテム一覧

よしもとばななのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『デッドエンドの思い出 (文春文庫)』や『ハゴロモ (新潮文庫)』や『なんくるない (新潮文庫)』などよしもとばななの全257作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

デッドエンドの思い出 (文春文庫)

8559
3.76
よしもとばなな 2006年7月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 何から書こうかな。  小説の話ではなく、私の話なのですが、実は最近、入院していた母が、一人暮らしの家には戻らず、ホームに入居しました。  誰もいなくなっ... もっと読む

ハゴロモ (新潮文庫)

4322
3.61
よしもとばなな 2006年6月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

とても癒されました。それでいて、力強く背中を押してくれた、弱っているときにはたまらない。 愛情という拠り所を失った若い女性が都会から故郷へ帰ってくる。そ... もっと読む

なんくるない (新潮文庫)

2993
3.62
よしもとばなな 2007年5月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

どこまでも続く真っ青な空。 強く照りつける日差し。 キラキラと輝く エメラルドグリーンの海。 日に焼けた肌の痛み。 秋の匂いと ... もっと読む

みずうみ (新潮文庫)

2719
3.60
よしもとばなな 2008年11月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

切なく、儚く、でも永遠に残るを感じる作品でした。 全体的にとても好きです。 飛行機の中で、光る雲の海を見ているような… きれいすぎて悲しい気持ちととても... もっと読む

デッドエンドの思い出

2466
3.59
よしもとばなな 2003年7月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いい本です。 今、苦しさの只中にいて、「頑張れ、頑張れ」と力強く励まされるよりは 隣にすわって肩をぽんぽん、と静かにたたいてほしい人。 ビュービュー... もっと読む

High and dry(はつ恋) (文春文庫)

2366
3.75
よしもとばなな 2007年7月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

14才の女の子の話。 世の中のいろんなことがキラキラしている作品。 もっと読む

海のふた (中公文庫)

2353
3.71
よしもとばなな 2006年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今年読んだ中でいちばんすき。日常のしあわせを描写するじんわり温かな表現。まりとはじめちゃんの言葉に表れてる生き方に対する姿勢。とっても美しくて、ほっとする... もっと読む

アルゼンチンババア (幻冬舎文庫)

2303
3.41
よしもとばなな 2006年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

H29.5.6 読了。 飾らない自分で居られるユリさんのような人に出会ってみたい。 もっと読む

もしもし下北沢 (幻冬舎文庫)

1762
3.65
よしもとばなな 2012年8月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最初から最後まで「死」がまとわりついたお話しでしたが、舞台となった下北沢という町並みが重たい空気を包み込みあたたかく見守っているように感じられました。 もっと読む

王国〈その1〉アンドロメダ・ハイツ (新潮文庫)

1717
3.87
よしもとばなな 2010年2月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「つまりはちょっとゆがんたおとぎ話だ。」 このお話のことを雫石は本の冒頭でこう称した。 ゆがんでいる? 私にはそうは思えなかったけど、2冊目、3冊目と読み... もっと読む

おとなになるってどんなこと? (ちくまプリマ―新書)

1678
3.63
吉本ばなな 2015年7月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本の中の、愛の貯金について、(言葉が強いけれど)自殺が近づいてきたらの箇所が、ふと弱っている時に助けになります。 もっと読む

イルカ (文春文庫)

1625
3.63
よしもとばなな 2008年11月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

私のからだは私だけのものだ。その通りだと声を大にして言いたい。私のからだは私だけのものです。それは確かに確信をもっていえる。誰かに支配されるものではない。... もっと読む

High and dry (はつ恋)

1603
3.54
よしもとばなな 2004年7月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

タイトルの通り人を好きになる初めの気持ちが切に描かれた一冊だった。 大人っぽくって、少し薄暗くてでも気持ちの良い場所に気持ちを持っていってくれた。もしかし... もっと読む

まぼろしハワイ (幻冬舎文庫)

1505
3.65
よしもとばなな 2010年8月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最近ハワイが熱くきてるので、ハワイの雰囲気を感じたくて。 ばななさんの小説はわかるようでわからない、わからないようでわかる。という相変わらずの独特な空気... もっと読む

王国―その1 アンドロメダ・ハイツ―

1438
3.68
よしもとばなな 2002年8月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

その2に続く小説なので、たくさん感想は書けないけれど… 楓(弱視の霊脳力的占い師)を見てると、知り合いの占い師、ミナコさんを思い出す。重なるところが多す... もっと読む

彼女について (文春文庫)

1415
3.59
よしもとばなな 2011年6月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ぼんやり感想 よしもとばなな先生の本、なんくるないが好きで、 繰り返し読んでた時期があり その時感じた、 よしもとばなな先生の独特の雰囲気をまとってて 匂... もっと読む

ハゴロモ

1361
3.52
よしもとばなな 2003年1月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

夢の中と現実で繋がっている空想的な世界観がすごい好きだった。出てくる登場人物も闇をかかえながらも他の人に支えられながら生きていて良かった。バスターミナルの... もっと読む

王国〈その2〉痛み、失われたものの影、そして魔法 (新潮文庫)

1323
3.87
よしもとばなな 2010年2月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

雫石とおばあちゃん、雫石と楓、雫石と片岡さん、雫石と真一郎くん、その全ての関係が美しくて読んでいて幸せな気持ちになる。 雫石がそれぞれのことを、それぞれに... もっと読む

チエちゃんと私 (文春文庫)

1310
3.54
よしもとばなな 2009年4月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

うーん。ちょっと手元に本が切れたので、うっかり購入してしまったけど、やっぱり最近のよしもとばななの文体は好みじゃないなあ。「○○な考え方な人はいっぱいいる... もっと読む

アルゼンチンババア

1268
3.40
よしもとばなな 2002年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

吉本ばななの本には、ほんわかしていて、とても変わっている人々が多く登場する気がします。 そしてとても大きなことについての“語り”のシーンがあります。... もっと読む
全257アイテム中 1 - 20件を表示

よしもとばななのおすすめ記事

よしもとばななに関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×