アイザック・アシモフのおすすめランキング

プロフィール

Isaac Asimov (1920―1992 )。アメリカの作家、生化学者。著書に『われはロボット』『ファウンデーション』『黒後家蜘蛛の会』等のSF,ミステリーのほか、『化学の歴史』『宇宙の測り方』等の科学啓蒙書やエッセイが多数ある。

「2014年 『生物学の歴史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

アイザック・アシモフのおすすめランキングのアイテム一覧

アイザック・アシモフのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『われはロボット 〔決定版〕 アシモフのロボット傑作集 (ハヤカワ文庫 SF)』や『鋼鉄都市 (ハヤカワ文庫 SF 336)』や『黒後家蜘蛛の会 1 (創元推理文庫 167-1)』などアイザック・アシモフの全340作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

われはロボット 〔決定版〕 アシモフのロボット傑作集 (ハヤカワ文庫 SF)

1720
4.01

感想・レビュー

人類の辿った未来を、ロボットと工学の進化という視点から描く。形式は連作短篇集で、翻訳がごくごく自然。読みにくさはなく、さくさく読めてしまう。 本書の前半... もっと読む

鋼鉄都市 (ハヤカワ文庫 SF 336)

1164
3.92

感想・レビュー

1954年刊行のSF名作。ロボット嫌いの人間の刑事ベイリとロボット探偵のR・ダニールが、宇宙市(スペース・タウン)で起こった「宇宙人殺人事件」の捜査にあた... もっと読む

黒後家蜘蛛の会 1 (創元推理文庫 167-1)

1011
3.78

感想・レビュー

アシモフを読むのは初めて。物凄い昔の人と思っていた。何故だろう。 兎も角、大昔のSFの人と思っていて、読んだことが無かった。 化学者、弁護士、暗号... もっと読む

ファウンデーション ―銀河帝国興亡史〈1〉 (ハヤカワ文庫SF)

927
3.94

感想・レビュー

SFに興味を持ち,ネットで評判のいいコレを初めてのSF小説としてよんでみた. 序盤はうさんくさい確率の話しがでてきて,ちょっと期待はずれだったのだけど(... もっと読む

アシモフの雑学コレクション (新潮文庫)

701
3.57

感想・レビュー

よく整理されていますが、本当に雑多な知識が盛りだくさん。 個人的にお気に入りの一冊。 もっと読む

ファウンデーション対帝国 ―銀河帝国興亡史〈2〉 (ハヤカワ文庫SF)

533
3.81

感想・レビュー

単純な性格の私。ミュールの正体が明かされた時には素直に驚いた。その能力については、いささか都合が良すぎる感じがしないではないけど、セルダン・プランの歪に生... もっと読む

第二ファウンデーション ―銀河帝国興亡史〈3〉 (ハヤカワ文庫SF)

493
3.90

感想・レビュー

惑星ターミナスのファウンデーションを占拠することに成功したミュールは、密かに状況に介入しているらしい「第二ファウンデーション」の存在に気づく。物理的科学技... もっと読む

黒後家蜘蛛の会 2 (創元推理文庫 167-2)

451
3.75

感想・レビュー

ミステリ。短編集。 SFじゃないアシモフははじめて。安楽椅子探偵もの。 文章には時代を感じるなぁ…。新訳を求む。 派手ではないが、なかなか。 「禁... もっと読む

はだかの太陽 (ハヤカワ文庫 SF 558)

365
3.90

感想・レビュー

鋼鉄都市からの続編、イライジャ・ベイリとダニール・オリヴォーの捜査小説。 この作品を読んでから、前作は推理よりも作中の地球の現状に重きが置かれていたのを感... もっと読む

黒後家蜘蛛の会 3 (創元推理文庫 167-3)

362
3.84

感想・レビュー

前巻まではヘンリーの謎解きを読めば、なるほどって思えたのですが、今回はちょっとキレが落ちたかな。説明されても、そうなのかって感じ。SFネタはアシモフさんの... もっと読む

黒後家蜘蛛の会〈5〉 (創元推理文庫)

350
3.85

感想・レビュー

謎を抱えて、ミラノレストランを訪れたくなる。いつでもヘンリーとじいちゃんたちがそこにいるようで。 ラストの一作が密室ものというのが何とも。 好みは『水... もっと読む

黒後家蜘蛛の会 (4) (創元推理文庫 (167‐5))

344
3.80

感想・レビュー

ゲストに女性が現れたり、最後の話のような驚きがあったりと趣向を変えた面白さもありました。話も前巻ほど難しくなかったです。ただ一巻二巻に比べると若干あっさり... もっと読む

神々自身 (ハヤカワ文庫SF)

315
3.58

感想・レビュー

西暦2070年、地球上には存在しないはずの「プルトニウム186」がとある科学者により発見された。この物質は、タングステンと交換に<平行宇宙>からもたらされ... もっと読む

夜明けのロボット〈上〉 (ハヤカワ文庫SF)

309
3.89

感想・レビュー

鋼鉄都市の続編、イライジャが三度事件を解決するサスペンスミステリー。 ダニールが前作よりも人間らしくなっていたり、グレディアとのほの甘い再開があったりとい... もっと読む

ファウンデーションと地球〈上〉―銀河帝国興亡史〈5〉 (ハヤカワ文庫SF)

288
3.69

感想・レビュー

ファウンデーションと地球〈上〉―銀河帝国興亡史〈5〉 (ハヤカワ文庫SF) もっと読む

化学の歴史 (ちくま学芸文庫)

281
4.29

感想・レビュー

化学という学問の歴史を振り返るにあたり、これほど素晴らしい本はなかなかないだろう。化学の思想と研究がどのようにして生まれ、発展し、今日に至るのかがこの一冊... もっと読む

ファウンデーションと地球〈下〉―銀河帝国興亡史〈5〉 (ハヤカワ文庫SF)

281
3.72

感想・レビュー

ファウンデーションと地球〈下〉―銀河帝国興亡史〈5〉 (ハヤカワ文庫SF) もっと読む
全340アイテム中 1 - 20件を表示

アイザック・アシモフに関連する談話室の質問

ツイートする