アガサクリスティーのおすすめランキング

アガサクリスティーのおすすめランキングのアイテム一覧

アガサクリスティーのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)』や『アクロイド殺し (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)』や『スタイルズ荘の怪事件 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)』などアガサクリスティーの全104作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

5099
3.97

感想・レビュー

ミステリー小説を好きになるきっかけとなった作品。本当に面白かった。 アガサ・クリスティ様様! 別の作品も読み進めたいです。 もっと読む

アクロイド殺し (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

4796
3.92

感想・レビュー

「この部屋の全員が何かを隠していらっしゃるのです。あなた方全員にお願いします。真実を語ってくださいーー包み隠さず」 深夜、シェパード医師のもとにかかって... もっと読む

スタイルズ荘の怪事件 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

2478
3.64

感想・レビュー

エルキュール・ポアロ初登場作品。そしてアガサ・クリスティーのデビュー長編小説。 大変楽しい読書時間だった。100年前に生まれた作品なのに、全く古さを感じ... もっと読む

オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

2374
3.92

感想・レビュー

偶然ポアロが乗車したオリエント急行内で起きた殺人事件。会社の重役から依頼を受けて、捜査に乗り出す。 乗客からの聞き込みを開始するが、個性豊かな13人には... もっと読む

オリエント急行の殺人 ((ハヤカワ文庫―クリスティー文庫))

2222
4.10

感想・レビュー

おぉー!! おおぉー!! もはや陳腐な感嘆詞しか出てこない(笑) 一気読みでした、面白かった〜♪ その前に読んだ『青列車の秘密』は、なんだかぼんやりし... もっと読む

ナイルに死す (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

1476
3.89

感想・レビュー

ゆったりから加速するミステリ。 舞台はナイル河をさかのぼる豪華客船。 限られた場所、限られた人物で描かれる物語は文句なしに心を弾ませる。 事件が起き... もっと読む

火曜クラブ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

1006
3.74

感想・レビュー

ミスマープルシリーズを初めて読んだ。当時雑誌に掲載されていた13の短編を集めたもので、単行本化されたのはシリーズ2作目になるらしい。 火曜日にそれぞれが... もっと読む

パディントン発4時50分 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

773
3.67

感想・レビュー

まだ事件になってい殺人の目撃場面から始まり、ルーシーという頭脳明晰なフリーランスの売れっ子家政婦という魅力的な探偵補佐役を配しての展開が新鮮!時代背景や犯... もっと読む

ひらいたトランプ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

722
3.66

感想・レビュー

ポアロもの長編。ブリッジのルールが分からなくてもどかしい感あったが終盤のたたみかける展開が読ませる。解説によるとポアロとオリヴァ夫人が絡む話の一作目と。ク... もっと読む

メソポタミヤの殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

703
3.50

感想・レビュー

考古学者の夫の依頼で情緒不安定な妻ルイーズの世話をするためにイラクの発掘現場に向かった看護婦のエイミー。ルイーズは、自分が裏切ったために死んだはずの元夫か... もっと読む

三幕の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

682
3.55

感想・レビュー

ポアロもの長編。犯人よりその動機に唖然。素人探偵達の行動で集まった材料をポアロが最後一気に解明する心地よさ。クィン氏に出てくるサタースウェイトの存在がほっ... もっと読む

白昼の悪魔 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

636
3.60

感想・レビュー

クリスティー楽しい。ドラマで見たときの衝撃と美しい島の光景を思い出しながら読む。トリック云々より謎が解けた後の人物像の反転がこの作品の要。クリスティーは戦... もっと読む

ゴルフ場殺人事件 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

630
3.53

感想・レビュー

フランスが舞台のポアロ長編作。今まで読んだシリーズ中一番忙しい話だった。ポアロとパリ名刑事と捜査をめぐるバトルやヘイスティングズの恋話もあって異色作という... もっと読む

ホロー荘の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

606
3.66

感想・レビュー

この終わり方?というのが第一印象。ポアロにしては笑いの要素が少ないしなぁと。でも登場人物たちの「痛い」所がよく伝わる、これでもかという描写にクリスティーの... もっと読む

もの言えぬ証人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

585
3.48

感想・レビュー

ポアロのもとに命の危機を訴える資産家の老婦人エミリイからの手紙が届く。しかしそれは彼女が死んでから2か月後のことで、巨額の遺産は遺言状により付添婦の女性に... もっと読む

厭な物語 (文春文庫)

521
3.56

感想・レビュー

厭な気持ちになる物語を集めた短編集。でもホラーじゃないよ。 これを読んで幸せな気持ちになる方は、自分が異常であると自覚してください、……というくらい... もっと読む

五匹の子豚 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

491
3.91

感想・レビュー

画家の父を毒殺した疑いで裁判にかけられ、獄中で死んだ母。大きくなった娘のもとに自らの無実を訴える母の手紙が届けられる。ポアロは母の無実を信じる娘の依頼にも... もっと読む

象は忘れない (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

469
3.47

感想・レビュー

この前読んだ『五匹の子豚』同様、過去の事件の真相を探る話。関係者達から話を聞いて解決に導く手口は一緒だが、ポアロの謎解きの鮮やかさは『五匹の〜』の方が上手... もっと読む

復讐の女神 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

441
3.81

感想・レビュー

ミス・マープルもの。 『カリブ海の秘密』の続篇といえる本作。 西インド諸島に滞在した時に知り合った、大金持ちのラフィール老人が死去し、彼の遺言にて... もっと読む

牧師館の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

435
3.50

感想・レビュー

一気読み。再読だが内容をすっかり忘れてたので犯人探しを純粋に楽しめた。語り手が怪しいアレみたいな話だったっけ?とか皮肉たっぷりのイギリスジョークや定番的な... もっと読む
全104アイテム中 1 - 20件を表示

アガサクリスティーに関連する談話室の質問

ツイートする
×