アガサクリスティーのおすすめランキング

アガサクリスティーのおすすめランキングのアイテム一覧

アガサクリスティーのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)』や『アクロイド殺し (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)』や『オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)』などアガサクリスティーの全94作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

4585
3.97

感想・レビュー

10人の男女が仕事の依頼や招待を受けて、オーエン夫妻の所有するインディアン島を訪れる。そこには夫妻はおらず、夕食の後にくつろいでいると、突然レコードから声... もっと読む

アクロイド殺し (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

3265
3.90

感想・レビュー

先日ドラマ化されたとのことで再読。クリスティーを読み漁った10代後半から20代前半。未だに最初に読んだ時の衝撃を思い出します。過去の自分とも再会!一度全作... もっと読む

オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

2005
3.90

感想・レビュー

偶然ポアロが乗車したオリエント急行内で起きた殺人事件。会社の重役から依頼を受けて、捜査に乗り出す。 乗客からの聞き込みを開始するが、個性豊かな13人には... もっと読む

スタイルズ荘の怪事件 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

1573
3.64

感想・レビュー

アガサクリスティのミステリ処女作で、名探偵ポワロ初登場の本作。 スタイルズ荘に住まう金持ちの女主人が毒殺されて、そこにポワロが登場して。 典型的なフーダ... もっと読む

オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

1197
4.06

感想・レビュー

「これまでに読んだどの推理小説よりも, こっちのほうがはるかに小説っぽい」 同感だ。まさか,と思った。 冬の欧州をまたぐ豪華列車オリエント急... もっと読む

ナイルに死す (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

1044
3.87

感想・レビュー

面白かった。とても、面白かった。 クリスティのミステリ作品中最も長大なボリュームの本作。 確かに手に取った瞬間、これは厚いなあ…!というのが第一印... もっと読む

火曜クラブ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

748
3.74

感想・レビュー

ミスマープルシリーズを初めて読んだ。当時雑誌に掲載されていた13の短編を集めたもので、単行本化されたのはシリーズ2作目になるらしい。 火曜日にそれぞれが... もっと読む

メソポタミヤの殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

538
3.47

感想・レビュー

アガサクリスティーのポアロシリーズ。 中近東を舞台に事件が起こる。ポアロの世界観のある、とても読みやすい一冊。それぞれの人間観察をしながら読むと面白いかも... もっと読む

ひらいたトランプ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

536
3.63

感想・レビュー

これは凄まじく面白い。 今まで、ポアロシリーズの中では 「オリエント急行の殺人」が一番好きだったが、 ここに来て一気に本作品がトップに躍り出た。 ... もっと読む

ゴルフ場殺人事件 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

509
3.53

感想・レビュー

ちょwおまwヘイスティングさん何してんのwwと笑いが止まらない作品でした。そしてジロー警部がいい味出してます。華麗な嫌味とポアロの返しが好きすぎる。フラン... もっと読む

パディントン発4時50分 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

498
3.67

感想・レビュー

タイトルが好み過ぎる…。 ミス・マープルものは初めて。 ミス・マープルのキャラクターがとてもいい。 体力が追いつかないから人を頼ろう、というキャラクターの... もっと読む

三幕の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

491
3.54

感想・レビュー

エルキュール・ポアロ・シリーズ  元俳優チャールズのパーティーで毒殺された牧師。その後ほとんど同じメンバーで行われたパーティーで同じように毒殺された... もっと読む

白昼の悪魔 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

452
3.56

感想・レビュー

伏線が張られ、終盤にポアロから最大のヒントをもらえる作品です。ポアロの話術と、これまでの言動で「あああこんなにヒントあったのに!」と頭抱えました。悔しい。... もっと読む

ホロー荘の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

443
3.69

感想・レビュー

以前読んだときは、「暗くて重くて、ぜーんぜん面白くない!」としか思いませんでした。………まったく、どこを読んでいたのか。 この本は、ガータ、ヘンリエッタ... もっと読む

もの言えぬ証人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

418
3.42

感想・レビュー

黄金期の凡作はこんなにも輝いているのかという好例。 ポアロシリーズ14作目の長篇で、発表は1937年。 通好みで優雅な『ひらいたトランプ』と 大作『... もっと読む

五匹の子豚 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

393
3.86

感想・レビュー

中期の力作。 妻が画家を殺したといわれる事件の真相は? 遺された娘が大人になってから、ポワロに調査を依頼します。 もっと読む

牧師館の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

369
3.49

感想・レビュー

初マープル。 ポアロは過去にも何作か読んだことはあったが、 マープルにはなぜか手つかずだった。 テレビで見た覚えはなぜかあるのだが。 登場人物... もっと読む

カリブ海の秘密 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

328
3.68

感想・レビュー

解決のためのヒントが各所ちりばめられていて、とっても読み込み甲斐がありました。解決編で、ああそうか! と気づかされる時の悔しさと爽快感。絶妙。後期の作だそ... もっと読む
全94アイテム中 1 - 20件を表示

アガサクリスティーに関連する談話室の質問

ツイートする